2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11








フィギュアスケート関連 洋雑誌  表紙まとめ updated 2017.7.24

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2017/07/24 21:24 ] figure skating | TB(-) | CM(-) | EDIT |

Dreams on Ice 2017

今年も行ってまいりました。
土曜日の昼夜公演と日曜日を観てきました。

○Opening
全体的に控えめな印象?
某選手がいないDOIは去年に引き続き。
"耐性"が出来ていると思ったのに、昨年よりもさみしさを感じることに少し動揺。

○佐藤駿選手 ♪ New York, New York
ボーカル入りのExからボーカル抜きのSPに。
冒頭3Aに挑み続けていますが、なかなか決まらないですね …

○住吉りをん選手 ♪ Friends Like Me
かわいいっ
冒頭の長いツイズル反則っ
今季からジュニア。強化指定に名前が並んでいなくてちょっと心配しているのですが。
JGPSで演技を観られることを楽しみにしています。

○須本光希選手 ♪ Les Miserables
3Aもう少し。
阿部奈々美先生の振付のFS。
今年は、腕に表情が出てきた気がします。
衣装も素敵。シーズン後半が楽しみです。

○深瀬理香子/立野在組 ♪ Mambo
立野選手の音の取り方のセンスが際立つプログラム。
踊れていますが、技術的な面には不安がやはり …

○三浦璃来/市橋翔哉組 ♪ Miss Saigon
璃来ちゃん、美人さん。
スロージャンプ、スローツイストに高さがないのが気になります。
大変だとは思うのですが、パワー面の強化は必須ですね …

白岩優奈選手 ♪ If I could see me now
かわいらしさのなかに艶っぽさも。
新プログラムも楽しみです。

○友野一希選手 ♪ West Side Story
はまりプロきたー!
4Sがしっかり決まってくると、世界に衝撃を与えられるプログラムだと感じました。
3Aが安定しているので、安心して観ていられます。

○坂本花織選手 ♪ Amelie
3F-3Tから開始の構成。3Aを入れてくる時には、また変更するのでしょうね …
楽曲名が発表されたときには、随分チャレンジングだなぁと思っていたのですが、
操り人形のような独特の振付がすごく効いていて、素敵でした。
シーズン、楽しみですvv

本田真凜選手 ♪ Turandot
音楽が鳴り始めた瞬間に変わる表情。
女優だ … と思いましたね。
しかも、ジャンプノーミス。
演技後には、本人からも手ごたえを感じたのであろうガッツポーズも出ました。
コレオシークエンスのスパイラルも、この世代にしては美しいものを披露してくれました。
そこが充分に見せ場になっているのに、わざわざレイバックイナバウアーをいれる必要があるかな?と
思ったのですが…こちらもシーズンが楽しみです。

○神宮アイスメッセンジャーズ ♪ Titanic
ごめんなさい、今年は少し物足りなかった。
昨年の美女と野獣の方がよかったなぁ …

○平井絵己/マリオン・デ・ラ・アソンション組 ♪
うーん … わたしには、ストーリーが伝わってこなかった。
どこで、恋に落ちた?
長きにわたり、お疲れさまでした。

本郷理華選手 ♪ Black Pink Medley
ザ・ミーシャなプログラム。
よく踊っていて楽しいのですが … ジャンプが少し低い?
内容的にも、少し物足りなさが。
少し…心配です。

○無良崇人選手 ♪ Evermore
ディズニー・オン・アイスのキャストにより振付けられたディズニープログラム。
貴族衣装・王子衣装は似合わない…と誰か、早く、教えてあげてください。

○須藤澄玲/フランシス・ブードロ・オデ組 ♪ Across the Universe
こちらも、スローツイスト・スロージャンプの低さが気になります。
SBSのジャンプもばらつきが目立ち、リフトもワンパターンな印象が否めない。
曲調がコロコロ変わっていく中で、振付のメリハリがもう少しあってもいいのかな、という気もします。

樋口新葉選手 ♪ hallelujah
女性らしい表現に磨きがかかってきた印象。

○村元哉中/Chris REED組 ♪ Unsteady
大人のしっとりとした表現。
独特なリフトの多様。
素敵なプログラムだと思います。
が … 世界との差は大きいですね …

○田中刑事選手 ♪ Memories
なぜ、わざわざ別題をつけたのか …
4S-3T、4T、3Aが予定構成と思われます。
少なくとも1本はクリーンにおりたいですね。
ゲイリー・ムーアのギター曲なので、どうしても、パリの散歩道が頭をよぎるわけで …
印象的な振付がフィニッシュポーズだけというのは、
どうしても物足りなさを感じてしまいます。
滑りこんでいく中での進化を期待します。

○Maria SOTSKOVA選手 ♪ Kalinka
かわいいっ
しかも動きっぱなしのスタミナプロ。
全てタノってきましたが、競技プロもその予定?

○Nathan CHEN選手 ♪ Parachute
「2016年グランプリファイナル銀メダリスト」
確かに、間違いではない。けれど。違和感。
なぜ、「2017年四大陸選手権金メダリスト」という紹介ではないのか。
通常、昨季の最高成績で紹介しますよね?
と、もやもや。
演技に関しては … 期待しすぎてた …
思ったより、リンクの使い方が小さい。
競技プロではなくて、エキシビションナンバーだから、かもしれませんが。
正直、物足りなかったです。

○三原舞依選手 ♪ Libertango
思ったよりはタンゴらしさが出せていましたが …
もう少し、ですね。

○Evgenia MEDVEDEVA選手 ♪ Anna Karenina
さすがの表現力。彼女も女優ですよねー
序盤、手をカフに入れて滑る演出が謎なんですが。
そして、今年も改めて思いました。
細っ、骨に筋肉がついてるだけじゃん!と

○宇野昌磨選手 ♪ Winter
幕張で観た演技が一番という感じが拭いきれない …
競技サイズのリンクで滑れば、また印象も変わるはず、と期待しています。

○Finale
これまたあっさり、味気なく。
土曜日夜公演は友野くんが4S-3T跳んだ気がしたんですが…気のせいだったかな?

今回、個人的には、花織ちゃんと真凜ちゃんがハイライトでした。
来年は1公演しか観ないかも …

17-18 Grand Prix Series Assignments 雑感

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2017/05/27 09:35 ] figure skating | TB(-) | CM(-) | EDIT |

16-17 Grand Prix Series Assignments 雑感 updated 2016.9.21

GPSM_20160921073204856.png

GPSL_20160822211804414.png

第1戦 Skate America
まず男子。F.Carol組、宇野昌磨選手、J.Brown選手、A.Rippon選手のエントリーは予想通り。
初戦から、宇野選手のB.JIN選手の18歳クワド対決に注目が集まること必至。
A.Wagner選手とG.Gold選手の同時エントリーは意外でした。
昨季、ジュニアでは苦しんだS.Sakhanovich選手と三原舞依選手がシニアデビューです。
浅田真央選手も初戦を迎えます。
アイスダンスには村元哉中/C.Reed組がエントリー。2枠獲得、おめでとうございます!
表彰台争いはシブタニ兄妹vsロシアで決まりな感じがしてますね(苦笑)
ペアはもうすでにW.Sui/C.Han組の優勝が見えているような気がしなくはない(苦笑)

第2戦 Skate Canada
今年も、カナダの地で羽生結弦選手vsP.Chan選手の闘いがはじまります。
回復が心配される羽生結弦選手が大崩れしたとしても、
無良崇人選手・H.Yan選手はパーフェクトな演技をしなければ羽生・Chanの牙城を崩すことはかなり難しいことが想定されます。
あまりにも、振付活動を精力的に行っていたので、ついに引退?と思われていたM.Ge選手もエントリー。
ロシアの新旧世界女王がカナダ大会にそろいます。
日本も、宮原知子選手と本郷理華選手の争いが気になります。
昨季、表彰台に上がった永井選手が今年もエントリー。
アイスダンスではT.Virtue/S.Moir組に注目が集まります。
A.Cappellini/L.Lanotte組、M.Chock/E.Bates組の3組の優勝争いになりそう。
ペアには川口悠子/A.Smirnov組がエントリー。よかったー、うれしいvv

第3戦 Cup of Russia
早くも宇野昌磨選手が2戦目を迎えます。
そして、N.Chen選手がシニアデビューです。
ここ数年、大崩れしなければ楽々優勝というエントリーが多かったJ.Fernandez選手に試練です。
D.Vasiljevs選手もシニアデビュー。
ミスなく滑れれば、田中刑事選手にも表彰台の可能性がゼロではないという顔ぶれ。
一方の女子は、表彰台独占を予想させるロシア勢の顔ぶれ。
大崩れしなければ村上佳菜子選手にも可能性は十分あります。
松田悠良選手がシニアデビュー戦。こちらも楽しみです。
テサモエ復帰でカナダ大会から弾かれたK.Weaver/A.Poje組となぜか連戦のチョクベイ、
地元E.Bobrova/D.Soloviev組の表彰台争い。どの組が優勝してもおかしくない。
ペアも表彰台はK.Stolbova/F.Klimov組、A.Savchenko/B/Massot組、V.Marchei/O.Hotarek組で
大番狂わせは起こらなそうです。

第4戦 Trophee de France
エリボンではありません。こうなることはわかっていましたが、やはり違和感ありますね。
J.Fernandez選手が連戦です。しかも、またN.Chen選手と一緒です。試練ですね~。
そして、山本草太選手が希望通り、シニアデビューを迎えます。
昨季の世界ジュニアメダリストであるMaria Sotskova選手と樋口新葉選手がそろってデビュー戦。
Alena Leonova選手も無事エントリーを獲得しております。
日本のマスコミはE.Medvedeva選手と浅田真央選手の新旧女王対決!って煽るんでしょうね …
浅田真央選手がNHK杯のエントリーを外れるなんて思いもしませんでした。
樋口新葉選手、ミスなく滑り切れば、初表彰台も狙える顔ぶれです。
ペアはサフマソとタラモロの優勝争いですかね。
アイスダンスはG.Papadakis/G.Cizeron不戦勝な感じ(苦笑)
ちょっと地味目な顔ぶれ。

第5戦 Cup of China
注目はやはり、P.Chan選手vsB.Jin選手でしょう。
中国ワンツーフィニッシュも夢ではありません。
村上大介選手も表彰台が狙える大会。
女子はなかなか豪華な顔ぶれです。
E.Tuktamysheva選手、E.Radionova選手、A.Wagner選手、本郷理華選手による
表彰台&ファイナル争いが予想されます。
三原舞依選手が2戦目のエントリー。
そして、5戦目にしてKaren Chen選手は初戦です。
ペアは中国vs川スミになりそうです。
組替えをした中国ペアの仕上がりが未知数 …
アイスダンスはシブタニ兄妹が2戦目のエントリー。
NHK杯かなーって期待してたんですが、残念です。

第6戦 NHK杯
羽生結弦選手の不戦勝(苦笑)
昨季の世界ジュニアで観るはずだった山本草太選手vsN.Chen選手がここで実現。
NHK杯に浅田真央選手がいない(しつこい)
日本でもテサモエvsカペラノがみられます!

日本勢は、出場するすべての選手が2戦エントリー。
三原舞依選手と松田悠良選手の2戦エントリーはうれしい。
2選手とも、昨季のJGPSでの活躍が評価された結果でしょうか。
でも、強化Aの新田谷凜選手が1戦もエントリーされていないのがさみしい。
確かに、国際大会でのPBという点では、160点台ですが、
NHK杯には出られるかな?と思っていたので残念です。
(昨季、木原万莉子選手が同じくらいのスコアでNHK杯出場だったので)
その木原万莉子選手(強化B)もエントリーがありませんでしたね。
そして、強化選手から外れたのだから覚悟はしていたけれど、今井遥選手の名前がないのも …
男子も、田中刑事選手の2戦エントリーは喜ばしいものの、
山本草太選手が2戦エントリーで、日野龍樹選手は今季もGPSデビューならずか …と
こちらもさみしさがあります。

Dreams On Ice 2016 Day 2

会場が駅直結なのは嬉しい。

公式パンフレット、売りを確保するために必死ですね。
「羽生結弦選手の蔵出し写真掲載」と貼紙が(苦笑)

1列目だけど、リンクが遠い…
今日もウルトラライトダウンの出番はなさそうだけど、レッグウォーマーは持ってきてよかった。
(クロップドパンツを穿いてくること自体が間違いという突っ込みはなしで)
ひざ掛けもこの感じだと不要かな?
ストールも春物で十分。

今回も5分前にチャイム。これ、いいと思います。

開演後に入って来られた年配のご婦人、段差を乗り越えられず、よろける。危ないなー。

○Opening
群舞の振付、雑な気がするのはわたしだけでしょうか?

○佐藤駿選手 ♪ BBB
着氷後の伸びがないけど、回る力はすごい。
冒頭はステップアウトだったけど、3Aにも挑戦!
上体の使い方は要改善。

紀平梨花選手 ♪ A Whole New World
プログラムを滑り出したら、オーラがすごい。
自信にあふれてる感じ。

○島田高志郎選手 ♪ Romeo + Juliet
初めて、羽生結弦選手以外が滑るこの楽曲プログラムでいいなーと思った!
このプログラムでの快進撃、期待してもいいですよね?
あぁ、シーズンが楽しみ!

○坂本花織選手 ♪ The Artist
去年の重みのあったSPから一転、軽やかなイメージ。

○宮田大地選手 ♪ Pearl Harbor
まず、衣装が…(苦笑)
膝の使い方がうまいのか、足首の柔らかさなのか。
スケートがよく伸びる。
前半はその滑りのよさが全面に押し出されててよかったけれど、後半にかけて、やや間延びしたかんじ?

○横井ゆは菜選手 ♪ Burlesque
あっこちゃん、オニ~っ(笑)
がんばれ!

○友野一希選手 ♪ Symphony No.5, The Fifth
これ、全日本でクワド入ってるのを観たい!

○Elizaveta NUGUMANOVA選手 ♪ Malaguena
全部、コンボで跳んだ!
シニア顔負けの迫力あるMalaguena!
観れてよかったvv

○Petr GUMENNIK選手 ♪ Bella Donna Twist
期待値高すぎたので、ちょっと残念というのが正直な感想。

中村優選手 ♪ This Business of Love
目線、使えるようになった!
あぁ、3Aとクワドがあれば…
吉野晃平選手の振付とのこと。ほぉっ、吉野選手にはそういう才能もあったのですね!

白岩優奈選手 ♪ I Got Rhythm
苦しい状況の中で、出演してくれてありがとう。
Elizabet Tursynbaeva選手の昨季SPと同じ音源だと思われます。

○神宮アイスメッセンジャーズ ♪ Beauty and the Beast
ダイナミックさが年々レベルアップしてる感じ。
高揚してきたところで、唐突な編曲。
そこだけが残念。

心配してた後部席は空席のまま。
なので、窮屈さをあまり感じることなく観賞できてます。
前半が終了しましたが、2階席・3階席には大量の空席。
それよりも驚いたのが、ショートサイドセンターの特等席がM氏のために空けられていたということ。
まぁ、今回だけじゃないですけれどね。
M氏は、結構、ショートサイドのいい席でご覧になられていることが多いです。

観客数が少ないせいか、シンクロのところでのトイレダッシュというマナー違反もなく気分いいです。

樋口新葉選手 ♪ 白夜を行く
FaOI神戸より良くなってる(スパイラルが)
でも、競技プロお披露目を期待してたから残念。

○山本草太選手 ♪ Jekyll & Hyde
武史先生と曲かぶりでもボーカルはちょっと違う気がします。
滑れない間、腕の使い方、上体の動かし方を研究したのかな?
進歩が感じられました。

本田真凜選手 ♪Smile
こちらも、FaOI神戸よりも滑りこなしてました。

○田中刑事選手 ♪ Fellini Medle
一言で言うなら、Han Yanちっく。

○平井絵己/Marien DE LA ASUNCION組 ♪ I Just Want To Make Love To You/Puttin' on the Ritz
何よりも曲の繋ぎが残念過ぎる。
 
○無良崇人選手 ♪ Flamenco Selections
Farrucaは小塚崇彦さんが大人の世界観を見事な足捌きで表現した直後だから、ハードル高いですわ。
音楽なし、タップ音のみのところなんて、照明なしの競技のリンクに耐えられるんだろうかと心配になります。
しかも、Javier Fernandez選手がSP Malaguenaを継続するのにフラメンコって…
ついでに言うと、前半で滑ったElizaveta NUGUMANOVA選手の方がスパニッシュ感を表現できていた気がします。

○須藤澄玲/Francis BOUDREAU AUDET組 ♪ Spring Blossom "Sakura"
ビジュアルが蝶々夫人。
須藤選手、大人の女性らしい身のこなしになってきました。

本郷理華選手 ♪ Carmina Burana
すごい。会場で演技終了直後に思わずつぶやいてしまいました。
ダイナミックさにちゃんと優美さが加わってる!
Shae-Lynn Bourne恐るべし。
やっぱり、今一番、ノッている振付師ですね。

○村元哉中/Chris REED組 ♪ All I Need is the Girl
小芝居が多いのはテレビ向けですね。
リフトのポジションも増えてきました。
目標は世界のトップ10入りだそうです。

○Evgenia MEDVEDEVA選手 ♪ Sallormoon
コスプレプロ。やっぱりがっかりでした。
ジャンプが乱れたせいもありますが…うーん。
最後の日本語は、非常にお上手。
荒川さんがこのプログラムに、どんなコメントを発したのか…オンエアが楽しみです(苦笑)

○宮原知子選手 ♪ Hernando's Hideaway
Stephaneらしいプログラム。
ジャングルが低いことにだけ目をつぶれば、非常によいです。
これなら、何度観てもいいです。世界に出して恥ずかしくないです。
(翼をくださいはもう封印してください)

○Finale
去年と同じ振りなので、羽生結弦選手の不在が際立つ …
優奈ちゃんの頭がJohnny Weirちっくに(苦笑)

でも。しっかり満足できました。
シーズン終了後に強化してきた部分がはっきり確認できるのがDOI
昨季から、ここが変わったと感じられることはうれしいですね。
(たまに、変わり映えのしない人もいますが・苦笑)