何度でも

「思っていたより元気そうで安心した」

研修所でのこと、同行したときのこと。
face to faceで一通り話し終わった時に母が一言。
メールや電話では時折報告をしていたのですが、
表情が見えない分、予想以上に心配をかけていたようです。
できるだけ、悩んだり苦しんだりしていた部分は、
メールや電話では隠していたつもりだったのですが …
その辺りまで察してしまうところは流石に親、と言ったら失礼でしょうか。

「強くなったよ」

これは父からの評価。
以前の私だったら、打ちのめされたまま立ち上がれなかったのに、
嫌なことに直面した後でも、気持ちの切り替えをするのが
少しだけ早くなったと珍しく褒めてもらいました(笑)

♪ DREAMS COME TRUE


スポンサーサイト
[タグ未指定]
[ 2005/04/30 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

影踏み

GW初日。
実家に帰る前に大好きなひと(♀)にデートしてもらって、笑顔を充電。
来月の逢瀬の予約をして新幹線に乗りました。

一ヶ月ぶりの実家。
やっぱりいいですね~(笑)

♪ 一青窈


[タグ未指定]
[ 2005/04/29 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

恋に落ちたら

今日はGW直前ということで、定時よりも早く勤務が終了しました。
研修は残業、残業、残業だったのに、珍しいこともあるものです(笑)

そんなわけで、夜に久しぶりにTVをつけました。
ですから、私が恋に落ちたわけではありません。
相変わらず縁遠い日々を過ごしております(苦笑)

人的魅力がないと売れない。
わかっているのですが、how toではないから、
新人の私には何をどうしたらよいのかがさっぱりわからず、怖いのです。
少しばかり落ち込み気味なので、明日からGWというのは、
私にとってベストタイミング。

無条件に愛される環境に、一週間戻り、
やさしい気持ちを思い出したいと思います。

♪ Crystal Kay


[タグ未指定]
[ 2005/04/28 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Higher

チーム制で営業をする会社であるためか、
研修中もたいへんグループでの作業が多いです。

考え方のシェアは、とても大切なことだと思います。
同期から学ぶことも多々あります。

でもやっぱり、ストレスがたまるんですよね(苦笑)
グループとしての意見をまとめるためには、刷りあわせが必要。
その過程で自分の主張に固執することができません。
わかってもらおうという取り組みを放棄してしまっています。

「相手に自分をわかってもらうにはどうしたらよいか。」
というテーマでワークショップをしているのに、何とも皮肉です。
タイプが違う人とも、付き合っていかなければならないのが社会人。
私も含めて、みんな言葉では理解しています。
ただ気持ちがついていかないようで、一緒にいて
ラクな人とばかり群がっているような気がします。
ダメですね(苦笑)

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/27 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

FIVE KEYS

「いまのままではTOP10には入れても、No.1にはなれない。」

教育担当者との面談で言われてしまいました。
しかも、「俺は出会って2週間で気付いたよ」とまで(苦笑)
そんな私に足りないものは、奇抜さであったり、一般的ではない
人とは少し違う発想とのこと。
これらを身に付けられたら、No.1になれるということらしいのです。
確かに…と思う気持ちと、
そんなこと言われても…と
こぼしたくなる気持ちの混在。

営業職ですから、売り上げNo.1はもちろん目指しています。
足りない意外性・発想の転換をどのように自分のものにしていくのかが、
研修中の最大かつ最重要課題になりそうです。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/26 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

fairwind

入社してから4週目を迎えました。
知識やスキルはまだ横一線のように思えます。
しかしながら、「意識」という面では、
すでに大きな差が生まれているような気がしてなりません。

今朝、教育部長に呼び出されました。
何かマズイことをしたかしらと思っていましたら、
私のことではなく、同じ支店に配属されている同期のことでした。
悪いヤツではなく、むしろ憎めないイイヤツなんですが、
社会人としては、ちょっと…という感じなのです。
同期の私の目から見てそうなのですから、
当然のように教育部からは要注意人物とみなされているわけです。

考え方が甘い人が多いな~といつも感じています。
今日は初月給をいただいたのですが、
研修を受けることで給料をいただいているという意識が
薄いような気がするんです。

誰に言われなくても時間とルールは守るもの。
その基本さえ理解できていない。
そんな人たちが、「ビジネスに必要なのは信頼だ」なんて
恥ずかしげもなく言っているのですから、私は閉口するしかありません。

勉強するのも、規則を守るのも、時間を守る(10分前集合)のも。
私に言わせれば、そんなことは当たり前。
いちいち上司に釘を刺されなければならないことを
情けないと思う感覚が他の人たちには足らないな~と思ってしまうわけです。
厳しい就職戦線を勝ち抜いてきた人たちがこんな状態なのですから、
笑っちゃいます。

そんなヌルイ空気に気付いているのは私だけではなく、
他にも少数ながらいるんです。
ただ、私たちが声をあげても、
「秋月さんたちは厳しすぎる」と言われて終わりです。
そういう人たちには、もう何を言っても無駄なのかな~って
投げやりな気持ちになるんですが…
周りを引き上げていくことを部長直々に依頼されると、
放置するわけにもいかず、困ったものです(苦笑)

今日一日の私の反省は、もっと大きな心で他人に接しよう。
同期に批判的になっていることに気付くと、それなりにショックです。
攻撃的になっている分、無意識のうちに誰かを傷付けているわけですから…
相手に正当性が無くても傷付けた方が悪いんです。

(4月24日にオマケをつけました)

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/25 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

花 - Memento Mori -

せっかくの休日、何してたかな~と考えるのも虚しい。
結論を言えば、睡眠と勉強です。
どちらも必要に迫られて(苦笑)

福岡から戻ってきて一段落したところで気付いたのは、
同行中に持ち歩いていたバッグと手帳に染み付いたマルボロのニオイ。
スーツはクリーニングに出せばいいのですが、
バッグと手帳は洗えませんからねぇ。
同行させていただいた先輩がかなりのヘビースモーカーでしたので、
当然の結果なのですけどね。

それにしても、社内の喫煙者の多さには、本当に驚かされます。
男性はもちろんですが女性もかなりです。
ストレスが多いから、とその理由を聞くたびに、
これからの生活にぞっとします。

そんな中、私はどうしているかといいますと…
研修所のプライベートルームは火気厳禁なので、
お香を焚くことができないため、紅茶と入浴剤に癒しを求めています。
休日はあまり使わないフレグランスを使ってみたりして。
GWに実家に戻って一番にすることは、お香を焚くことに間違いないですね(笑)

♪ Mr.Children


[タグ未指定]
[ 2005/04/24 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

ヴォイス

今朝はとてもゆっくりした朝でした。
楽しく過ごせたとは言っても、緊張と困惑で
やはり疲れていたのでしょう(苦笑)

福岡滞在中に、同じ支店に配属された同期たちに、独りでいるのは良くない。
変われるから恋はすべきだと真顔で説かれてしまいました。
2つ上の女性(でも同期)には、
「秋月さんはしっかりしてるから30歳以上じゃないと満足できないかもね」
とまで分析される始末(苦笑)

業務を遂行するだけで手一杯のこんな時だからこそ、
逃げ込む場所が必要なのかもしれませんが、
そんな人を探している余裕などないのが現実です。
その場に居合た同期の男性いわく、
どうしても引き取り手が見つからない場合は私の面倒を見てくれるそうですよ(笑)

♪ ポルノグラフィティ


[タグ未指定]
[ 2005/04/23 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

DAWN ~夜明け~

明け方に生まれた迷惑な子なので、
目覚めた時にはいつも、1つ歳を重ねています(苦笑)

そんなことより、電話越しに泣いていた母のことが気掛かりです。
泣きながら大丈夫と言われても説得力がないんですよねぇ。
母の涙の理由は子育てのこと。
私が泣かせたこともあるのですが、今回は妹のこと。

そういうことで母から相談を受ける年齢になったんだな~と
しみじみ感じると同時に少しばかり寂しくなりました。
昨夜は珍しく妹と一時間も電話で話をしたのですが、青いな~って(苦笑)
たった1つしか年齢の変わらない妹なのですが、
まだまだ考え方が幼いようです。

妹が苦しまなければならないのは「いい子」しすぎていた私のせいなので
心苦しいばかりです。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/22 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Vol.

楽しかった同行研修も今日で終わりです。
今までぼんやりとしか描けていなかったビジネスイメージが
鮮明になりました。

同行研修は、「見て盗め」的なものなのだろうと脅えていたのですが、
先輩は1つ1つのアクションの目的を事細かに説明してくださいましたし、
私の質問には全て答えてくださいました。

他の営業所で同行していた同期は、
違う営業所への配属を希望したいとこぼしていましたから、
私はとても恵まれていたのでしょう。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/21 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

ポーカーフェイス

同行研修2日目。
震度5強に驚き飛び起きました。
サイトゲストのみなさんや他の地方で同行研修をしている同期が
メールや電話をくださったのが、嬉しかったです。

「思っていたより面白い子だね」
先輩は大笑い。
ご挨拶のメールや電話から、ねくらな子を想像していらっしゃったようです。
実際の私は確かにねくらだと思うのですが(苦笑)
明るく振る舞っていられたのは、先輩のキャラクターのおかげ。

今日はいろいろな場面を見学させていただきました。
同行させていただいている先輩以外の先輩(わかりにくい表現で申し訳ないです)にも、
お得意先に紹介していただいたりして。

何もなくても忙しくて大変な業務の中で、
新卒の私の世話をすることは煩わしいはずなのに、
嫌な顔をせずに面倒をみてくださる先輩方には、感謝、感謝です。

本配属は決まっていないのですが、
こんな人たちに囲まれて、勉強・仕事をさせていただけたら、幸せです。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/20 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

誓い

4月19日は両親の24回目の結婚記念日。
来年は銀婚式と考えると、すごいことだと改めて感じます。

同行研修初日。
一日に16箇所を営業車で回ったのですが、あっと言う間でした。
少しピリピリとした空気を感じる訪問先もあったのですが、
基本的にどこへ行ってもかわいがられている先輩。さすがです。

日頃はあまりゆっくりと時間をとってくれないという訪問先での面会時間は
なんと45分。
先輩の戦略が実った結果だと思うのですが、
「若い女の子が来てくれたのが嬉しかったんだろうね。」なんて
後輩の私にまで気を配ってくださる先輩。
営業成績の裏にある気配りに脱帽です。

4年後、私も先輩のように訪問先から受け入れられる営業パーソンに
なれているのか…(苦笑)

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/19 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

A Dream Goes On Forever

『目的を持たぬ人間は
 目的を持った他の人間に使われるだけである。
 計画を立てない人間は
 他に計画を持つ人間の手駒になるだけである。
 
[タグ未指定]
[ 2005/04/18 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

くるみ

『寒さにふるえた者ほど太陽を暖かく感じる。
 人生の悩みをくぐった者ほど
 生命の尊さを知る。
 ― ホイットマン』

昨日に引き続き、エレベーターの中に貼ってある言葉。
「人の痛みがわかる人間になりたい」というのは、
私が高校生の時からずっと言い続けていることです。
志望校や進路に変更はありましたが、根本であるこの思いは、
ずっと変わりません。
大それたことを考えているという自覚はあります。
随分と傲り高ぶった発言だということも。
でも…わかろうとする姿勢を持つこと、示すことって、大切だと思うんです。

気は遣うものではなく、配るもの。
難しいことなんですけど、出来るようになれればいいなって思っています。
そんな私の考え方が、周りに気を遣わせることになっているのかもしれませんが(苦笑)

最近、傷付きにくくなったと自分では思います。
もちろん、全く傷付かないわけではないのですが、
思春期の頃ほどひどく落ち込まなくなったというか。

過去に比べて、今が辛いと感じるのは、
自分に都合のよいことしか思い出さないから。
記憶を良いように塗り変えているからだ、と教えてくれた人がいます。

昔の私だって、その時々の悩みを抱えて苦しんでいたんですよね。
だから、今の悲しみや寂しさややりきれなさも、
過ぎてしまえばどうってことないはずなんです。
今日の私は明日の私には敵わないんだから(笑)

それではこれから、大きな不安と少しのわくわくを抱えて、出張先に飛びます。

♪ Mr.Children


[タグ未指定]
[ 2005/04/17 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

終わりなき旅

『問題なのは人生ではなく。
人生に対する勇気だ。
― サー・ヒュー・ウォルポール』

エレベーターの中に貼ってあるので毎日、目にします。
いまの私にこれ以上ないほどぴったり。
先週の休みは、自室に引き込もり、
同期との接触を極力、避けていたのですが、今日は昼と夜の二回、
パブリックスペースに顔を出してきました。
こんな些細なことも私にとっては小さな勇気。

どんな努力をしたら、苗字ではなく名前で呼んでもらえるのか…
考えてもわからないんです(苦笑)
大学の同級生にも、会社の同期にも。
他の人たちは愛称で呼び合っているのに、私だけはいつも「秋月さん」。
相手を近づけようとしないオーラを私が発している、ということなのでしょうか。
そうなのでしょうね。
私は少しでも距離を縮めてみたくて、
他の人のことを出来るだけ愛称で呼ぶようにしているのに…
アンバランスさが、余計に私を寂しくさせます。
せめて、同じ支店に配属になった4人には、
名前で呼んでもらえるようになりたい。
望むことは許されないのでしょうか…

♪ Mr.Children


[タグ未指定]
[ 2005/04/16 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

靴は履いたまま

朝、ベッドから起き上がろうとしたら、見事にふくらはぎがつりました(苦笑)
毎日長時間、気を張っているため、
がっくり疲れを感じることはないのですが、やはり疲れがあるのでしょう。

今日も長い夜になりました。
…と言っても、仕事をしていたのは21:00くらいまで。
その後は、同期と23:00まで飲んでいました。
(私はソフトドリンクで付き合ってました)
私以外のメンバーは疲れているところにアルコールが入ったためか、
酔いが早く、本音トークが進みました。

みんな、それぞれに傷付いて悩んでいる。
そんな当たり前のことに改めて気付かされると、悶々としてしまって、
眠れぬ夜になりました。

「自分がいることで、その場が盛り下がってしまうくらいなら、
 自分は独りでも構わない。気を遣って疲れるのはイヤ。」
私は、そう思っています。そんな私に気付いていたのでしょうか。
入社前からの付き合いがある同期が、
私と同じように考えているということを教えてくれました。

「遠慮はいらんやろ。俺たちどれだけ付き合ってると思う。
 もっと自分を解放したら。」
そんな言葉をかけてくれる同期もいます。
私のことを完全拒否している人もいますけどね(苦笑)
今までは、私に対してネガティブな態度を取る人たちを
どうやって振り向かせたらいいのか…と考えていたような気がします。
もちろん、その思考も大切だとは思うのですが、
自分に理解を示してくれる人に、もう少しだけ、
肩の力を抜いて接することが出来るようにしようと感じました。

私に居場所を提供してくれた人たちに感謝。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/15 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

NO MORE TEARS

「真面目」というキャラクターは損ですね(苦笑)
同期にはもちろんのこと、教育担当の方からも先輩からも、
あまり良くは思われていないようです。
それが会社のカラーなのか、たまたま教育担当や
先輩との組み合わせがよくなかったのか…

「社会人になれば真面目が一番評価される」
父は、真面目すぎゆえに、苦い思いをしていた私に、
いつもそんな風に言ってくれていました。
日頃は私に無関心な父が見せてくれる数少ない直接的なやさしさ。
ずっと信じて、今まで歯をくいしばってきたのですが、
どうやらこの会社ではそうではないようです。

もちろん、不真面目であることが奨励されているわけではありません。
しかし、真面目すぎは必要とはされていないのです。
バカなこともできる人、天然さんでにくめないのだけれど、
どこか抜けている愛すべきキャラクターの人。
そんな人たちが好まれる傾向にあるようです。

歯に絹着せぬ話し方をする人も多く、傷付くことも多いです。
その1つ1つに血を流していたら、失血死してしまうのではないかと
心配になるほどですが、そろそろ感覚も麻痺してきました(苦笑)
批判されても無視されても、常に相手の下に控え続けることが出来なければ、
営業活動は成立しませんからね。

教育担当者から解放されるまでの時間が日々長くなっています。
クリーニングを出しに行くことも、
自分で洗濯をすることも不可能なくらいの拘束。
フラストレーションは溜るばかり。
明日一日頑張れば、今週は終了なのですが、この土日は実質的には、
来週の出張準備に費やされるため、あまり休む感じがしていません。
この調子で行くと、23日まで休みなし(苦笑)

社会人やってるんだな~としみじみ思います(笑)

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/14 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

終わらない世界

日誌を書き終えた時刻、23:11分。
これから更に明日の予習をしなければなりません。
一体、何時になったら就寝できるのでしょう(苦笑)

営業職なのだから、これくらいのことは当たり前、
と覚悟していたつもりなのですが…
一日中、研修所に缶詰で、洗濯をする暇も独りになれる時間もないのですから、
精神的疲労が予想以上に蓄積されてしまっているようです。
洗濯機の使用が23:00までと決められているので着々と溜ってゆきます。
日誌を提出するまでが勤務時間。
勤務時間中に洗濯するわけにはいきませんからね(苦笑)

スーツをクリーニングに出せないことが、一番のフラストレーションかも(笑)

今夜もまだまだ長いですよ~
明日に備えての準備をしなければならないので。
毎日、今日以上を求められるんです。今日と同じでは怒られてしまいます。
さすが社会人、厳しいですね(苦笑)

終業後に泣き出してしまう人、
短い時間でもいいから実家に帰りたいと言い出す人も出てきました。
みんな、大丈夫でしょうか…と他人の心配をしている私。
今日は疲れはあってもへこんではいないという証ですね(笑)

左目は二重、右目は一重という状態ももう二週目に突入。
体力的に苦しさをあまり感じないのが不思議。
これからもこの調子で突き進みたいものです。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/13 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

THAT'S WHAT I WANT

同期との関係作りという点においては、今日はかなり頑張れたと思います。
話しかけられるのを待つのでもなく、ただ聞いているだけでもなく、
極力、言葉を発するように心がけました。
頑張ってみようと思えたのは、いろいろな形でメッセージをくださった
ゲストのみなさまお一人お一人のおかげです。

まだまだ、社会人として学ぶべきことは多く、日々反省ばかりしておりますが、
私のことを否定的に見る人ばかりではないと感じられることは、
モチベーションを高めてくれます。

反省のない明日なんてないのかもしれないし、
生きることにgoal(目標)はあっても、ゴール(終着点)なんてないのかもしれない。
だからこそ、不安だしくじけそうにもなるのだけれど…
こんな状態は万人に共通なんですよね。

画面の前に、私のことを受けとめてくれる、受け入れてくれるあなたがいること。
辛いことももちろん多いのですが、いまの私はとても幸せです。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/12 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

MO' BEAT

今日の書き込みのタイトルをAnyにした方がよかったのかもしれません(苦笑)

総合職での採用でしたから、全国転勤は会社との契約で決まっていたことです。
でも、雪深いところや、本州以外の場所だと
少し気が重いと思っていたのは事実です。
だから、あまり強く非難することは出来ません。
でも、配属地にショックを受けて泣き出してしまう人には驚かされました。
人事部長の目の前で泣くなんて…
私だって希望通りの配属になったわけではありません。
不安はあります。
だけど、この程度のことは覚悟していました。
希望が考慮されると考えている方が甘いのだ、と言うと
ヒドイ奴だと思われるでしょうか?

遠距離恋愛になってしまうことが辛い、
不安だと感じることに全く理解できないわけではありません。

誰に強制されたわけでもなく、全国転勤に承諾したのは自分自身。
「できるだけ希望に沿うようにする」と言っていたのにと泣く人もいますが、
契約違反の主張をしているのは会社ではないんですよね。
希望通りではなかったけれど、妥当と思われる配属になったから、
こんな風に思えるのでしょうか?それとも彼氏がいないから?(苦笑)

目を真っ赤にしてうつむく同期には、かける言葉もありません。
明日からの研修が重苦しい空気になってしまうことは、
避けられないのかもしれません。

♪ The Gospellers



[タグ未指定]
[ 2005/04/11 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Any

入社後はじめての休日。
久しぶりに少しゆっくり朝を迎えることが出来ました。
明日からは朝食~夕食まで、全てが研修という
長~い一日の日々が始まります。

この休み、どんな風に過ごしたかというと、せっかく桜が綺麗ですから、
少し外を歩いてきました。
就職活動中の学生さんとおぼしき人とすれちがい、
描いていた未来のことを思い出しました。

日々に一生懸命で、3ヶ月先、6ヶ月先、1年先に自分がどうなっていたいのか…
という目標がいつの間にか見えにくくなっていたみたいです。

♪ Mr.Children


[タグ未指定]
[ 2005/04/10 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

JOIN 2 JOYS

長い長い一週間が終わりました。

くよくよしないで、笑って研修を消化すること。
それを目標にしていたはずなのに、
週後半は独りで過ごすことを選んでしまい、就寝前に一泣きして、
朝になったら忘れて気持ちを切り替えるというパターンにはまっていました。

ダメだな~って、わかってるんですけどね。
仕事とは関係ないことで卑屈っぽくなったり、うじうじ悩んだりするなんて、
私らしくないですよね。
独りになれる時間を見つけては、自分のことを笑っています。

同期がかけがえのない財産である、という言葉は理解できます。
けれど、足を引っ張りあう関係はいらない。
お互いを高めあう存在でありたいと思うのです。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/09 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

BOO

「社交性/協調性に欠ける」
もしかしたら、私はそんな心配をされているかもしれません。
確かに、そういう一面もあります。

同期と一緒に毎晩夜更かしすることもできないし、馬鹿騒ぎに付き合うのも苦手。
休憩時間に独りでぼんやりしていることが多い。
営業職で採用されているわけですから、
もっと社交的に振る舞わなければならないのかもしれない、
とは思うのですが、ついていけないんですよね(苦笑)
平気な顔して、人の悪口を言ったり、下劣なことしか言えなかったり。
それぞれに良いところ、尊敬できるところを持っている同期の面々なのですが、
幼い行動の方が目についてしまいます。
そして、私はそんな彼女・彼らに同調することができません。

体も心も、限界一歩手前。やるべきことを、適当に流すなんて出来ない性格。
新入社員は研修を真剣に受講することが仕事。
テストがあることをほのめかされているのであれば、
きちんと勉強しておくべきと私は考えてしまうんです。
ちなみに明日はそんな一日。
まだみんなが騒いでいるパーティー会場を一足早く後にして、
この後、勉強をする予定です。
悪く言えば、馬鹿真面目で融通がきかない(苦笑)

私のことを社員としてふさわしくない(ネクラ・堅物)と思っている同期がいること、
ちゃんと知っています。
陰でひどいことを言われていることも、嫌われていることも。
それが全くつらくないとは言えません。寂しいし、苦しいし、惨めです。
でも、私は間違っていないと思うから…悪い方向に流されたくないんです。

こんなはずじゃなかったって正直、思います。
でも、きっとどんな会社を選んでも同じだと思うんです。
中高でも大学でも。いままでずっとそうだったから。

こんな風に愚痴をこぼしてばかりいる自分。
打ち解けられないことに諦めを感じている自分。大嫌いです。
たった一度きりの人生。自分で選んで決めた道。
本当は、楽しめないのを環境のせいにしたくないんです。

もう少しだけ、みんなと一緒になれるように頑張ってみようと思うのに、
私が一緒にいることでみんなが盛り下がってしまうのではないかと思うと、
なかなか最後の一歩を踏み出す勇気を持つことができないんです。
私がいない方がきっとみんなは楽しいから…

なかなか名前を覚えてもらえない。
名前の呼び捨てが多い中で、私だけが苗字にさん付け。
そんなことにも、同期との距離が感じられますよね(苦笑)
もう少しすれば、こんなことは気にならなくなるはず。

明日も笑顔で研修を乗り切りたいと思います。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/08 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

深呼吸

桜が満開になりました。

周りは相変わらず修学旅行のように毎夜はしゃいでいます。

一緒に楽しめない私に若さがないのかもしれません(苦笑)
独りで過ごす方がラクと思ってしまう自分に軽く嫌悪感さえ覚えます。
全ての講義が終わる18:00頃には
座っていてもめまいがするくらいにまで消耗しきっているので、
ネガティブな思考をしてしまうのも仕方ないと自分に言い訳をしています。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/07 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Forever & More

決して広くない道や駅のホームで5、6人ずつの小集団が
高めの声ではしゃいでいるさまは社会人の行動としてどうなんだろう?
と思うわけです。

翌日も終日研修なのに、2時3時まで騒いでいるのはどうなのかな?
と思うわけです。

みんなで仲良くが悪いとは言いません。
けれど、もう少しでいいから羞恥心を持っていただきたいと思うのです。
社章を付けて通勤することの意味。
仕事中でなくても他者から評価されているということ。
それが一個人ではなく、企業の評判・イメージになるのだということを
自覚する必要があると思うのです。
少しばかり情けない出退社の光景を見ていると
同業他社の間で悪く言われるのも仕方のないことなのかもしれないと思えてきました。

もう学生ではないのだから。
大人になろうよ。

声に出して言えない私も彼女たちと同類ですね(汗)

まだ、ハスキーな声でしゃべっています。
ホテル特有の乾燥がよくないのか、日々のストレスのせいなのか、
よくわかりませんが(苦笑)
原因はなんであれ、声が通らないというのは困ったものです。
喉の調子を整えることも、営業職には仕事のうちと、
教育担当に怒られてしまうのではないかとびくびくしています。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/06 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Atlas

自分では、同年代の中では社会的良識がある方だ、と思っていたのですが、
実際にビジネスマナー研修を受けてみると、
学生という身分に甘えていた部分が随分とあることに気付かされます。
22歳にもなって、なんでこんなことを…と思うような規則もあるのですが、
結局、ルールにしなければ、私たちは平気で失礼なこと、
みっともないことをしているんですよね。

今まで無自覚だった部分を少しずつ意識下に置き、
コントロールできるようにしていく。
それが、今日の導入教育で実施されたことだろうな、と一日を振り返りました。

早速課題も出ましたし、早々に退社しデスクに向かいたいのですが、
単独行動を取れない小心者なので、周囲のゆっくりペースに
イライラしながら付き合っています。
相部屋と修学旅行気分からの一刻も早い脱出を切に願いたくなる入社2日目です(苦笑)

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/05 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

two-way street

入社式と事務手続きが終わりました。
会社役員と話をさせていただく機会があったり
突然、広報部からインタビューを受けたりで
精神的疲労が蓄積する一日になりました(苦笑)

まだ社章をつけることに慣れなくて、
スーツ姿もぎこちない感じですが
社会人になったことの自覚を持ち
明日からの研修にのぞみたいと思います。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/04 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

ひとり

広島駅まで両親に送ってもらいました。
スーツケースと3揃えスーツ2着とビジネスバッグという大荷物だったので、
と言うと甘やかされ過ぎとお叱りの声が飛んで来そうですね。

ずっとずっと親の傍にいたら、両親に抱く思いも全然違っていたのだろうと思います。
それなりに感謝はしただろうし、それなりに愛されているとも感じただろうと思います。
正直言って、親の干渉を鬱陶しく思うこともあります。
でも、本当に大切に育ててくれたんだな~って感じます。
私が不自由をしないように、私が少しでも快適な生活が出来るようにと
いつも援助してくれました。
同期になる人たちの話を聞いていると、私は甘えすぎているんだと
反省することばかりです。

一流のホテルも、一流の食事も。
私が社会に出るまでに全部、父がお金をかけて教えてくれました。
いたれりつくせりで扶養されていた日々から、
自分で生きていかなければならない生活への移行。
不安がないわけではありません。
でも、もう両親には弱いところは見せられないと思うのです。
今まで、わたしの願いは父母が全部叶えてくれました。
今度はわたしの番です。

見送ってくれた両親に「ありがとう、行ってきます」と手を振りました。
だけど、私が本当に伝えたかった「ありがとう」は照れくさくて言えないままです。
ちゃんと思いを届けられるのは、いつのことになるのでしょう。

卒業式の日に卒論の指導教官に
「頑張りすぎないこと。
独りで抱えこみ過ぎないこと。」
と訓辞をいただいたことを心に留めてに、私は新たな一歩を踏み出します。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/03 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

旅立ちの時

3月18日以降、風邪気味が続いていたのですが、バイトがあったり、
引越しの準備をしなくてはいけなかったりで、忙しく過ごしてきました。
ゆっくり身体を休めておく必要があったのかもしれません。
反省しても、既に遅し。

ずっと続いていた微熱は下がったものの、声がつぶれてしまいました。
22年生きてきて、1番ひどい声をしています(苦笑)
入社式までには治ってくれないとちょっと困るなぁと思いながら、
今日は祖父母の家を訪ねてきました。
ついでに、半年以上ぶりに運転もしてみたのですが、
トンネル内でライトを点ける、それだけのことで冷静さを欠いてしまい、
冷や汗が出るような思いもしました(大汗)

前途多難 … デス

♪ 久石譲


[タグ未指定]
[ 2005/04/02 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

あたらしい世界

入社式をまだ迎えていないので、実感がないのですが、今日から社会人。
研修所生活と最初の一週間のホテル暮らしに備えての荷造りに四苦八苦。
思いがけずスーツケースに入れて持ち込みたいものが増えてしまって、
頭が痛いです。
憂鬱な新年度のスタートになってしまいました(苦笑)

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/04/01 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |