スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | EDIT |

Soul Man

このblogも2ヵ月を終了。
私にしては珍しく連日頑張ってますねぇ(←自画自賛・笑)
しかしそろそろtitleを曲名にすることも難しくなってまいりました。
引き出しが少ないのでね(苦笑)
明日からは少し形式を変えられたらいいな~なんて思いながら…

飛んで来ました、福岡に。
これから16日間ホテル暮らしです。
軟禁生活から脱け出せたことは嬉しいのですが
食生活、生活リズムのことを考えると…
うわ~っ、体に悪そう(笑)

明日はまた、未知の世界を覗いてきます。
楽しみ半分、期待半分といったところでしょうか。
とにかく熱い人が多いから、行動には十分気を配るようにと
教育担当者に釘を刺されてきました。
先輩・上司・クライアントに怒られないように気をつけます。


スポンサーサイト
[タグ未指定]
[ 2005/05/31 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

シアトリカル

「実践モードの秋月さんからは、
いつもは感じられないパワーが溢れていていいですね。」
6月の現場での製品紹介に向けてのRPをしていたら
教育担当者からそんなコメントをいただきました。

普段の私って、そんなに無気力/活力がないように見えますか?(苦笑)

確かに、何百人の前に立ってプレゼンテーションをするケースなど
臨戦体勢に入っている時の私は
小さな躰に似合わずパワフルだと以前から言われてました。
これって誉め言葉ですよね?(笑)

プレゼンテーションやセールストークをする時の私は
完全にスイッチがオンになっています。
「本来の私」から完全に切り放して「期待される私」を演じます。
3段階くらいテンションを上げて、声に張りを持たせる。
だって、それが仕事ですもの。

今度上司からモットーは?と尋ねられたら
"Life is just a circus."
と答えようかしらなんて本気で考え始めていたりして(笑)
会社のモットーも"Life"から始まるので、面白いかなと(違)

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/05/30 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

You're All I Need To Get By

ウィークデイは早く休みたくて週末が待ち通しいのに
日曜日の朝はなんとなくブルー。
土曜日は、外に出るので気が紛れるのですが
日曜日は月曜日にあるテストが気になって外出が躊躇われ
洗濯をしたり部屋の整理をして半日を過ごします。
残り半日で試験勉強をするわけなのですが、
全日を勉強に費やせない自分にイライラしてしまいます。
まだ頑張れるはずなのに、どうして勉強することから逃げてしまうんだろうって。

もう1つ考えられる理由は昨日の投稿と重複する内容で、
結局のところ独りはイヤということに根ざしているような気がします。
どういうことかと申しますと、他人とかかわるにはエネルギーが必要で、
疲れているワタシには意外と負担の大きい大変なことなのです。
独りきりというのは、必要以上のエネルギーが内側に向かうので
ココロを疲弊させてしまうんですよね。

あれっ?!
私ってばかなりわがまま?!


[タグ未指定]
[ 2005/05/29 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

想い出がいっぱい

休みの日は当然プライベートな話題で盛り上がります。
同期の中で、ただいまフリーなのは私だけ。
みんなに付き合っている人がいるというのは
確率から考えて、とても不思議…
と驚くだけの恋詩サンです(苦笑)

「気持ちはちゃんと伝えないと」
と言われるのですが
そこまでの想いを抱くことすらないような…(汗)
ベクトルが内側に向きすぎているせいでしょうね。

『幸せは自分の手で掴むもの』

当たり前といい聞かせながら、でもまだ誰かが運んできてくれるのではないかと
心のどこかで期待してしまっているような気もします。

疲れてしまった時、落ち込む時には、
どうして独りなんだろうと思ってしまいます(苦笑)

独りでも生きていけるように…と考えて、この会社を選びました。
この厳しい時代の中でも、潰れることだけはないだろうと(笑)

経済的自立は簡単です。
精神的自立に較べればずっとずっと。

私を幸せにしてくれる男性がいないなら、
自分で自分を幸せにしてあげなきゃいけない。
そのためには、もうちょっと頑張らないといけませんね♪

♪ H2O


[タグ未指定]
[ 2005/05/28 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

星屑の街

今日は3食いただくことができました。
私が2日連続で夕食をとらなかったことに気付いて
心配してくれた同期がいたので
今夜はちゃんと食べなきゃと思って
頑張ったという背景があるのですが(苦笑)

あと3日、この状態に耐えれば、環境が大きく変わるので
気持ちを切り替えられるかなと思っています。


♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/05/26 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

tomorrow

不覚です。
担当教官との面談中に、涙を見せてしまいました。
担当教官から泣いてしまったことを咎められたわけではないのですが、
社会人として、本当に恥ずかしいなと…

アレもしなければならない、コレもしなければならないと
強迫観念にとらわれ過ぎているのでは?とのお言葉などなどをいただきました(苦笑)

昨日・今日と一日二食の生活になってしまっています。
昼食がいつまでも尾を引くんですよね~(苦笑)
ちなみに今日のランチはカツカレー。
弱っているのは、胃腸なのか私自身なのか…(汗)

♪ 岡本真夜


[タグ未指定]
[ 2005/05/25 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

君といる時間の中で

明日さえも見通すことが出来ないから、不安になります。
前途には暗雲が立ち込めているんじゃないかって考えてしまいます。
夢を叶えられると思えないのは私だけではないですよね。
気持ちを切り替えながら、日々がんばっている人が大半だと思います。
「何」さえあれば、歯を食い縛ることができるのか…
その答えを持っている人は強いし、人生に満足出来るのではないかと考えています。
私はまだ、「これさえあれば」と言い切れるものがありません。
大好きな音楽があっても、「それだけ」で生きていけるかと問われれば、自信がないんです。
好きなのに、どうしてなのでしょうね(苦笑)

♪ 平原綾香


[タグ未指定]
[ 2005/05/24 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

僕が僕であるために

"勝ち続けなきゃならない"

そう考えるから息が詰まってしまいそうになるのかもしれません。
他の誰でもない私が、"デキナイワタシ"を認めてあげないから
私は独りぼっちだと感じてしまうのかもしれません。
本当は支えてくれる、見守ってくれる人たちがたくさんいるのに…

楽しく過ごした週末を振り返りながら、そんな風に考えていました。

弱い私、情けない私を
私自身がもっと受け入れてあげないとかわいそうですよね。

今日は久しぶりに結果を出せたので、素直に誉めてあげようと思います(笑)

♪ 尾崎豊


[タグ未指定]
[ 2005/05/23 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

MIDNITE SUN

突然のお誘い。
慌てて眉だけ書き足して、メガネのまま研修所を出ました。
すぐ近くまで来ているとわかったら、会いたくなっちゃうじゃないですか。

それから、門限ギリギリまでドライブデートvv
なんて贅沢な日曜の夜♪


♪ The Gospellers



[タグ未指定]
[ 2005/05/22 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

残照

今日は大好きな女の子と新宿でデートしてました。
そして二人で切ない男を大絶賛(笑)
ちゃ~んと次のデートの約束もしましたし、今週も充電は完璧です。
待ち合わせ前に書店で仕事に使う本も購入しましたし、
明日は試験勉強を頑張ります☆

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/05/21 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

ミモザ

生まれてこの方、男性と付き合ったことがない。
ここを訪問してくださるみなさんは、既によくご存じの私の事情です。
誰に話しても驚かれるのですが、そんなにおかしいですか?

お付き合いをしたことはもちろん、チョコレートをあげたことすらない私です。
合コンにも行ったことがない。そこまで言うと、段々周囲の目の色が変わってきます…

「せっかくだから、このままそんな自分を大切にしたら?焦る必要ないよ。」

冷ややかな視線を浴びせられて、「失礼な」とムッとするのはいつものこと。
独りを寂しいと思うこともありますよ。
でも、自分にだけ恋人がいないからということで焦っているつもりはないんです。
だから、こんな風に言われるのも、憐れみの眼差しを向けられるのも、はっきり言って、かなり心外なんですよね。

♪誰かと比べるような 恋なんてしなくていい


そう思っているのは、恋と縁が薄い私の強がりなんでしょうか…

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/05/20 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

あなたにサラダ

日々の食事は某ホテルのみなさまによって用意されています。
だから、当然のことながら美味しいんです(笑)

シェフの方は、とても気さくで、ソースの作り方やハーブの合わせ方を教えてくださるんです。
食材やワインについてのマメ知識も増えてきました。
今日は30日目の研修日だったのですが、昼食と夕食では、一度も同じメインプレートは出てきていません。
研修が終わる頃には、業務に必要な知識だけではなく、
料理のレシピも増えていたらいいな~と思います。

♪ DREAMS COME TRUE


[タグ未指定]
[ 2005/05/19 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Why Can't We Be Friends?

失言のために、一日中からかわれっぱなしでした(苦笑)
集団の場で、こんなに名前をコールされたことはありません(笑)

言葉の使い方には気をつけているつもりなのですが、
言ってしまってから、語弊を招くような発言だったと後悔することは多々あり(汗)
まぁ、このミスがみんなと私の距離を縮めてくれるならいいんですけどね~
どうなることやら…

[タグ未指定]
[ 2005/05/18 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

コイシイヒト

《久しぶりに駄文を公開》

ジーンズのポケットで、しつこく携帯が騒いでいた。
「はい。」
アルコールに気持よく酔っているので、ロレツが回らない。
向こうには「あい」くらいに聞こえたかもしれない。
「いま、時間いいですか?」
確かめなかった相手は、俺が少し苛々していることを敏感に感じとったのかもしれない。
「盛り上がってるところなんだよね。
先輩が弱いくせにハイペースでグラスをあけちゃってさ。
できれば後にしてくれる?」
左手で耳を押さえながら、ざわめきの中で叫ぶように俺は言った。
「ごめんなさい。切ります。夜は長いですから楽しんでください。じゃあ。」
パチンと音を立てて畳んだ携帯をジーンズのポケットにねじりこむ。
少し腰を浮かせるような態勢になった俺を、
隣でずっと枝豆を食べていた男がじっと見ていることに気付いた。
「何?」
「電話の相手、彼女だったんじゃないの?」
「だったら何?」
ジョッキに3㎝くらい残っていた生ビールを一気に喉に流し込む。
ジョッキについていた水滴が膝の上に落ちた。
気持ち悪い感じがジーンズの上に広がっていく。

「だったら何、じゃないだろう。もっと優しい声、出してやれないのかよ。」
「彼女じゃないって。俺、いまフリーだから。」
問いかけた男が"あの子"という意味で彼女と言ったのだと、
わかっているのに軽い声色ではぐらかした。


先ほど携帯を突っ込んだのとはの反対のポケットからライターとタバコを出して、すぐに火をつける。
「彼女じゃなくても、女じゃん。あんな言い方はかわいそうだろ。お前らしくもない。」
男はタバコを軽く口にして、顔を俺に近づけた。
「俺らしくないって?」
火をあげた俺に男はわざと吸ったばかりの煙を吹きかけた。
「そうだよ。お前は俺にお前の何がわかるんだ、って思うかもしれないけどな。」
そう言って、男は今度は反対側に煙を吐き出して話を続ける。
「確かにあいつらは盛り上がってるけどさ、
お前はうまそうにのんでないぞ。酒も、タバコも。」
「そうだろう」と言うかわりに、男は少しだけ眉を持ち上げた。
そんなことない、と言おうとして口から離したタバコを必要以上に灰皿に押し付けて揉み消した。
火をつけたばかりなのに、もったいないなんて考える余裕さえなかった。
「別に。」
否定の言葉は宙に浮いた。
「彼女この前、言ってたんだよ。
いま優しくされたら誰であっても好きになっちゃいそうって。」
「そりゃあひでー話だな。」
男は細い目をいっそう狭めて、空を睨んだ。

俺が彼女に優しくすることは、全然難しいことなんかじゃない。
だけど、誰でもいいから好きになる、なんて言われるのは悔しいじゃないか。淋しいじゃないか。
俺じゃなきゃダメって言わせたい。
優しいひとなら誰でもいいだなんて言わせたくない。

「気持ちがわからないわけじゃないけどさ、こんな風にしてる間に、
他の誰かが彼女に優しくするかもしれないことを想定しなくていいわけ?
そういうヤツ、きっといるぞ。」
「彼女は大丈夫だって。」
皿の上に最後に残った鳥の唐揚げに素早く箸を伸ばしてそのまま勢いよく頬張った。
「彼女、最近キレイになったよな。」
不適な笑みを浮かべて、男は俺の目の前で携帯の操作をはじめた。
無視しようと思っていたけれど、やっぱり気になって、
チラリチラリとみやる俺を男がちゃんと意識しているのがわかった。

「じゃあさ、例えば…」
男はゆっくりタバコを揉み消した。
「俺が彼女に優しくしたっていいんだよな?」

問われても、俺には答えるべき言葉がみつからなかった。
「もしも~し。あれっ、泣いてるの?」
男は、わざとらしく大きな声で言い残し、スニーカーのかかとを踏み潰して、そそくさとこの場から立ち去った。

男は誰と話しているのだろう。まだ3分も経っていないのに、
俺はいらいらしはじめている。
あれくらいの茶番はなんてことない。男の芝居かもしれないのに。
そもそも、優しくしてくれるなら誰でもいいなんて、彼女の本気だったのだろうか。

考えても答えがわかるはずのないことに、俺は頭を抱える。
本人に尋ねるしかないのに、俺はただ膝を抱える。
未来の俺は、今夜の俺を笑うのだろうか。それとも怒るのだろうか。
まだ帰って来ない男を待つのは嫌な気分だ。さっきから5分も経っていないのに。気の短い自分に呆れながら、豚足にかぶりつく。
手がベトベトになって、口の回りがギトギトになって、なんとなくいい気分。飢えた野犬のような勢いで豚足に食いついた。無心になって豚足をしゃぶった。

食いつくしてしまっても、男はまだ戻って来ない。タバコを買いに行くことを思いついて、財布の中を確認する。こういう時にかぎって、適当な大きさの金がなかったりする。
五千円札や一万円札を自動販売機で使うのはなんだか嫌で、
「300円貸してよ」とテーブルの上に手を出した。

高い位置から広げた掌に落ちてきたのは、100円硬貨ではなくて、少しあたたかい鍵。
見上げると、席を外していたあの男が俺を見下ろしていた。

「行けよ。待ってるみたいだぜ、お前のこと。」
弾かれるように立ち上がり、財布の中から抜き出した五千円札を男に握らせて、
俺は熱気と狂気が充満する小さな店を飛び出した。

恋人でいるよりも、友だちとして傍で笑っている方がいいだなんて、もう言わない。

♪ 松たか子

[タグ未指定]
[ 2005/05/17 23:59 ] SSS | TB(0) | CM(0) | EDIT |

5月になってからは、21:00を過ぎるような勤務は無くなりました。
勤務と言っても朝から晩まで講義を受け続けているので
学生時代とほとんど変わりないんですけどね。
そして相変わらず、予習と復習に他の人たちの3倍近い時間がかかってしまうという効率の悪いやり方をしています(苦笑)
それでもやっぱり、幾分ラクになりました。
今夜も試験勉強は必須なのですが、講義自体は18:00過ぎには終わったんですよ☆
フィールドに出れば7:00~22:00勤務+勉強になるわけですから、今はとても恵まれているわけです。

机について勉強していると、度々「彼」のことに意識が飛んでしまうのが
目下最大の悩みでしょうか(笑)
私の家庭教師だった「彼」は現在、私が学んでいる領域のスペシャリストとして神戸で働いています。
「彼」に認めて貰えるような結果を出したいという思いが、
あの頃と一緒なので、なんとなく切なくなります。
再びこんなほろ苦い想いを抱えて試験勉強をすることになるとは…(苦笑)
思春期に戻ったみたいです(笑)

なんて言っている場合ではありません。そろそろ試験勉強にとりかかります。
試験で結果を出すことが、今の私に与えられている仕事ですからね。

♪ コブクロ


[タグ未指定]
[ 2005/05/16 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Wanderers

湯上がりにドライヤーを使いながらTVをぼんやり眺めていたら
バラエティー番組に大学でお世話になった助教授がチラリと出ていてびっくりしました。
学科内ではとても地味かつ真面目~な方だったので、本当に意外で。
専門分野のことでTV出演をする先生方は多いのですが、
所持金当てクイズの対象になっているとはね~

そんな今日は(笑)
2リットルのミネラルウォーターと500ミリリットルの天然炭酸水、
りんご酢を持って京急の駅を2駅分歩きました。
炭酸水とミネラルウォーターで薄めて作るリンゴ酢は
私の健康ドリンクです(苦笑)
本当はプルーンエキス配合のものがよかったのですが
見付からなかったので、不足しがちな鉄分はサプリメントで。

昨日・今日と、しっかりリフレッシュできました。
明日からの一週間、頑張ります♪

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/05/15 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

今日が終わる前に

今日は大好きなお姉さまにデートしていただきました。
これで充電完了☆

明日の午前中は自由参加の社内イベント(?)です。
「自由」なはずなのに人事記録に残ると言われているので参加してきます。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/05/14 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

まいにち

食事時間も含めた"ビジネスタイム"は7:30-20:00。
そのうち9:00-18:00は日々勉強なわけですから「たいくつ」なんてことはないのですが、
一通りのことは経験し終わりましたし、取り立てて書くほど
良いことも悪いこともなかい一日でした。
あえて何かと言われれば、同期(♂)に「○○ちゃん」と呼ばれたことぐらいでしょうか。
来週にはかなり高い確率で、「苗字+さん」に戻っていると思われますが(笑)

明日は、自分にご褒美をあげる(モノではなく時間)日にしようと思います♪

♪ Lyrico


[タグ未指定]
[ 2005/05/13 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Full of Love

「最近、女になったよね。」
じゃあ、今までの私は何だったの?って聞き返したくなりました(笑)

今日、同期から唐突に言われた言葉です。
「てっきり彼氏でも出来たのかと思ってた。」
と言う彼女に
「あいにくそういう浮いた話はないんだよね~」
と笑う私。
しかも、しつこいようですが先日は失恋記念日だったのです。
(まさに詩の通りの展開?笑)

このblogをご覧いただいているみなさまは
既にご存じだと思いますが、
別に彼氏が出来たわけではありません。
辛いことの方がむしろ多いのですが、
表情がよくなったと言ってもらえるのは、
毎日充実しているからでしょうか。
肌荒れはヒドイんですけどね~(苦笑)

でも、ポジティブなコメントをくれるのは彼女だけ。
これも繰り返しになりますが「疲れてるね」と言われることの方が多い現状です(苦笑)

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/05/12 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

I Miss You

昨日申しましたように、今日は私の失恋記念日です。

ふと、気付いたんです。
彼に出会った頃の状況に、今とても似ているな~と。
独りで頑張ることにちょっとだけ疲れてしまっている。
前に進めなくて戸惑っている。
あの頃もそうだったし、今もそうなんですが、
その不安を打ち明けても、周囲の人は本気で心配してくれないんですよ。
上ばかり見るから苦しいだけ。どうして今の状態に満足できないの?って。
上昇思考が強すぎるというセリフで片付けられがち。
もしくは、やれば出来るんだから、もっと上をと言うだけ。
適当にあしらうのではなく、私の悩みに向き合い、
そのサポートまでしてくれようとしたのは彼だけ。

だから、会えない、会ってはいけないと思うのに
こんな風に切なくなるのかもしれません。今の私は彼の助けを必要としているから…

極端な話をすれば、別に彼でなくてもいいんですよね。
私を多少の強引さでもって導いてくれる人なら誰でも。
この先、そんな人にもう一度出会えたらいいな~
そろそろ、肩肘張って独りでも大丈夫と言うのは疲れてきました(苦笑)

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/05/11 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

century

業務上、知ることができる情報。
個人的興味のために閲覧してはいけないとわかっているのに、
今日、私はそんな当たり前のことが守れませんでした。
データベースの使い方講習中のこと。
担当先が決まっていないため、どの顧客情報を閲覧しても構わないと言われ、つい…

明日5月11日は、5度目の失恋記念日なんです(笑)ふられた、というわけではないのですが、
周囲からの反対があまりにも強くて、
想いが届きそうになったその直前に
私が自ら断ち切ってしまった恋…

そんな初恋の相手は、その後どうしてるのかな~って。

勤務先がわかったからといって、会いに行くわけではありません。
メールアドレスが当時のままであることを確認したからといって、連絡をとるわけでもありません。
それなのに、他の人ではなく、彼のことを調べてしまったことに思わず苦笑い。
実際に行動に移すことは何もなくても…
彼のいまを知りたいと思ってしまうほど、
実はいまでも好きなのか。
正常な判断が出来なくなってしまうほどよわっているのか。

どちらにしても、素直に認めたくないものです(苦笑)

彼は、私が弱いところも汚いところも全部見せた人。
彼は、私が全面的に頼りきってしまった最初で最後の人。
「君のことを助けてあげたい」
そう言ってくれた人。

出会ってから7年、離れ離れになってから5年目になりますが、
たった一人、彼だけです。
私が今の仕事を選んだのだって、この仕事をしていれば、
いつかまた、彼に再会することが出来る日が来るかもしれないと、
心のどこかで思っていたからなのかもしれません。
あの時まだ高校生だった私に向かって彼が言ったセリフ。
「将来、ビジネスパートナーにしてあげる」
その言葉を心はまだ覚えているのかもしれません。

明日はたいせつな試験があるので、
こんな気分に浸っている場合ではないんですけどね…

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/05/10 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

My way

月曜日なのに、週半のような気がしてしまうのは、
土曜日が出勤だったためなのか、
それとも早くも五月病なのか…(苦笑)
今日のプログラムは、いつもに較べると
ラクなものだったはずなんですけどね(苦笑)
そんな状態なのに、今度の日曜日にも
社のプログラムがあり、の~んびり、というわけにはいきません。
やっておきたい予習に手をつけられないほど
日々の課題に追われていることが
フラストレーションになっているのかもしれません。
もう五月。
甘えは許されない、このままではダメと
わかっているから少し苦しいのです。
珍しく、日報に弱気なことを書いてしまいました。
上司や教育担当者は、それを読んで
ムッとしたかもしれません(苦笑)

♪ Def Tech


[タグ未指定]
[ 2005/05/09 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

A SONG FOR MAMA

今日のタイトル(選曲)は、予想していらっしゃった方も多いと思います。
母の日ですからね(笑)

「母の日ありがとうコール」をしたら、まだ7:00だというのに、
「ちょうどよかった。いまから山登りに行くから、電波が入らなくなるところだったんよ~」
とのこと。
うちの両親は本当に元気だな~と朝からしみじみ感じました。
私よりもずっとパワフルでアクティブです(笑)

休日の今日は眼科に行って来ました。
コンタクトの見え具合を調整することと、来春から妹の職場となるところが
どんな環境なのかを視察するのが目的でした。
通年コンタクトを使用していたのですが、
最近少し見えにくかったんです。
私は乱視が進行したのだと思っていたのですが
ドクターいわく、コンタクトの寿命だそうです。
社会人になってから装用時間が
18時間近くになることが増えたので
使い捨てへの切り替えを進められました。
同じ度数でもメーカーによって見えかたが違うということで
2weekのもの6種類を無料体験として貰いました。
…ということは一箱分(三ヶ月分)がタダになる計算。
随分、得をした気がします。
今までにも使い捨てコンタクトを使っていたことがあるのですが
メーカーはドクターから指定されてしまって、
自分で他社製品の装用感を試したことがなかったんですよね~
コンタクトの処方も薬と一緒でドクターの方針に大きく左右されることを知りました(笑)

眼科の雰囲気を両親に報告しましたが、妹の選択について
納得してもらえるような情報提供を出来たのか疑問が残ります。
出来るだけ妹の不利にならないように心がけたつもりなのですが…
どうしても私の主観が混ざってしまうわけで(汗)
そもそも、妹と私では価値観が大きく違うわけですから、
弁護・擁護しろと言われてもなかなか難しいのです。
(私の考え方はかなり両親寄りなのです)
…って、福祉を専攻していた人間がこんなことではいけない!
まぁ、自分の価値観とクライエントの問題解決を
引き離すことが出来ないから、
専門職につかなかったんですけどね(苦笑)

♪ Boyz Ⅱ Men


[タグ未指定]
[ 2005/05/08 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

in the Soup

自分では、ハリのある表情で過ごしているつもりなのですが…
今日は朝から終業までの間に、
「疲れてる?」
「昨日(の夜)、(寝るのが)遅かった?」
「険しい顔してどうした?」
などなど、口々に尋ねられてしまいました。
体力的には今日より昨日の方が辛くて、
どちらかと言うと、今日の方がイキイキとした表情で
研修に臨めたと自分では思っていました。
それなのに、周囲からこんな言葉をかけられてしまうなんて…
ショックです。

確かに研修所では、睡眠が浅くなっています。
ぐっすり寝ているとは言えません。
ずっと服用している薬も効かなくなって、ランクを上げたばかりです。
目がかすむことも増えてきたので、明日は眼科に行ってきます。(←20代の発言とは思えない・苦笑)
でも、それくらい疲れが溜っていることに、勤務時間中に周囲に気付かれてしまうなんて、社会人として失格だと思うんです。
それに、心配されるほどのことではないんです。
私自身はこの程度のことには慣れていますから(笑)

だからこそ余計に、心配されたことが悔しいんです。
なんでもう少し"オン"を演じきれないんだろうって。
来週は空元気を出すくらいの気持ちで頑張ります。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/05/07 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

エスコート

頼られることは嫌いではありません。
むしろ好きです(笑)
他人から頼られるためには、何が必要か…
と考えて行動してきました。

でも、限度というものがあります。
「おかんにも彼女にも甘えられへんから、甘えていい?」
甘えん坊の男の子たちの"都合のいい女"になるために
私はコツコツ努力しているわけではありません。
彼らのお守りをするために、堅実に生きているわけではありません。
私だって本当はギリギリのところで研修生活を送っているんです。
それを周囲には見せないだけで。
それがオトナっていうことじゃないか。
そんな風に考えている私が間違っているのでしょうか…

どこかにこんな私をエスコートしてくれる人いませんか?(苦笑)

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/05/06 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

新大阪

社会人になってから、時間の経過が
とても早くなったような気がします。
ウィークデーは新しく学ぶことの連続なので
あっという間に感じられますし
お休みの日も矢のように過ぎてゆきます。
研修所にて独りで過ごすときは
それほどでもないのですが、
家族と一緒だと瞬く間に時間が経ってしまいます。

今日も両親に最寄り駅まで送ってもらったのですが
最近涙もろくなった父は
私が帰った後に泣いてしまったそうです。
地元で就職できれば、
父にこんな思いをさせることもなかったのに
と考えると心苦しくて仕方ありません。
余程寂しかったのか、今日は朝から
極端に口数が少なかったんですよね~(苦笑)
いつもそばにいることができたらよいのですが…
父の希望に背く人生選択ばかりをしている私。
それでも許してくれる父。
母の口添えもあってこそなのだろうと思います。
本当に両親には感謝、感謝です。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/05/05 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

This must be love

「今日はどこへ遊びに行こうか?」

嬉々とした表情で両親に尋ねられ、
「今日は何処へも行けない」
と答えることがこんなに苦しいとは(苦笑)

以前にも書きましたが、両親は私に一つでも多くのことを
経験をさせようと考えて、
様々な場所へ連れて行ってくれる人たちです。
その気持ちがわかっているから、出来ることなら
断りたくなんてなかったんです。
連日の外出と明日のラッシュの中での長時間移動
金曜・土曜の研修を考えると
少し体を休めておきたかったという思いも
全くなかったと言えばウソになりますが(苦笑)
娘ですから、両親が喜ぶなら、何でもしたいと思うのです。
でもですね、GW中にやっておかなければならない業務があるのですよ。
今日一日、なんとなく寂しそうだった父の背中。
業務を片付けながらもずっと気になって、切なくて。

もう寝ちゃっているけれど…お父さん、ごめんね。

♪ Lyrico


[タグ未指定]
[ 2005/05/04 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Ribon In The Sky

高速教習ということで、西風新都線と中国自動車道を使って
湿原に行ってきました。
カキツバタを見たくて設定した目的地だったのですが
見頃にはまだ遠く(苦笑)
スイセン、さくら草、梨の花、タンポポが
きれいに咲いていました。
青空がとても爽やかだったので
大きく深呼吸。
薄く伸びる雲を見て
ロマンティックなことを言う相手も
気の効いたセリフをくれる人もいませんでした(苦笑)

両親はツクシとワラビを採ることに
必死になっていましたから(笑)

♪ Stevie Wonder


[タグ未指定]
[ 2005/05/03 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Everything (It's you)

今日は初月給で父母に夕食をご馳走しました。
といっても、大した額ではないんですけどね(苦笑)
広島市内の日本料理店の小座敷で、お手軽な懐石メニューを。

「娘に食事に招待されるような歳になったことは、
 うれしいようでちょっと悲しい」

気持ちよく日本酒に酔った父の口から、
ちょっとだけこぼれた本音なのかもしれません。
それは、私にも言えること。
両親にご馳走できるようになったことはうれしいけれど、
自分がそれだけ成長したということは、
両親はそれだけ老いてしまったということで …
今までは私が保護される立場でしたが、
これからはゆっくり、その役割も交代していくのかと思うと
やはり寂しいものです。

「自分のことだけではなく、親の気持ちも思いやれることが自立」
なんて話を母としたんですけどね。
親にとっては、子どもはいつまでも子どもで、
子どもにとっては、親はいつまでも親。

妹も、それがわかるようになってくれればいいのですが … (苦笑)

♪ Mr.Children

[タグ未指定]
[ 2005/05/02 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

風の行方

時折激しく雨が降る中、「社会人になりました報告」を祖父母にするため、
全行程約100kmを自分で運転してきました。
助手席の父は、緊張のため肩が凝ってしまった模様です(苦笑)

久しぶりの運転なので、ただでさえ余裕がなくて視野が狭いのに、
雨のせいでさらに視界が悪くなり、ヒヤリとする場面も何度か(大汗)
それでも無事故で帰ってきたので(ぉぃ)、父は及第点をくれました。

わたしが1番苦手としているのは、父方の祖父母宅そばにある農道のトンネル。
何度通っても、スピードが出すぎてしまいます。
先日同行したエリアにはトンネルがなかったことがせめてもの救いでしょうか。

♪ Lyrico


[タグ未指定]
[ 2005/05/01 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。