Becha By Golly, Wow

大好きな人とおいしい紅茶を飲みながらゆったり過ごす
そんな贅沢な休日を満喫vv

そこにいい音楽があれば文句なし。
同期が店の雰囲気も味もいいと言っていたのですが、本当にその通りでした。

「お気に入りに登録」です(笑)

♪ The Stylistics



スポンサーサイト
[タグ未指定]
[ 2005/07/31 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

君こそスターだ

君は無邪気に笑顔を見せる
僕の胸の痛みに気付かずに
夏に魅惑の香りを身に纏い
すこしせのびを僕にさせた
教えられた愛で夢が育って
未来のカードを手に入れる
全てがそろうラストシーン
ライトがソウルマンに注ぐ
せつないヒーローに拍手を
満たされることない乾きも
癒してくれるさこの一杯が

♪ サザンオールスターズ



[タグ未指定]
[ 2005/07/30 23:59 ] live | TB(0) | CM(0) | EDIT |

壊れかけのRadio

荷造りって苦手です。
8月は1ヶ月間、ビジネスホテルでの生活を強いられる私。
いつも使っている衣装ケースを2つ、出張先に送ろうと思っていたのですが、会社から与えられる部屋がとても狭かったことを思い出し、小さい方の衣装ケースと1泊2日ようのスーツケースを送ることにしました。
皺になっては困るスーツと出発日までは毎日使わなければならない化粧品・洗顔料のたぐいは手荷物です。重いからイヤなんですけどね~仕方ありません。
2週間ほどしたら、夏休みでまた移動ですよ(苦笑)

今日は移動準備があるということで16時頃に退勤が許可されました。
なので、部屋に戻って来月必要な資料を整理したり、書類のフォーマットを作ったりしてました。
まだ研修中なので通常業務の10分の1くらいの料なのですが、1件分の訪問準備だけで1時間。この先やっていけるのかしら…不安を感じた7月最後の営業日です。

そして、PCを終了させる直前に、前回の出張の際に同行させていただいた先輩との約束を思い出しました。
「やわらかな笑顔をお見せできるように…」
ぎゃ~っ(叫)無理っ!
もう1つ、「夏にコッチに来る時には、カレシを作っておくこと」なんて宿題も同じ先輩からいただいていましたが、こちらは最初からムリと思っていましたので(ぉぃ)
どうしましょ~(慌)
今回、この先輩との同行はないのですが、同じ営業所なので当然顔を合わせる機会はあるわけで…(汗)
とりあえず、鏡の前で笑顔の練習でもしてみます←あやしい…

♪ 徳永英明



[タグ未指定]
[ 2005/07/29 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

涙の数だけ

今日はよいことのない一日でした。
自分自身にとっても。私の大切な人にとっても。
そして、後者が与えるダメージの方が大きいのです。


君が流す涙の理由は
うれしいの方がいい
悲しさは数えないで
僕は君をだきしめる
すこしだけ僕の君が

せつなく僕を見つめ
頬濡らした涙忘れて
あの夢にちかづいて
未来へのはしを渡る

対岸では優しい君が
今日に話しかけてる
もっと強くなってる
夜のような包容力で
変えられる涙の理由


♪ Full Of Harmony


[タグ未指定]
[ 2005/07/28 23:59 ] one phrase | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Glitter

今日も1つ結果を出すことが出来てほっとしたのも束の間。

わたしの1歩2歩先をゆく同期もいるのです。
気付くか、気付かないか。
行動に移せるか、移せないか。
それが20万円(あるいはそれ以上)の差になる。
数字として突きつけられたのは初めてで、ショックを受けましたが、
明日は私も20万円の受注をいただけるようにというモチベーションになりました。

しかもこれはあくまでも研修所内でのバーチャルな取引でのこと。
実際にはこんなに簡単に受注できるなんてことはありません。
わたしの話を聞いていただけるかどうかさえ怪しいものです。
でも、やらなきゃいけない。
来月は必ず、営業利益につながる何かを残さなければいけません。
大丈夫かな~と不安は募るばかり。

受注単位で計算すれば、わたしは先頭を行く彼女たちの5分の1。
それでも受注できた同期がわずか17%であったことを考えて、
自分に自信を持つことも忘れないようにしないといけません。私の場合は(苦笑)
今日、成績を残せなかった同期も明日はもっと頑張るはず。
だからわたしも負けないように明日も頑張ります。

プライベートでも気になることはさまざまありますが、まず仕事。
言い聞かせる私は無慈悲ですか?

♪ 柴咲コウ



[タグ未指定]
[ 2005/07/27 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

PIECE OF MY WISH

台風7号の影響。
みなさまがお住まいの地域は大丈夫ですか?

引き続き営業活動の練習中です。
昨日、特別補講を依頼した甲斐あって、
今日は一番聞きたかった言葉をいただくことができました。
なので、ゴキゲンです(笑)

しかしですね
「親しみは感じられないけど引き込まれちゃうんだよね~」
というコメントは、喜んでいいのか、反省したほうがいいのか … (苦笑)
「もう少しふわっとして、相手を受け入れる。
 人を好きになることが伝わるようになればいいですね。ちょっと硬い。」

うぅ~っ(汗)
たしかにごもっともでございます。
相手のことを嫌いというわけでもなく、
信頼していないというわけでもないんですけどね~
先輩に「彼氏を作ったほうがいいよ」と言われてしまう理由は
このあたりにあるのかもしれません(苦笑)

いま、一番わたしが身につけたいものは、「人懐っこい笑顔」。
冗談ではなく、かなり切実です。

セールストークをする際に笑顔を見せていないわけではないですからね。
それなのに「硬い」と言われてしまうのですから、
滲み出す「何か」が「硬い」ということですよね。
やわらかな印象ってどうやったら醸し出せるものなのでしょう …
今後の課題でございます。

♪ 今井美樹


[タグ未指定]
[ 2005/07/26 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

HONESTY

私の周囲では風邪が流行っていますが、みなさまは健やかにお過ごしですか?
○○は風邪をひかないと申しますが、おかげさまで私は元気です。
冷房に冷やされすぎて、具合が悪い … ということは時々ありますけどね。

最近、少しだけ勇気を出して動いています。
同期の目を気にしていたら、いつまでたっても一人前になれないなと思って。
自分の衝動(成長したいと思う気持ち)に少しだけ正直に。
「優等生」とか「バカ真面目」と思われるのが嫌でずっと我慢していたのですが、
なぜか前回の模擬試験の情報が流出してしまったらしく、
隠す必要がなくなってしまいました(苦笑)

… というわけで、今夜はこの後、上司に特別指導をしてもらいます。
上司にとっては時間外勤務になるのに、引き受けてくださるので感謝、感謝です。
一言くらいイヤミを言われるかもしれませんが(苦笑)

♪ Billy Joel


[タグ未指定]
[ 2005/07/25 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

万華鏡キラキラ



ドアを開けてくれるのは君
忙しいのはお互い様なのに
君のエスコートで少し遠出
優しいけれど束の間の密会
照れちゃうけれど大好きっ
つたえたいから文字にして
携帯のボタンを押して通知
恥ずかしいけれど大好きっ
どうしてもつたえたかった

ありがとう

やっぱり休日って大切ですね。
今日は同期や上司と話をする必要がなかったので
少し落ち着きました。
自己に対する評価も一時下げ止まり
といったらよいでしょうか。

時間にしばられないから、自分の中にあるリズムをゆっくりにすることができます。

明日からのハードな一週間、鏡で笑顔チェックをしながら頑張りますvv

♪ RYTHEM


[タグ未指定]
[ 2005/07/24 23:59 ] one phrase | TB(0) | CM(0) | EDIT |

やさしさにさようなら

震度5弱。
そのとき私は仕事中。

「他者からの評価がたとえ高くても、自分自身を過小評価していて
 "潰れる"タイプですね」

カタカタと縦揺れを感じているときに指摘されたことです。
そう … かもしれません。
いつも上ばかりみてますから(苦笑)
と受け止めている間に大きな横揺れに変わったのですが、
揺れていたのは身体だけではなくて、心も(動揺)だったのかもしれません。

その後、ひさしぶりに妹に会いに行ったのですが …
お姉ちゃん失格です。
どうして優しくしてあげられないのかと自己嫌悪しながら帰ってまいりました。
同じことを言うにしても、もっと言い方があったのに。
ただでさえ仲が良いとは言えない姉妹で、
妹はいつも私に反発心を持っているというのに。
なんで「いいお姉ちゃん」になれないのかなぁ。
世界でたった二人きりの姉妹。
誰より大切にしたいのに、彼女を怒らせることに関しては
私の右に出る人はいないのではないかと思うほど、
「彼女に喜んでもらえる何か」を私は提供することができません。
ものすごくショックです。

最初は明日も妹のために時間を割くつもりでいたのですが、
このままだとますます関係をこじらせてしまうような気がして、やめました。

他の誰よりもまず、妹に、私は優しくなりたい …

♪ オフコース


[タグ未指定]
[ 2005/07/23 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Right on, Babe

一所懸命なんですけどね、うまくいきません。

人の心に言葉を届けるって、やっぱり難しい。
わかりやすく伝えようとしているのに、
「話がわかりにくい」と言われてしまうことがよくあります。
どうも、物事を複雑に考えてしまう傾向が災いしているようです。
もっとシンプルに、もっと簡潔にと再三ご指導いただいています。
話し方が脅迫めいているなんて言われたことも(苦笑)

父が言うように、私には営業職は向いていないのかなと思う今日この頃。

一日を振り返って、自分を誉めてあげたいことよりも
後悔・反省することの方が多い日々。

本当は泣いてしまいたいのですが、涙は解決にはならないですからね。
歯を食いしばってがんばるしかないのかなって思っています。
8月末まで、こんな状態が続くのかと思うと少し気が遠くなりそうですが、
それが働くということなのでしょうね。

人生、思い通りにならないことのほうが格段に多い。
頭ではわかっているのに、心は不満や寂しさで埋められていきます。

今週は明日も仕事。
おそらく、つらいことの方がまた多くなってしまうと思うのですが、
それも生きることに不器用な自分のせい。
誰のせいにも出来ないので、もう少し頑張ります。

夢を持たなきゃ、希望を持たなきゃ、自信を持たなきゃ。

仕事面ではもちろん、プライベートなことも含めて、
ポジティヴな未来を一切イメージできないなんて、
困ったものです … (苦笑)

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/07/22 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

絆 ki・zu・na


未来を探す右手
何でも掴めるはずなのに
ポケットの中に隠し
傷つくことから守ってた
幼い日に置いてきた夢
まだ捨てられないの
現実と理想の比重
まだ変えられるはずさ
背中には翼もあるんだ
あの星を目指して行け

明日を求める旅人
握り締めた地図は
そのほとんどが海の闇
人生という名の荒波を
小さな舟で超えていく
全身の力を使って漕ぐ
空でも海でも進んで行ける

♪ 加藤登紀子

[タグ未指定]
[ 2005/07/21 23:59 ] one phrase | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Just Once

読み終わりました。DALE CARNEGIE著「人を動かす」

営業には欠かせない心構えがたっぷり盛り込まれている一冊ですが、
一番私の心を捉えたのは、


この道は一度しか通らない道。
だから、役に立つこと、人のためになることは今すぐやろう
― 先へ延ばしたり忘れたりしないように。
この道は二度と通らない道だから。


という本文の中で古い名言として紹介されている一節。

ついつい先延ばしにしちゃうんですけどね(苦笑)

♪ Quincy Jones


[タグ未指定]
[ 2005/07/20 23:59 ] book | TB(0) | CM(0) | EDIT |

カレンダー

中国から関東にかけて梅雨明けしましたね。
暑中見舞いの準備をしていたはずが、
直前で気に入らなくなって、間に合わなくなってしまいました(汗)
小細工をしようとすること自体、間違っているという説もあります(苦笑)

♪ The Gospellers



[タグ未指定]
[ 2005/07/19 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

約束の季節

いのるように見上げた              そらに浮かぶ白いうそ
傷ついたのは                        君なのそれとも私なの
はるか彼方で広がる思いは    こんな時まで以心伝心
なにも言わなくていい              感じていたいこのまま
二人の若葉が季節を越えて      紅く染まってゆくまで
しずかに耳を傾ければ          聴こえるあの日の歌声
もう少しだけ聞いていたい      変わらない愛の言葉を
まだ信じられるから              書かないでいてその届
近くにいたらゆるせなくなる      飛んでゆけ愛しさだけ
嫉妬の炎は早く消して            お願い君をまもらせて
 

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/07/18 23:59 ] one phrase | TB(0) | CM(0) | EDIT |

innocent world

いま読んでいるのはDALE CARNEGIE著「人を動かす」
仕事上、必要に迫られてなんですけどね(汗)
活字も大きく、面白くないわけではないのですが、
どうしてなかなかペースが上がらなくて困っています。
土曜日に購入してから、まだ2章分しか進んでいません。

「○○の原則」とか「△△の法則」とか。
そういうタイトルの本ってあまり得意ではありません。
… と言う割にはよく読んでいる方かもしれませんが(苦笑)

言われなくてもわかってるんです。
そうした方がよいことは。
でも、出来ないんです。

「すぐに実行できなくても意識することが大切」
というのが母の教え。
「よい」と人から薦められたことは、とりあえず試してみる。
受け入れようとさえしなければ、進歩はないし、
他人からも受け入れてもらえないから。

そう思って頑張っているつもりなんですけどねぇ …
やっぱり「つもり」でしかないのかなぁって思ったり。

営業職として、悩むところです。
心がけていれば、徐々に身につくもの … なのでしょうか …

♪ Mr. Children



[タグ未指定]
[ 2005/07/17 23:59 ] book | TB(0) | CM(0) | EDIT |

コーリング

二十四時間 四六時中 
他人なのに 誰より近く感じてる
心の出口 見つからなくても
貴女に逢った 去年の春から
僕には伝えるべき言葉が たくさんあって
あたえられた時間を 短く思うけど

もうすぐ 夏本番
貴女がいること当たり前に思ってる
僕らが刻む二度目の夏
もっと 近づきたいと意識するから
美味しいと言う食事の味も わからなくって
手放したくないこの瞬間を 感謝する

ふわふわ彷徨う形の無い思考の中で
たったひとつ眠りに就く前に願え
明日も明後日も何年先も 貴女は幸せであるように
貴女が笑顔でいたらきっと僕はくじけない
手が届かなくて諦めたあの日のゆめに
もう一度 挑戦する強さをあたえられるから

♪ The Gospellers

[タグ未指定]
[ 2005/07/16 23:59 ] one phrase | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Kanon

"Kanon(ドイツ語表記)"が好きなのか"Canon(英語表記)"が好きなのか。
そんなことを一生懸命話していた頃がとても懐かしく思い出されます(笑)
といきなり言われても、なんのことなのかわからない方の方が多いですよね。

楽譜の話です。
「パッフェルベルのカノン」と言えば、ご存知の方も多いはず。
で、その楽譜が何種類かございまして(アレンジが若干違う)
どのパターンで演奏するかをオケのメンバーと話し合っていた日々。
Vaのラインが大きく違っていたり、Vnのスラーのかけかたが違っていたり。
興味のない人にとっては何でもないことなのでしょうけれど、
思い入れたっぷりに練習していた高校生の私たちにとっては、
Vaのラインはもちろんのこと、Vnのスラーのかけ方1つとっても、
とても重要な事項だったんです。

最近は、あの頃みたいに"熱く"何かをやることがなくなっているような気がする。
本日の研修を受けながら、ふと気付いてしまいまして。

情熱を持って仕事をできる女にならなきゃな~と思ったのでした。

♪ Johann Pachelbel

[タグ未指定]
[ 2005/07/15 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Summer

終わりましたよ、第一回の模擬試験。
私ってこんなに頭が悪かったっけ?とか
私ってこんなに勉強しない子だったかしら?とか(苦笑)

会社からの指令である全科目7割得点というのは達成してますが、7割と言われたら最低でも8割は取りたい性格です。

9割得点できた科目が半分しかなかったことと、7割5分しか取れなかったのが1科目あったことが反省点。
そのせいで夕食が喉を通らないくらい具合が悪くなったというのはここだけの話(汗)

でも、弱っている場合ではありません。
次回模擬試験の自己目標は全科目9割以上。
今日から気持ちを切り替えて勉強、勉強です。
ヒドク上昇志向が強いので、同期に負けたくないんですよね。
ただ合格するだけではなくて、少しでもよい順位で通過したい。
こんな性格は嫌われてしまうとわかっているのに懲りてないみたいです(苦笑)

ストレスを押さえる香りが発見されたそうです。(産経新聞2005年7月14日朝刊8面)
早く実用化されないかな~とかなり切実に思っています…

♪ 久石譲



[タグ未指定]
[ 2005/07/14 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Concerto a-mol Op.3-6

"ヴァイオリン協奏曲イ短調作品3-6"をギコギコ(ぇ゛?)弾き鳴らしたい気分です。
たとえ下手でも、弾ききることができたら、すっきりするだろうな~って思うんです。

追い詰められているせいなのでしょうか…(苦笑)
発狂するのも時間の問題かしら?(笑)

大丈夫です。
明日になれば落ち着くか、落ち込むか。
いずれかの結果が出てフラストレーションがたまることもなくなりますから。
とりあえずあと24時間。がんばります(汗)

♪ A. Vivaldi



[タグ未指定]
[ 2005/07/13 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Wiegenlied

試験勉強をしていたら、あっというまに時間は過ぎてゆきます。
20時台は、就業中の緊張の糸が切れてかなり眠たかったのですが
"ノって"くると目が冴えてきて(頭は冴えないんですが・苦笑)
1時を過ぎる頃には眠気なんてどこへやら。
でも翌日のことを考えるとこれ以上起きているのは危険。
音楽をひっそりかけながらベッドに入ったのですが、眠れません(汗)
明朝、寝過ごしたりしないか心配です…

♪ Hayley Westenra



[タグ未指定]
[ 2005/07/12 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

LISTEN TO MY HEART

諦めていた…というより貸したことさえすっかり忘れていたお金が戻ってきました。
実際に私が貸した金額は4,000円らしいのですが、そのうちの2,000円を返してくれました。
残り半分はまたの機会にって言われたのですが、私はまた忘れてしまいそうです(苦笑)

貸した、というか立て替えているお金の話から、いま欲しいものは?と唐突に尋ねられ、考えてみたんですが、特にない。
根っからの貧乏性なのか、それとも物欲がないのか…
あったらいいなって思うものはあります。
でも「あったらいいな=欲しい」という式は私の中でどうしても成立しないんです。
だから「お金で買える欲しいものは、父親が今まで不自由なく与えてくれたから困ってないかも」って答えてしまいました。
話をしていた相手がその先を追求することなく、「もしかしてお嬢?」なんて表面的な話に流れてくれたので助かりました(笑)

いま私が一番欲しいものは、お金では買えないもの。

余りにも無意識に言葉が溢れてしまって自分でもびっくりしました。
ラブソングや恋愛小説じゃないんだからって思わず突っ込みたくなるほどに(苦笑)
自然にそんな言葉が出てきてしまうほどに私は切望している…のでしょうか?

♪ BoA



[タグ未指定]
[ 2005/07/11 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

渇き

玉蘭 (文春文庫)玉蘭 (文春文庫)
(2005/06/10)
桐野 夏生

商品詳細を見る
少し前に読み終わっていたのですが、うまくレビューを書けない…ということで先送りにしてました。

昨今は幽霊ブーム(?・「いま、会いにゆきます」とか「優しい時間」とか)のようですが、
その手の話って正直言って受け入れるのに時間がかかってしまうんです。
それなのにどうしてこの本を手にしてしまったのか(苦笑)

「幽霊」が絡んでくる場面や過去と現在がこうさくする場面は
なかなかすんなりと受け入れることができなかったのですが、
現在は現在、過去は過去として読み進めているときは、
感じること、考えさせられることの多い一冊でした。
主人公の性質がところどころ私に似ているから…でしょうか。

「何を得た」という形でご報告することはできませんが
読んでよかったと思える一冊でした。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/07/10 23:59 ] book | TB(0) | CM(0) | EDIT |

THROUGH THE RAIN

今年は空梅雨かと思っていましたけど … 九州の大雨、心配です。

雨が窓を叩く音。
嫌いではありません。むしろ好き。
雨音をBGMにするといろんなことがはかどります。
なぜでしょう … 興奮するのかなぁ(ぉぃ)

♪ Mariah Carey


[タグ未指定]
[ 2005/07/09 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

未来へ

今夜は久しぶりに母と会話をしました。

学生の頃は週に一度必ずあった母からの電話。
私がいま、研修所にいるということを気にしてなのか、
社会人になってからは10分を超える電話というのはありませんでした。

何かお互いに誤解なく伝えなければならないことがあれば電話する。
用件が終われば、電話も切る。
会話というよりは、報告とか連絡。なんとなく事務的な感じ。
なぜかそんな風になっていました。
大学生の時には、その一週間何があったのか、
母も訊ねてくれましたし、私もいっぱい話したくて、
30分の通話なんて当たり前のことだったのですが …
メールのやりとりは頻繁にあって、特に週末は近況を知らせたりしてはいたんですけどね。

楽しいことがあれば、それをすぐに伝えていた今まで。
楽しいことがあっても、伝えたいと思っても、
なぜか「我慢」をするようになってしまった今日この頃。
自分でもこの変化が不思議で仕方ありません。

変わったことといえば、大学生から社会人になったこと。
ただそれだけなのに。

変わってしまった自分を少しだけ寂しく思った一日でした。

♪ Kiroro


[タグ未指定]
[ 2005/07/08 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

amanogawa

《七夕小話です》

お疲れさまと言いながら身体を滑り込ませる車の助手席。
オフィスの前は幹線道路ではないけれど、夕方から降り始めた雨のせいで交通量が多くなっている。

僕を乗せると同時に彼女の車は動き始めた。
「今年も晴れなかったね」
シートベルトを締めながら僕は彼女を見つめる。
雨が降っていても、会えてよかったと思いながら。
「そういえば去年も天気悪かったよね」
雨まで降っていたかどうかは思い出せないけれどと車の後方を黙視確認しながら彼女は言った。
そんな様子を見ていると、僕が運転しようかって言いたくなるけれど社有車だからダメなんだって。
たとえ僕が事故を起こさなくても、事故に巻き込まれてしまう可能性だってあるんだからと彼女は真面目な顔で主張する。

とりあえず早くここを抜け出したい。
どこか車を止められるところを早く見つけよう。
このままじゃ、やっと会えた彼女の手を握ることさえできないから。
毎日仕事で使っているくせに、運転には自信がないという彼女は
しっかり両手でハンドルを握っている。
ご丁寧に10時と2時の位置で。

マニュアル車で免許を取っている僕が運転すれば、
こうしている間だって手をつないでいられるのに。
雨を含んだ重い雨雲と同じように不満を含んだ僕の気持ちは下がっていく。
珍しく彼女が早い時間に仕事を終わらせて、僕の誘いに応じてくれることに
喜んでいた数十分前に戻りたいほど低気圧のど真ん中。

こんな風に会えるのは久しぶりなのにちっとも会話が弾まない。
その原因の在り処なんてわからない。

「今年も会えてよかった」
去年の願い事は"来年も会えますように"だったのだと彼女は教えてくれた。
運転中なのにチラリと僕の顔を見て。

彼女は今日、僕との時間を作るためにいつもより早く家を出たはずだ。
たとえたった1日のほんの数時間のことであっても
プライベートのために仕事を削るような女じゃないから。

そんな不器用な生き方しか出来ない彼女がいとしいのだけれど
そのせいで僕はひどく切ない気持ちになることが多い。
僕と彼女のことだけを考える時間を契約して欲しいけれど
僕と彼女の想いは星屑になって天の川に流される。

もっと近くに感じて欲しいのに、なぜか彼女は僕を彼女の世界の外に置きたがる。
今年も「来年も会えますように」と願ってくれるだろうか。

どうしようもないほど僕は彼女が好きだから、
どうしようもないのに僕は星に願って
彼女が2人の時間を契約してくれる日を待ちつづける。

ようやく渋滞の道から離れた彼女が路肩に車を寄せた。
シートベルトを外してハザードをつける。
カチカチという点滅にシンクロさせながら僕は彼女にキスをする。

流れ星が見えなくても、願いがきっと叶いますように。

♪ Skoop On Somebody / 佐藤竹善


[タグ未指定]
[ 2005/07/07 23:59 ] SSS | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Make a wish.

"Cafe au lait * Mode" 瀧川和音さんの七夕企画に参加vv


流す涙できれいな花を育てられますように


こんなお願い事は反則?(汗)

他にもいくつか考えたのですが、
七夕の短冊には他力本願ではないお願い事を書きたいな~と思いまして。

楽しいことばかりの人生なんてありえない。
苦しいこともつらいことも両手に抱えきれないくらいある。
泣かないようにって頑張るよりは、泣いて成長するほうがいいなって思うようになりました。
「花を咲かせられますように」にしなかったのは、
咲いた花は実を結んでその後、枯れてしまうから。
未来は息長~く育んでいきたいと思うから。

いつかめぐり合う(?)人にきれいな花を見てもらえるように
願いが叶うように歩んでいこうと思います。
[タグ未指定]
[ 2005/07/06 23:59 ] others | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Reflections

《短すぎる新作小話:深い意味はございません・笑》

無言のままで彼は私の薬指から指輪を抜き取る。
今夜も私は彼の手によって壊される。

「いつまでこの安っぽいヤツしてるつもり?
 買ってやるって言ってるのに」

全てを外し終えた彼はピアスをしていない私の耳たぶを甘噛みする。

「いいよ、別に」
「お前が気にしなくても、俺が買ってやりたいの」
「気持ちだけで十分。
 新しいのを買うお金がないからっていう理由でコレしかつけないわけじゃないんだから」
「ホントに欲のないヤツ」
「そんなことないよ。私みたいなのが一番欲深いんだから」

私は微笑みながら彼の首に腕をまわす。

自分で買った陳腐な指輪を彼に外してもらうことで私は壊れる。
独りで壊れることのできない私は彼の手に逃げ込む。
彼の手によってもたらされる自由は、この上ない快感。
彼によって解放されるこの瞬間のために、私はこのリングを身に付ける。
だから明日もお願い
指輪はずして…

♪ The Gospellers

[タグ未指定]
[ 2005/07/05 23:59 ] SSS | TB(0) | CM(0) | EDIT |

大きくて少し節榑立っている手

「男の人を外見で選ぶとしたらポイントは何?」
首筋(項)や広い肩幅、髭…
色々な価値観を持っている人がいる中での私の答えが冒頭です。

「大きいと手を繋いだときに安心感があるもんね」
調子を合わせようとしてくれた同期にすぐに頷くことが出来ませんでした。
確かにそんな側面もありますが…
手にはそれまでの人生が刻まれていると思うから。
キレイな手の人より、色々な経験をしている人の方が魅力的。
優しさも悲しさも知っていると思うから。

私を暖めてくれる同じ手が私を突き放すことだってある。
それなら、痛みも苦しみも知っている手によって傷つけられたいと思うのです。

♪ Mr. Children



[タグ未指定]
[ 2005/07/04 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Impromptu Op. 90 No. 2

まだ読み終っていません(「玉蘭」)
早く読了したいのですが我慢しています。

だって明日はテストですから。
人事考課にも関わる試験が14日に控えていますしね。
リフレッシュの時間はあまり長く取ることはできません(苦笑)
まるで学生のような生活を強いられる7月です(汗)

♪ Schubert


[タグ未指定]
[ 2005/07/03 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

潮騒

《新作小話です》

ただいまの時刻は5:45
休日はワクワクするから早く目が覚めてしまう。

いや、訂正。
今日は君に会えるからドキドキして眠っているのがもったいなかったんだ。

俺のことを遅刻常習犯だと思っている仲間たちはきっと口をあんぐりさせて驚くだろう。

アラームをセットしていた時間よりもずっと早く起床したので、ちょっとしたサプライズを仕掛けてみることを思いついた。

俺が君を迎えに行く(と言っても最寄駅までだけど)。
たまにはそんなことがあってもいいだろう?
こういうことも何だか新鮮でいいだろう?

君が住む町を訪ねるのは、実は今回が初めてだったりする。
だからホームに降りて、改札口が一つしかないと分かって少しほっとしたんだ。

携帯サイトの乗換え案内を使って、待ち合わせ時間から君の出発時間を逆算したから
そろそろ君が現れる時間だってことは見当がついている。
ほら、今年の流行色のワンピースを来たあの子!
俺が大きく腕を振ると君は両手で頬を包んで驚きの声をあげたようだった。
慌てなくてもいいのに君は小走りで俺に駆け寄ってくる。

君に満たされると同時に、もう独りでは生きていけなくなった自分に気付いて今までになく切なくなる。

「えっ!?どうしたの~
 わざわざここまで来てくれたの?」
「しばらく会えなかったから少しでも一緒にいる時間が長くなればいいと思ってさ。」

どんなに忙しくても週に一度、土曜の夜に必ず会うようにしていたのに
勤務形態の変更でそれが叶わなくなってから約1か月。
全ては俺の都合のせいなんだけど、そろそろ限界だった。
逢おうと思えば会える距離にいるのに逢えないことは、諦めがつきにくいだけに遠距離恋愛よりも切ない。

「ありがと」

俺の笑顔が君にうつる。
二人並んで座って電車に揺られる。

この感じ。
最高に気持ちいい。

君の独占権を手に入れた俺は、かなりはしゃいでいた。
いつもよりいっぱい喋ったかもしれない。

波の音、風の音。
君の気配、二人の空気。
全てが心地よかった。
目の前に広がる太平洋が俺の欲望を剥き出しにしていく。

とりあえず歌ってみた。
君は俺の背中を見ながら笑っていた。
それから歌って歌って歌って。

ふと左肩にかかってきた柔らかな重み。
携帯の上でせわしなく親指を動かしていたはずの君は帰りの電車でいつのまにか眠っていた。
寄り添ってくる温もりに愛しさが募る。
ぎゅっと抱き寄せたくなる衝動を抑えて、読みかけになっている文庫本のページをゆっくり捲った。

またしばらく逢えない日が続くかもしれないけれど。
君を迎えに来れるのは先の話になってしまうけれど
そう遠くない未来にいつかきっと。

左肩にかかる重みと温もりが二人の当たり前になるように。

いまもいつまでも
この愛が打ち寄せる海岸は
広い世界に一つだけ

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/07/02 23:59 ] SSS | TB(0) | CM(0) | EDIT |