Yesterday & Today

今日で9月も終わり。
4月から半年。
1日の休みも無くblogに記事を投稿できたことに自分でも驚いています。

結局この週末、実家には帰らないことにしました。
このタイミングで帰省したら、
両親の喜びは一瞬のものでしかなくなってしまうから。

なんで? それはね …

「最近、どう?」って聞かれたら …
何を話したらいいのかわからないんです。
感じていることをそのまま伝えたら、両親はきっと、いい顔をしない。
正確に言えば、母は、かな。

父に同情されなければならないほどに
わたしという女は不器用でかわいくないんです。
父がわたしに哀れみの眼差しを向けるようになったのはいつからなのか
もう思い出すことができません。

こんな逃げ方しているうちはまだまだコドモですよね。
「親に心配させないことが自立なんじゃないの?」って
妹に説いたのはついこの間のことなのに。
「さすがお姉ちゃんはわかってるね~」
って言ってくれた父を悲しませているのは結局、妹ではなくわたし。

ごめんね、お父さん。

独りでいることがつらいくせに、
だからこそ1人でいたいと思ってしまうこのアンビバレンス。
矛盾を抱えながら生きていくのが人生なのですね。

♪ Do As Infinity


スポンサーサイト
[タグ未指定]
[ 2005/09/30 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

小夜啼鳥

ひがみっぽくなっているわたしってとても醜い。
容姿が秀でているわけではないので、
こころだけは美しくありたいと思うのにドロドロです。

気が付けば、独りで過ごすことを選んでしまっています。
出会いが無いというのもあるのかもしれませんが、
わたし自身に余裕が無いからというのも、大きなfactorなのでは?
と思い始めた今日この頃。
10年先、20年先も独りで生きているわたしを
妙にリアルに想像できてしまってちょっと悲しかったりする初秋の夜(苦笑)

今日は内勤だったので、体力的にはラクさせてもらったのですが
ずーっと同期と顔をつき合わせていたので、精神的に疲れました(ぉぃ)
もっとやさしくやわらかくならなきゃいけないんですけどね~(反省)

♪ masumi


[タグ未指定]
[ 2005/09/29 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

水曜日の朝

先輩同行をしていると、ほぼ毎日がカルチャーショックです。
今日ももちろん例外ではなく(苦笑)

特殊な世界なので、仕方ないんですけどね。
キレイな世界なんてどこにもないって、わたしの父なら言うのではないでしょうか。
そう考えて、頑張るのが社会人、なのかもしれないと思う今日この頃です。

♪ 河口恭吾


[タグ未指定]
[ 2005/09/28 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Over and Over

今日一日を振り返って苦笑い。
なかなか上手くいかないですね。

一所懸命が空回り。
社会人になるということは、他人から誉めてもらえなくなることだと
教えてくれたのは誰だったかしら。

試験の点数が良くても悪くても、何も言われないことは
今に始まったことではないのですから、いちいち落ち込む必要はないはずなのに
どこかで淡い期待をしていたのでしょうね。

決して成績が悪かったわけではないのに、
どうしてこんなに気に病んでしまうのでしょう。
もっと気楽に生きられたらいいのに。

今週末、実家に帰ろうかどうしようか悩んでいるところです。
帰ろうかなって思ったのはきっと、少し弱っているから。
母の顔を見たら、愚痴をこぼしてしまいそう。弱音を吐いてしまいそう。
そうしたら、ハッパをかけられて、さらに落ち込んでしまいそう。
これ以上の自己嫌悪はもうイヤ。

自分を誉めてあげたいって思うなら、もっともっと頑張らないとダメですね。

♪ Every Little Thing


[タグ未指定]
[ 2005/09/27 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

時の雫

今日は、33歳独身♂の先輩と同行でした。

セクハラ色の強い取引先への訪問を外していただいたり、
いつもよりゆっくり歩いていただいたり
ランチタイムを長めにとっていただいたりと
終始、お気遣いいただいて、本当に申し訳なかったです。

久しぶりに"女の子"として扱ってもらった気がします(笑)
それなのに、ときめかないなんて、わたしは感情が枯れてるのかしら?
いえいえ、だって、仕事中ですからね。

大口取引先で、4回も製品説明の機会を与えていただいたのですが
相変わらず使いものにならないわたし。
マニュアル通りの話をするので精一杯。
その場に競合他社も居合わせていて、競り合いになってしまうという
貴重な経験もさせていただきましたが、
この部門で仕事をするのは厳しいかなって感じてしまいました。
最初から苦手意識を持ってはいけないんですけどね …

もっと精神的に強くならなきゃ。

♪ GLAY


[タグ未指定]
[ 2005/09/26 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

やさしさに包まれたなら

和田裕美の人に好かれる話し方-愛されキャラで人生が変わる!和田裕美の人に好かれる話し方-愛されキャラで人生が変わる!
(2005/06/16)
和田 裕美

商品詳細を見る
目指せ愛されキャラ。

難しいんですけどね。
意地っ張りで見栄っ張りだから(苦笑)

機内で1冊読めてしまいました。
もう2冊くらい用意しておけばよかったと少し後悔。
読めば読むほど自分を追い詰めてしまうから、
1冊で十分だったのかもしれませんけど。

♪ 松任谷由実


[タグ未指定]
[ 2005/09/25 23:59 ] book | TB(0) | CM(0) | EDIT |

PRIDE

最近のわたしは齢23にして、女であることを放棄しているような気がします(汗)
いや、最近のっていうのは間違ってますね。
ずっと、と言った方が適切かもしれません(苦笑)
"例の彼"と過ごした3年間だけは、女、だったのかな …

自分でわかっているなら、直しなさいって母には言われているのですが
どうすれば「かわいく」みせられるのか、どうやって甘えたらいいのかなんて
見当もつかない、というのが本音です。
小さい頃から上手に甘えることを知らないかわいくない子どもでしたから。
かわいいのも甘えるのも妹の担当だったなんて言い訳をしたら
妹にひどく怒られるでしょう。

いまさら、かわいい女になんてなれません。
「いつまでも都合のいい女でいいの?」って言われるけれど
それ以外の生き方は考えられないんです。
そこまで思い至ると、自分でもつくづく哀れな女だなぁって思います。
哀しい女にだけはなりたくなかったのになぁ(苦笑)

「お姉さんの彼氏になれるだけの器の人はなかなかいないだろうね~
 かなりの包容力を必要とするから」
とは我が妹のことば。
そういうこと … なんでしょうか?
自分ではいまひとつわかっていないのですが。

求めすぎているのでしょうか。
う~ん … わからない。
努力すれば微分・積分はわかるようになるけれど、
これだけは頑張りようが無いと思うのですよ。

恋することに憧れを失ったわけではないけれど
恋愛している自分は想像できなくて、
わたしの世界が仕事を中心に回っていくことは
他のことを楽しんでいる自分よりもずっとリアルに想像できてしまいます。

人生を充実させるためにわたしにできる唯一のことは、
仕事で結果を出して、仕事を楽しむ。
そして両親に迷惑をかけないこと、くらいですね。
こんな風に考えているなんてことが両親に知られたら、
絶対に怒られてしまいますけど。

♪ 今井美樹


[タグ未指定]
[ 2005/09/24 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

LOVE 涙色

時刻は0:00を回りました …

宿泊室の前の廊下に響いているのは、隣室の彼女の歌声。
下手ではないのですが、0時です。

"あやや"の歌が聞こえなくなったかと思ったら …
ドドッドドドドッ、バタバタバタッ、キャッキャッキャッ
今度はかけっこ(じゃれあい)が始まった模様です。
彼女は同じ支店の同期(♂)にかまってもらいたいみたいで、名前を連呼。
呼ばれた彼の方はぐったりしてます(苦笑)

… と、ドアを開けて酔っ払いが繰り広げる世界を傍観していたわたし。
その目の前ですごいことが起こりました。
彼は、逃げ回るというか、じゃれる彼女をがしっと捕獲したかと思ったら、
ひょいっと彼女のことを抱き上げて、部屋まで連行。
生まれて初めて、お姫様抱っこというものを見ました。
ラヴコメみたいな展開が、現実に起こるなんて、アルコールの力って恐ろしい(違)

彼女を部屋に押し込んだ彼はすぐに廊下に出てきて、
ドアに背を預け、「疲れた~」と言ってずるずると座り込んでしまったのですが、
その向こうでは、やっぱり彼女がドンドンと扉を叩きながら彼に甘えているのです。

「秋月サン、ごめんね~」と謝る彼に、「たいへんだね~」と返事をしたわたし。
本当は、面白いものを見せてくれてありがとうって言いたかったなんて、
口が裂けても言えません(笑)

これだけの騒動を起こしても、みんなに愛されている彼女が
少し羨ましくもある夜です。

♪ 松浦亜弥


[タグ未指定]
[ 2005/09/23 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

足音

おいしい食事とおいしいお酒。
でも、気持ちがちっとも晴れないのは全部自分のせい。

今日で一区切り。
気持ちを切り替えて、前を向いて歩こう。

♪ 槇原敬之


[タグ未指定]
[ 2005/09/22 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Will

不自由のない生活なのに、満たされないと感じるのはなぜでしょう。
求めすぎ? 望みすぎ?
でも、わたしは何を求めて、何を望んでいるのでしょう?

未来図を描けなくて、真っ白なキャンバスの前に立ち尽くすだけ。
今日の双子のような日々が続いていくことを
諦めにも似た気持ちで受け入れるだけ。
「いま」以上があるなんて、考えたことがないのです。
正しいと信じることをめいっぱい頑張っているから。

だから、かわいそうって同情されたくないんです。
哀れんでもらうために、こんな生き方を選んだわけではないのですから。

現在のわたしは、哀れみをかけてもらわなければならないほど惨めですか?
「認めない!」
意地を張るから、悲しいヤツになりさがってしまうのでしょうか。

そんな風に感じながらも、今日もひたすら机に向かっているから、
何も変わらないんですけどね(苦笑)

♪ 中島美嘉


[タグ未指定]
[ 2005/09/21 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

t.4.2.

ここ数日、紅茶の摂取量が増えてます。
そして、指先にきちんと力が入らなくなっています。
姿勢保持も一苦労(苦笑)

これって、これって。

… 自覚したなら、ちゃんと空気を抜かないといけないんですけど
会社がその余裕を与えてくれないのが現実です。
とりあえず、10月9日までを一気にかけぬけることになっています。

時計をはずすことができたら、少しはラクになれるのでしょうか …

あ、でもご心配いただかなくて、大丈夫ですよvv
いつものことですから。

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/09/20 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

ここにしか咲かない花


囁くほどの声で呼んでいるのは いつも同じ名前


悔しいけれど、認めなければいけないのかな …
なんてぼんやり感じながら、勉強してました。
なぜ勉強しながら、全然他のことを考えてるんでしょうね、わたしは(苦笑)
もっと必死に勉強しなさいという声が飛んできそうです。

中高の同級生が某地方局のアナウンサーになっていることがわかりました。
彼女は昔から、有言実行女。
どんな夢でも大きすぎると思ったりしないで、
自分の手で掴んでいく彼女は眩しすぎて、
そばにいるのがつらくなることもしばしばでした。
今日も輝くために頑張っている貴女に負けないように
わたしも前を見て歩かないとね。

♪ コブクロ


[タグ未指定]
[ 2005/09/19 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

逃飛行

《続・No One Else Comes Close》

「おくちゃん、元気?」

金曜の夜。
部屋にまっすぐ帰ろうとする人間は少ない。
1階ロビーは今夜や週末の予定の話に花を咲かせる人たちで溢れている。
こんなときに俯いて歩いてるわたしに声をかける人物なんて一人しかいない。

「うん、だいじょーぶ。今週は忙しかったからちょっと疲れてるけど。」
少し無理して笑うとやまちゃんは、そやなーと言いながら肩をぐるりと回した。
「ほな、来週」
「お疲れさま~」
結び目に指をかけて、ネクタイを緩めているやまちゃんに手を振った。
ほんの少し、淋しいと思ってしまったのは、ここにいない彼を求めてしまったから。

「奥沢さん、元気?」
彼もよく訊いてくれた。
「はい、大丈夫です。」
「本当に?危なっかしくって放っておけない。」
そんなことを言われたのは初めてだった。
その瞬間、彼はわたしの特別になった。

家族のことを悪く言わないわたしに、
彼は「愛されてないって思ってるんだね」って言った。
他の人はみんな、「本当に家族が好きなんだね」って言うのに。
「そんなに苦しいなら、家族と離れて暮らせばいいのに。」
びっくりして溢れた涙が止まるまで、彼はそばにいてくれた。

そして、あの日のまま、わたしの時間は止まっている。
彼に出会うまでは、独りが淋しいなんて思ったことはなかった。
独りでも生きていけると信じていた。
だけど、彼に出会ってしまったから、独りで生きていく自信がなくなった。
愛されたいと願っている自分に気付いてしまったから。

ふっ、と自嘲してわたしは社屋を出た。

忙しい彼は、優しくしてくれた過去があることさえも忘れていることだろう。
これからも、わたしのことを思い出すことなんて、一度もないかもしれない。
教えてくれるのは仕事のやり方と人を愛する気持ちだけでよかったのに。
人に愛されたいと思う気持ちなんて知りたくなかった。
そうすれば、こんな惨めな気分にはならなかったのに。

だけど、彼に会わなければよかったなんて思えない。
彼に出会えたから、いまわたしはここにいる。
だから、明日を生きていける。そう思うから。

もう一度、彼にめぐりあえたら、ちゃんと伝えよう。
―わたしがこんな愛する人は、いままでもこれからも、貴方だけです―

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/09/18 23:59 ] SSS | TB(0) | CM(0) | EDIT |

No One Else Comes Close

「おくちゃん、どうやった?」
新規先への訪問から帰ったわたしに一番に声をかけてくれたのは、
無邪気な笑顔がチャームポイントの山ちゃん。
表情や素行には幼さが残っているけれど、こういう時に、
彼は1歳上なんだなって感じる。
「熱心にこっちの話を聞いてくれるいい人だったよ。
 納入までにはもう少し時間がかかりそうだけど。」
クライアントからの製品についての質問に答えるための情報を得るために
PCを立ち上げながらわたしは答えた。
「ほんまか~。」
本社のデータベースにアクセスすると、質問の答えはすぐに見つかった。
"印刷"をクリックして、オフィスの隅にあるプリンタに足を向ける。
「で、どうやった?」
後ろから大きな歩みで近づいて来て、わたしの隣に並んだ山ちゃん。
「どうって?
 面会の感触はさっき話したとおりだけど」
プリンタが吐き出したペーパーの内容を確認する
わたしの手元をのぞきこむようにして山ちゃんはわたしとの距離を縮めた。
「若いって聞いたけど?」
あまりにも近くに山ちゃんの顔があって、びっくりしたわたしは思わず後じさりする。
「ほんま、おくちゃんは免疫ないな~」
仕方ないなという顔を見せて、山ちゃんは一歩下がった。
「で、角田さんってどんな人やったん?」
それまでのへらっとした笑いを消して、真面目な表情で訊ねられる。

「初恋の人に、ちょっと雰囲気が似てたかな。」
不自然な間は、わたしの返事に山ちゃんが驚いたからだろう。
「惚れた?」
表情が固まったのは一瞬で、いつものへらっとした笑顔の山ちゃん。
「それはない。」
わたしが笑うと、そか、と言って、山ちゃんは自分の仕事に戻っていった。

「惚れた?」と訊かれて、ドキッとした。
商談相手に初恋の相手をシンクロさせるなんて、許されることじゃない。
わたしのことを心配してくれているのがわかるから、
ときどき山ちゃんにはガードが低くなってしまう。
失言だったと後悔しても、もう遅い。





会議が長引いているからということで、応接室で30分待たされた。
訪問先で待たされることはこの業界では珍しいことじゃない。
アポイントなんてあってないようなものだ。
わたしは手元の資料を整理しながら角田さんを待っていた。
新規先だけど、クライアントの方から製品に興味があるから
説明に来て欲しいと言われたのだと上司からは聞いている。
だから、追い返されたりすることはないとはわかっていても、
やはり初回訪問は緊張する。
大きく息を吸い込んで肩の力を抜いたところで、応接室の重い扉が開いた。

「遅れてすみません。」
現れた角田さんのジャケットが少し乱れていた。
急いでここまで来てくれたのだろう。
「いえ。貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございます。」
立ち上がり最敬礼をすると、角田さんは少し驚いたような顔をして、
こちらこそと折り目正しい挨拶をして下さった。

すっと伸びた背筋
真剣な眼差し
熱い語り
少し疲れの滲む横顔

初恋のあの人に似ている。
そう感じた時から、初対面の緊張からではないドキドキがあったのは事実。
一瞬だけど仕事中にもかかわらず、角田さんのことなら好きになれるかもしれない
なんて不謹慎なことを思ってしまった。





山ちゃんに「惚れた?」と訊かれるそのときまで、
もしかしたら新しい恋ができるかもしれないとぼんやり思っていた。
それなのに「それはない」という言葉はあまりにも自然に
わたしの中から出てきてしまった。

確かに角田さんは、初恋の人に似ている。
けれど、会社に帰ってくるまでの間に思い出していたのは初恋の人のことだった。
彼もあんな風に笑っていたとか、すぐに熱く語り始めるから
周りからはMr.熱血なんて言われていたとか。
いま、彼もこんな風に仕事をしているのかな … とか。
彼のことを考えるだけで、自分の中に喜怒哀楽が生まれる。
感情を自分に運んでくるのは、たった一人、彼だけだ。

いっぱい傷ついたし、いっぱい傷つけたのに、自分の中で、
まだ初恋が終わっていないことを確認してしまった。
きっと山ちゃんも気付いてしまっただろう。
まだ過去に縋りつづけるわたしに。

山ちゃんなら傍にいて、優しくしてくれる。
わかっているのに、恋愛感情に発展しない。
わたしはいつまで初恋を引きずるつもりなんだろう。

「焦らんでええと思うで。おくちゃんはまだ運命の人に出会ってないだけやって。」
初恋の人以外を好きって思えないと打ち明けた夜、
山ちゃんは切なく笑ってくれた。
いつも明るい山ちゃんにつらい表情を強いているわたしは
「ありがとう」と言うことしか出来なかった。





はぁっと息を吐き出して、仕事モードに切り替える。

「おくちゃ~ん、これ、どうしたらええん?」
声に視線を向ければ、眉間に深く皺を刻んで、PCを睨みつけている山ちゃん。
「今度はなぁに?」
「俺、ITはめちゃくちゃ弱いねん。ちょい見てくれへん?」

わたしよりPCに詳しい人は他にたくさんいるのに、
山ちゃんが呼ぶのはいつもわたし。
オフィスにいるときはもちろん、その場にわたしがいなくても
わざわざ電話をかけてくることもしばしば。

その理由は考えないようにしている。
まだ、考えられないから。

「はいはい。」
角田さんに届ける書類を自分のデスクに置いて、
隣の山ちゃんのPCを覗き込むわたし。
そんなわたしたちを周りが呆れて見ているのも知っている。
みんなは山ちゃんがわたしに甘えてると思っているみたいで、
「おくちゃんはヤマのおかん(お母さん)やな~」なんて言ってるけれど、
真実は少し違う。
わたしがずるく山ちゃんに甘えている。

ごめんね、山ちゃん。
どんなに優しくしてくれても、わたしの一番近くにいるのは、初恋の人、なんだ。

♪ Joe



[タグ未指定]
[ 2005/09/17 23:59 ] SSS | TB(0) | CM(0) | EDIT |

I'm proud

「今度、一緒に食べに行こうね。連絡、待ってるから。」
小さな紙に書かれた数字の羅列。
手渡されて、しばし反応に困りました。
「機会があれば、ぜひ」
笑顔で返しながら、心の中では
そんな日がくるわけないでしょうと突っ込みをいれておりました。

なんでわたしが、あなたと一緒に小さな車に乗って、
ラーメンを食べに行かなきゃいけないんですか?
他の人を誘ってください。なぜ、わたし?

まず、ラーメンや餃子を初対面同然の人の車に乗って食べに行こうとは思わない。
でも、もしも相手が本気なら、なかったことにしてしまうのは失礼。
だけど、向こうも社交辞令のようなつもりで言ったのかもしれない。
思考はグルグルと回るばかりで、かけることはないであろう番号なのに
その紙片を無下にぽいっと捨ててしまうことも躊躇われる。
こういう場合、どうしたらいいんですか?

ここまで読んで、色恋沙汰だと思った方がいらっしゃったらごめんなさい。
全っ然、違います。
わたしにそんな浮いた話があるわけないじゃないですか(開き直るな)

相手は研修所の近くのクリーニングのおばちゃん。
しかも同期の男性陣の名前は覚えているけれど
わたしの顔と名前はいつまで経っても一致しないおばちゃん。
つまり、大して仲がよいというわけでもないのです。

昨日、ラーメンの汁で汚してしまったスーツを持って行ったら
「わたし、美味しいラーメン屋さん知ってるのよ。
 そこはさっぱり味なんだけどね。で、ラーメンより餃子がおすすめなんだけど
 ちょっとここから遠いから車で行かなきゃいけないんだけど。」
と一息にしゃべられてしまい
「へぇ~、そうなんですか~」
と当り障りのない(というかテキトーな)返しをしたら
冒頭のお誘いになったというのが顛末。

期待していない人にはたいへん受けがいいわたしデス(苦笑)

タイトルと本文が全く噛み合っていないように感じられるかもしれませんが
今日のわたしのBGMはこの曲。
ここには書かないけれど、いろいろあるんです。
深く追求しないでください、お願いします(礼)

♪ 華原朋美


[タグ未指定]
[ 2005/09/16 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

over ...

今日はツイテない。
いや、ツイテないどころの話ではない。
確かに今日の星座占いで牡牛座は最下位だったけれど…

①昼食時、食べ終った食器をカウンターに返しに行くまでに、
どんぶりの中でちゃぷんとはねたラーメンの汁がスーツを汚す。
②久しぶりにパンツスーツを着たら、
ワイドパンツの裾にヒールの先をひっかけてしまい
同期のみんなの前でバターンッ!と派手にコケる(汗)
なんとなく、青痣になってしまいそうな予感。
明日はスカート着用の日なので、ちょっと心配。
③明日のGW(←ゴールデンウィークではない。グループワーク)のメンバーが
なんとなくギクシャク。
(ちなみに今回の雰囲気の悪さの原因は珍しくわたしではない。
他の子が理由っていうのも、それはそれで悲しいのだけれど。)

いやなことばかり列挙するのもイヤなので、
1つくらい、よかったことを。
つい先ほど終わった時間外勤務(手当てなし)が充実したものだったこと。
捜しものは見つからなかったけれど、興味深い内容だった。

♪ K


[タグ未指定]
[ 2005/09/15 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

碧いうさぎ

2時間の時間外勤務。
予想していた以上にキツかったです。
自己管理も仕事なのですから、
甘えたことを言っていてはダメって思っているんですけどね(苦笑)

残業や休日の拘束時間がどんどん増えていくこと。
社会人として当たり前のことって思っているのに、
最近は、それがとても苦しく感じられます。
いま、耐えていれば、きっと先々で役に立つことだからと思って
手当てのつかない自主参加プログラムにも参加しているわけですが
もしかしたら、わたしに必要なのは心身の休息なのかなという
考えがふと過ったりもします。

… と言いつつ、明日は同期のうち2割くらいしか参加しないプログラムに出席。

捜しものが見つかればいいという微かな期待を胸に秘めて。

♪ 酒井法子


[タグ未指定]
[ 2005/09/14 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

秋の気配

疲れたときには甘いもの。

仕事上、必要な事務用品があったので、
珍しく、終業後に外に出ました。
弓張月に雲がかかって、きれいな空でした。
ウィークデーは業務に追われて疲れきって、
外出どころではない、というのが常のわたしなんですが
内に篭らないって大切なことだなって再確認してみたりして。

帰りがけにコンビニに寄って、アイスクリームを買ってきました。
甘くて冷たいものなら喉を通りそうな気がしたし、
効率よくカロリー摂取できるかなぁなんて思って。
クッキー&クリームがお気に入りなのですが、
あいにく取り扱いがなかったので、
9月5日に発売になったばかりの新作を試してみました。

濃厚で美味でしたvv

でも、アイスクリームのお世話にならなくてもいいくらいに
回復したいというのが切なる願いだったりします。

♪ オフコース


[タグ未指定]
[ 2005/09/13 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

いろは

先週あれだけ反省したのに、やっぱり今日もかわいくない女だったかも。
今日はペア作業だったのですが、わたしのパートナーは
国家資格を持ってる人でした。
迷惑をかけないように事前準備はしっかりやったつもり。
プレゼンテーション用の資料もばっちり揃えていたのが逆に拙かった気がします。
きちんと下調べをしていても、彼を頼った方が、
相手のプライドを尊重する態度を示すことになったはず。
場の空気が読めない自分に、本当に呆れてしまいます。

タイピングが早かったり、pptをはじめPCでの作業に慣れていたりetc
「仕事の出来る女は違うね~」
って男連中に言わせてしまうなんて、明らかにわたしの失敗。

何度、同じ過ちを繰り返すんだろう。
時には「出来ない」ことも必要。
ちゃんと言い聞かせて社会生活を営まないといけませんね。
明日こそは …

♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/09/12 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

イロトリドリ ノ セカイ

9.11

あれから4年も経つんですね。
わたしの両親の知り合いが犠牲になったのですが、
彼のご両親はまだ、"彼"の還りを待っていらっしゃいます。
結局、ご遺体がみつからないままだから …

わたしは直接は存じ上げないのですが、
とても優秀な方でいらっしゃったようです。
ご自慢の息子さんが突然、命を奪われて
彼のお母さまはあの日からご病気になってしまわれました。

そんなご家族がたくさんいらっしゃることを
わたしたちは忘れてはいけないと思うのです。

今年は、郵政民営化を争点に(自民党は)している衆議院選挙のために
9.11の事件を取り上げるマスコミが少ないような気がします。
なんで9月11日が投票日なんだろうって、公示日に思ったのは、
わたしだけではないはず。
解散した日から起算するから、仕方の無いこととはわかっていても
よりによって、9.11じゃなくても …

他国に起こったことだから?

9.11には敏感になっているわたしですが、
湾岸戦争とかアフガニスタン情勢とかルワンダ内戦とか。
中東やアフリカ、その他の地域での殺戮については、
無知に近かったりします。
本当は、そのひとつひとつに心を痛め、平和と命の尊さを
噛み締めなければならないと思うのですが、
悲しいかな。それがかなわぬほどに、今日(こんにち)の世界には
血塗られた歴史がたくさんありすぎます。

たぶん、いま、この瞬間も。
両親を殺されて泣いている子どもがいる。
地雷で足を吹き飛ばされた人がいる。
強姦されている女性がいるかもしれないし
兵士になることを強要されている男性がいる。

こんなに世の中が暴力に支配されているのはナゼなんでしょう。
誰もが平和を求めているはずなのに。

"コレ"といったアクションを起こすわけでもなく
研修所の宿泊室で黙々と明日からの仕事の準備を進めているわたしは
それぞれの場所で9.11の活動をしている友人たちに頭があがりません。
何もしないわたしで、本当にごめんなさい。

♪ JUDY AND MARY


[タグ未指定]
[ 2005/09/11 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

DREAMING GIRL

9日深夜に思いがけない人から、よい知らせを受け取りました。
しばらくメールのやりとりをしていたので、
ベッドに入ったのは午前2時になってしまいましたが(苦笑)

「わたしの周りにいる人たちがしあわせならば、それで十分わたしもしあわせ。」

高校生だったあの日に言った言葉は、今でも嘘ではありません。
「妹が、友だちが、先輩が、しあわせならば、わたしはしあわせ。」

そんなわたしに「怖いこと言うね」って言ったあの人はいま、しあわせかしら?

わたしの大切な人たちがみんな
それぞれのカタチのしあわせに包まれていますように。
そうすれば、わたしもずっとしあわせだから。

♪ 山下達郎


[タグ未指定]
[ 2005/09/10 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

泣けちゃうほど せつないけど

やっとたどり着いた金曜日。
しか~し!来週のスケジュールを考えると、週末にゆっくりのんびりなんて無理。
文献や資料を集めて、プレゼンテーションの準備をして、試験勉強もして。

のんびりできる時間なんてない。
日々の事前準備だけでも手一杯なのに、おまけに火曜日と水曜日はすでに
それぞれ約2時間の時間外勤務が決定済み。
来週からの予定を頭に浮かべると少しぞっとします。
このままの調子で、どこまで走りつづけられるのかな …。
ちょっと自信がありません。

同期には「痩せた?」とか「体調悪そうだけど大丈夫?」って心配されちゃうし。
たしかに身体もこころもダルイのですが、
他人から見てわかるほど、勤務態度がルーズになってしまってるのかなと
少しショックを受けました。
上手に隠してるつもりだったし、まだもう少し頑張れると思っているから。

♪ 岡本真夜


[タグ未指定]
[ 2005/09/09 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

名前のない空を見上げて

今日はプレゼンテーション2回とグループ作業。

なんだか … なぁ …

9月になってから、業務日報への記入分量が減っています。
たくさん書くだけの気力がなくて。
上司に、「大丈夫?」って訊かれても
「ご心配おかけしてすみません。大丈夫です。」って答えることしかできなくて。

抱えている不安とか、渦巻いているフラストレーションとか
下がりつつあるモチベーションとか。
疲れやすくなっている理由には思い当たる節があるのですが
うまく言葉にできないし、話したところで何の解決にもなりません。
答えは自分の中にしかないし、わたしが求めている言葉をくれる人は
残念ながら、いまは傍にいないから。

いまはつらいけれど、もう少し耐えれば、きっとまたラクになる。
乗り越えなければならない山を上っている最中だから、ちょっと苦しいだけ。

こうなってしまうこと。
覚悟してたし、諦めてたし。
いまさら悲観するようなことじゃないよねって言い聞かせて。
あと一日頑張れば、お休み。
一人になれる。
だからもうちょっと。 頑張れ、わたし。

♪ MISIA


[タグ未指定]
[ 2005/09/08 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Don't wanna cry

今日の退勤時間は23:10。
外勤時なら、こんなことは当たり前なのですが今日は内勤。
それなのに、時間外労働の請求は1時間分しか出来ないのです。
4時間のサービス残業ということになります。

退勤して、宿泊室に戻ってからも仕事をすることは
もう当たり前のことになっていますが、
今日は17:30~23:10までのチーム作業。
元々グループ作業の苦手なわたしにとっては
疲れ倍増の勤務でした(苦笑)
同じ時間、仕事をするのでも個人作業だったら
もっとラクだっただろうなと思うわたしは、
協調性に欠けているということなのでしょうね(汗)

まだ水曜日、なんですよね …
明日、明後日と耐えられるかしら?

♪ 安室奈美恵



[タグ未指定]
[ 2005/09/07 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

OCEAN

台風14号。
みなさまがお住まいの地域は大丈夫ですか?
南九州では死者・行方不明も出ているとのこと。

福岡でお世話になった先輩方は、今日は早めに帰宅なさったとは思うのですが …

広島にもっとも台風が接近する時刻に満潮を迎えるとのことですから、
「また、厳島神社に被害が出るね」と同郷の同期と苦笑。

「よかったね、向こう(福岡・広島)にいるときじゃなくて」
と言ってくれた同期がいました。
彼女はわたしの安心・安全を思って、言ってくれたのだと思います。
でも、わたしは逆のことを考えていました。
広島に台風が接近しているのに、わたしは東京にいる。
その状況がとてもイヤだ、と。
一日の研修が始まってしまうと、終業時までニュースを見ることができません。
広島が、いま、どんな状態なのかわからないと不安になります。心配になります。
同居・近居にする方がいいのかなって思うのは、
このような自然災害の時と、病気の話を聞いたとき。
遠くにいると、様子がわからない。
状況がわかっても、何もできない。
それがもどかしい。

できることといえば、何事もなく禍が過ぎ去ることを祈るだけ。

♪ B'z


[タグ未指定]
[ 2005/09/06 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

まちがいさがし

今日も一日、試験対策学習だったのですが、
同期の一人が「これってパワハラなんじゃない?」と思うような
扱いを受けていて、あまり気持ちのよい一日ではありませんでした。

そんな風に感じていたのは、わたしだけではなくて
同期の多くが一様に何か言いたそうな顔をしていました。
それなのに、教育担当者はその場に3人も居合わせたのに、
誰一人、対応を変えようとはしなくて。

あの子、大丈夫かな …

妹のblogを見つけてしまったのと同じ調子で、
その子のblogも偶然見つけてしまったわたし。
毎日、こっそり覗かせてもらっているのですが、
8月末から彼女、とても辛そうだったんです。
blogを見てるなんて言えないから、
気になっていても上手く声をかけることもできなくて。
今日の1件で、また傷ついているのではないかと心配です。


以下、先日の「I LOVE YOU, BABY」の"お遊び"のたねあかしです。
気になる方は反転でどうぞ。


らぎの場所にあるのは
おかえりの響が一番の癒
しさを求めて開けるド
さん歌に満ちた未来を捕ま
指が幸せをあなたに契
けっ心告げる相手は大切な
こん夜からずっと護るため
もい重ねて夢をみるた
を閉じたまま手をつな
口のない愛の中でふた
りあった手で開けるド
うごの月のうたがきこえ
ざんと想い打ち寄せる
つまでも休み無くずっ
っすぐに見つめるのは
っかり重なる二人の道

行頭を続けて読むと「安岡優さん、ご結婚おめでとうございます」
行末を続けて読むと「愛し合える人にめぐりあえた 僕と君が」
となります。


♪ The Gospellers


[タグ未指定]
[ 2005/09/05 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

SEPTEMBER



9月になったらまずこの曲をタイトルに…と考えていたのに
いろいろあって忘れてました(ぉぃ)

研修所の宿泊室は火気厳禁。
だから大好きなお香を焚きしめるわけにはいきません。
手元にあっても使えないので大切なコレクションは実家に置いています。
添付画像はグレープフルーツのコーンインセンスです。
コンビニで買った安物なので、火を灯さなくてもしっかり香ります(ぇ?)
コレ、薫りを楽しむために買ったものではないんです。
なんと、冷え症対策。
「1日30分、グレープフルーツの香りをかぐと冷えにくくなるらしいよ。」
母がどこかで聞きかじったことで科学的根拠は全くないのですが、
わたしの冷え症は尋常ではなく、わらにもすがる思いで試しているわけです。
はじめて2週間くらい経ちますが効果は…(苦笑)

♪ EARTH, WIND & FIRE


[タグ未指定]
[ 2005/09/04 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

I LOVE YOU, BABY

安らぎの場所にあるのは愛
おかえりの響が一番の癒し
優しさを求めて開けるドア
讃歌に満ちた未来を捕まえ
五指が幸せをあなたに契る
決心告げる相手は大切な人
今夜からずっと護るために
おもい重ねて夢をみるため
目を閉じたまま手をつなぐ
出口のない愛の中でふたり
とりあった手で開けるドア
雨後の月のうたがきこえた
ざざんと想い打ち寄せる僕
いつまでも休み無くずっと
まっすぐに見つめるのは君
すっかり重なる二人の道が

************************************

かなり不自然な言葉たち(汗)
努力が足らない? すみません(謝)

この報告を聞ける日を心待ちにしていました。
他人事なのに(笑)
そして、わたしはいま、とてもHAPPYです。
他人事なのに(笑)

言葉の選び方、考え方。
これからもずっとその背中を見つめていきたいと自然に思わせてくれる
そんな貴方を尊敬してやみません。
またひとつ、かけがえのないことを教えてもらいました。

おめでとうございます。そして、ありがとうございます。

♪ The Gospellers

[タグ未指定]
[ 2005/09/03 23:59 ] one phrase | TB(0) | CM(0) | EDIT |

侍ゴスペラーズ

[Leaves of Word]の青葉恵美さんから
ゴスバトンを受け取りましたので、回答してみようと思います。


[タグ未指定]
[ 2005/09/02 23:59 ] others | TB(0) | CM(0) | EDIT |

ニシエヒガシエ

9月から11月のスケジュールを渡されてげんなり。
わたし、何回飛べばいいんですか?

配属もまだ決まらず、会社から必要とされていないことを
ひしひしと感じる今日この頃。
どこにいても邪魔だから東から西へ、西から東へ。

例年であればとうの昔に配属・担当製品が決定しているというこの時期に
まともな製品教育さえ受けることなくだらだらと4ヶ月を過ごしていると
先輩たちには言われています。
営業活動をすることなく給料だけをもらっている金食い虫。

不満を並べたってきりがないのだから
この状況下で頑張るしかない。
下がりそうなモチベーションをどうやってあげていこう。

泣けないくらい惨め。
こんな気持ちになるのは人生はじめて。
これも貴重な経験 … ですかね(苦笑)

♪ Mr. Children



[タグ未指定]
[ 2005/09/01 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |