Symphony No. 9 in D Minor, Op. 125 'Choral'

みなさんにとっては、2007年。
どんな1年だったでしょうか。

わたしにとっては … 思わぬ1年になりました(苦笑)

他人様は、働かずして給料を得られた羨ましい1年だったとおっしゃいますが、
長く、苦しい1年でした。
きっと、誰も、わかってくれないでしょうけどね。

こんなわたしにもかかわらず、今年もあたたかく見守っていただき、
本当にありがとうございました。

♪ Ludwig van Beethoven


スポンサーサイト
[タグ未指定]
[ 2007/12/31 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

キテレツ大百科 ~お料理行進曲~

「え、明日、コロッケなの?」
「そうよ、だって、あの子が好きなんだから」
「一昨日、会社の昼がコロッケだったのに …」
「ま、いいじゃない。普段、うちでは作らないんだから」

父母の会話。
あの子というのは、もちろん妹のことです。

どうやら明日の夕食は、コロッケのようです。
妹が帰ってくると、コロッケとスモークサーモンは必ず食卓にのぼります。

わたしも母が作るコロッケ、大好きです。

揚げ物はあまり好きではないのですが、母のコロッケだけは別。
不思議ですよね、特別な味付けがしてあるわけではないのに。

同じレシピで作れば、同じ味になる。
自炊するようになるまでは、疑いも無く信じていました。
でも、違うんですよね。
同じように作ったつもりでも、わたしが作ると、
決して母の味にならない。

それと同じで、祖母から教えてもらったはずなのに、
母と祖母の味も違う。

わたしも、いつか「この味じゃないと」って
言ってもらえるようになりたいな

♪ テレビ主題歌


[タグ未指定]
[ 2007/12/30 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

お正月

我が家では、そろそろおせちの準備がはじまりました。

最近では、三段重が主流のようですね。

一の重が祝肴
二の重が酢の物
三の重が焼き物
与(忌み数字の四をきらってこう書く)の重が煮物
というのが基本のようですが、
本格的なものでは、五の重があるってご存知でしたか?

五の重は控えの重とも言われ、
将来さらに繁栄し富が増えることを願って"空"にしてあるそうです。

その"空"の中に、夢、希望を入れると、ある情報番組で言っていました。
ほう、なるほどね。

準備するのは、なかなか面倒なおせちですが、
素敵な文化であると、改めて感じました。

♪ 唱歌


[タグ未指定]
[ 2007/12/29 18:23 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

talkin' 2 myself

わーい、やっと御用納め。

わたしはこの日を首を長~くして待っていましたよ。

休職中なのに、なんで?
だって、これで外を堂々と歩けるじゃないですか。
実家にいても、不思議じゃなくなるじゃないですか。

しばらく、のびのびと暮らせます。

♪ 浜崎あゆみ


[タグ未指定]
[ 2007/12/28 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

WHITE DAYS

相変わらず、息をつめて生活しておりますが、
今日は、危ないところでした。

夕方、家の電話が鳴りました。
当然、母は夕食の支度中。

なので、わたしが立ち上がったのですが、
「待って、お母さんが出るから。」
「そう?」

ヒマを持て余しているわたしとしては納得いかないんですが、
母がそういうので、またコタツの中に戻りました。

「はい、秋月です。 … あら、そう? 悪いわ~」

何かの勧誘か、祖母か伯母かと思っていたのですが、
どうやら違うようです。

「Aさんだった。ふ~っ、危ない、危ない」
Aさんというのは詮索好きなご近所のおばさん。
なぜか、いつも夕飯時の忙しいときに電話をかけてくるそうです。
せっかく身を潜めて暮らしているのに、電話に出てしまっては
今までの苦労が水の泡になるところでした。

って、実家に帰ってきて、なんでこんなにコソコソしなきゃいけないんだか …

♪ コブクロ


[タグ未指定]
[ 2007/12/27 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Claudine

「着付けの練習するから、立って」

いつものことですが、うちの母は突然です。

何でも、今度の正月は、妹とわたしに着物を着せて
連れ歩くつもりらしいです。

「着ないともったいないじゃない」

確かに実家には立派な和箪笥があって、そこには
母が嫁入りの時に持ってきたたくさんの着物が眠っています。

「お父さんは、いいって言ったの?」

正月は、父の実家と母の実家を車で訪問します。
父の実家までは父が運転し、そこから母の実家まではわたしが運転する。
そんな話になっていました。

「着物着たら、運転できないよ」

「あぁ~、まぁ、いいんじゃない。
 昔は、ずっと一人で運転してたわけだし」

おっしゃるとおり。
でも、最近、めっきり老け込んできてるからな … 大丈夫かしら。

なんて、わたしが考えている間に、母はどんどん箪笥から着物を出していきます。

「でも、これ、お母さんにあつらえたヤツでしょ。
 わたし、サイズが …」
「大丈夫。恋詩には、おばあちゃんがくれたヤツがあるから」

… というわけで、せっかく作ったのに、一度しか袖を通さなかったという
祖母の大島を着せられることになりました。

自分で着付けできるようになりたいなぁと常日頃思っているのですが
病気を理由に、着付け教室へ通うことも先延ばしにしていたりします。

「うん、ぴったりじゃない」

帯と格闘すること数十分。
鏡の前には祖母の着物を着せられたわたしがいました。

「この着物を着れるのが恋詩だけなんて、ホントもったいない」
母はもちろん、伯母、従姉、妹は祖母と較べると背格好が大きいので
とても着られないのです。

身長体重が祖母とほとんど変わらないのはわたしだけ。
すこし袖が短いのですが、着丈は問題なし。
なんだか悲しい …

♪ MAKSIM


[タグ未指定]
[ 2007/12/26 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Le Cygne

「やっぱり子どもにもチェロを習わせるのかな?」

今日も話題は妹のこと。

妹とその彼の出会いは大学のオーケストラ。
2人ともマイチェロを持っています。

新婚夫婦の家にチェロが2台。
ちょっとすごいですよね。

1台でもかなりの場所を必要とするチェロ。
それを2台置くとなると、なかなか大変だよなぁと他人事ながら心配してましたが、
結婚後、妹のチェロは彼のご実家に置いてもらうんだそうです。
なぜウチではないのか疑問は残るのですが、あえて訊きませんでした。

「どうなんかねぇ、まずはピアノって言ってたけど。」
「ふぅーん」

せっかく、チェロのある家庭に生まれ育つのにもったいないと
わたしは思うのですが、みなさんはどう思われます?
まぁ、弦楽器は小さい頃からやるとお金がかかりますから(苦笑)
でも、どうせやるなら、小さい頃からやった方がいい楽器ではあります。

♪ Saint-Saens


[タグ未指定]
[ 2007/12/25 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Schwanengesang, D.957, "Serenade"

そういえば、と母が徐に切り出した話に、一瞬言葉が詰まりました。

「新居に引っ越す時に、このピアノを持っていきたいんだって」

妹とわたしが実家を出てしまってからは、インテリアと化しているピアノ。

飴色がかった煉瓦色とでもいったらいいんでしょうか。
そう、YAMAHAでもKAWAIでもない、ドイツピアノ(ベヒシュタイン)なんです。

鍵盤のタッチ、音の透明度。
国産ピアノとは、根本的に違うと感じるのは愛着ゆえでしょうか。

Steinway&sonsも何度か弾く機会に恵まれ、
その音はやはり一級品の風格に包まれていますが、
「わたしのピアノ」の音が一番好きだったりします。

そんなわけで、手元に置いておきたいピアノではあるのですが
独り暮らしをしている間はピアノに触れる余裕はなさそうですし、
結婚の予定もないので、妹に譲ることにしました。

「じゃあ、恋詩は、おばあちゃんちの(ピアノ)、貰う?」
「あれはおねえちゃんのでしょ」
「いらないんだって」
「わたしも、あれはイヤ」
「かわいそうに、あのピアノ、みんなに嫌われて」

祖母の家にあるのは従兄・従姉が使っていたKAWAI。
鍵盤も音も、全体的に重い感じがするピアノです。
あのピアノの音が好きだという人もいると思うのですが、
本来の持ち主にまで、愛想着かされてしまうのは、
なんともかわいそうなピアノです。

貴女の好きなピアノは、どんな音色を奏でる楽器ですか?

♪ Franz Schubert


[タグ未指定]
[ 2007/12/24 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Dark Eyes

今日は、取引先課長の誕生日。

そんなわけで、おめでとうメールを送っておきました。

こんなことをするから、あらぬ誤解を招くのだと言われるでしょうが
嫌われるよりは、好かれていた方が仕事はしやすい。
仕事の出来る男ならば、なおのこと。
敵に回すといいことありませんからね。

そう。
わたしの頭は、すでに復職後に向けて回転しているのです。

♪ Russian Folk Song


[タグ未指定]
[ 2007/12/23 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Symphony No.40 in G, K.550

年賀状、一筆を添えて、投函し終えました。
皆様のお手元に、元旦には届くと思います。

ペーパークラフトのクリスマスカードを作成するつもりだったのですが、
こちらは間に合いそうにないので、あえなく断念。
来年こそは … (苦笑)

♪ W.A.Mozart


[タグ未指定]
[ 2007/12/22 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

さよならの水彩画

中学・高校時代の美術の成績。
とても波がありました。
造形やデザインがテーマの時はいいのですが、
写実の時には、目も当てられなかったものです。

そんなわたしですので、お絵かきは好きではありません。
それなのに、母は何を思ったのか、「おとなのぬりえ」というのを
娘に買ってきました。

水彩色鉛筆で着色すると、それなりに仕上がりました。

♪ 徳永英明


[タグ未指定]
[ 2007/12/21 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Nessun Dorma from Violin Fantasy on Puccini's 'Turandot'

根本橘夫 『なぜ自信が持てないのか 自己価値感の心理学』

underestimate

学生の時、よく教師から言われてました。

どんなに頑張っても、「まだまだ」としか思えないのは、
我ながら、悲しいことだと思います。

でも。
underestimateはoverestimateの裏返しでもあると思うのです。
自分には、もっと出来るはず。
「本当の自分」は、こんなはずない。

underestimateにしてもoverestimateにしても。
「自分」を正しく評価できないという点において、同じなんですよね。

♪ Giacomo Puccini / Vanessa-Mae


[タグ未指定]
[ 2007/12/20 23:59 ] book | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Romeo and Juiet

今日は通院日でした。

年明けの診察時に北九州の病院への紹介状をもらえることになり、
やっと前進です。

上手くいけば、その時に復職可の診断書も書いてもらえるかも。

わたしの医師を尊重してくれる医師。
それが良いのか、悪いのか、はっきりとはわかりません。

でも、この閉塞感から抜け出したいという気持ちを
ちゃんと汲んでくれる医師とでないと、
わたしの生活全体は改善しないと思うのです。

思っていること、抱えていることを
包み隠さず相談できる、そんな医師とパートナーを組みたい。

「病気」との付き合いがいつまで続くかわからないからこその願いです。

♪ Nino Rota


[タグ未指定]
[ 2007/12/19 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

太陽の地図

唯川恵 『永遠の途中』

今とは違う人生を歩んでいたら、もっと幸せになれたのではないか。
人は、現状に満足することを知らないイキモノらしい。

この道でよかったのだろうか。
多分、最期まで迷子なのだ。

♪ MISIA


[タグ未指定]
[ 2007/12/18 23:59 ] book | TB(0) | CM(0) | EDIT |

種をまく日々

ようやく年賀状の準備にとりかかりました。

ハガキ分については、今年は、会社名義で出す
年賀状の割り振りがないので、枚数も少なく、
1週間以内に投函できそうです。

電子年賀分は … ガンバリマス

♪ 中孝介


[タグ未指定]
[ 2007/12/17 13:22 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

月光

加藤諦三 『だれにでも「いい顔」をしてしまう人 嫌われたくない症候群』

この手の本というのは、非常によく分析されていて、
核心を突いているのだけれど、
問題(現状)を解決するための手段の提示がやや弱い。

摂食障害にしても、「嫌われたくない症候群」にしても、
根源を突きつめると家庭環境であると結論付けられている。
個人の性格/性質がそうであるように、家族の体質というのもまた
一朝一夕に変わるものではない。
いまさら、生育環境のせいであると言われても困るのである。

♪ DREAMS COME TRUE


[タグ未指定]
[ 2007/12/16 23:59 ] book | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Hungarian Rhapsody No. 2



今夜は、お得意先のオクサマからご招待を受けて、
ピアノコンサートに行ってきました。
技巧はもちろんなのですが、
一台のピアノでこれだけのボリュームが出るんだぁと
鳥肌がたちました。

音色は、なんとなくセクシーで、気持ちのよいひとときでした。

「仕事じゃなくて、また遊びにいらっしゃい」と
オクサマから声をかけていただけたこと。
受付の人たちに顔を覚えてもらえたこと。
取引先の社長に名前を覚えてもらえていたこと。

「今の担当者じゃなくて、貴女がいい」
それは社交辞令やお世辞かもしれないけれど
顔や名前を覚えてもらえていたことと
体調を気遣ってもらえたことは、
わたしが1年かけて積み上げてきたものの成果のように感じられて
とても嬉しく思いました。

♪ Franz Liszt


[タグ未指定]
[ 2007/12/15 23:59 ] live | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Every Year, Every Christmas

「わたしの別荘」というか「本宅」に逃げてきました。

お得意先のオクサマから、
15日18:00~ピアノコンサートのお誘いをうけていたので、
ちょうどよい口実になりました。

昨年、得意先の忘年会で貰ったツリーも飾り

プラグインにもツリーを飾ってみましたよ→

♪ Luther Vandross


[タグ未指定]
[ 2007/12/14 19:38 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

マイ フレンド

夜、やっと自室に戻ることが許されると
気が緩むせいなのでしょうか。

不穏になります。
具体的に何がというわけではないのに、
切なくなって、寂しくなって、涙が出てくる。

体重は順調に増加しているし、
親の前では、よくしゃべるから
改善の方向に進んでいると両親は思い込んでいる。

だから、余計に、わたしはしんどい。

そんなわけで、明日からまた、家出します。

♪ ZARD


[タグ未指定]
[ 2007/12/13 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

ひとりでに

「結婚してくれない相手と、なんでいつまでも付き合うかなぁ」
「わからないでもないよ」
「そう? でも、もう31なのに … 」
母のぼやきは従姉に向けられたもので、ずるずる続く。

「付き合うなら、バツなし、コブなし、結婚する気のある人にしなさいね」
「ん、参考までに聞いとく」

母は知らないのです。
まだ、例のカレ(バツあり、コブあり、結婚する気なし)と
ずるずる続いてしまっている娘の実情を。

わたしはね、従姉の気持ち、よくわかるんです。
でも、弁護にまわってあげることができない。

だって、仕方ないでしょ。
従姉もわたしも。
たまたま、好きになってしまった人がバツいち、子持ちだったんだから。
結婚してもらえないとわかって、パッと気持ちをきりかえられるなら
こんなに苦しんでないんだから。

♪ 一青窈


[タグ未指定]
[ 2007/12/12 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(1) | EDIT |

大阪LOVER

父「明日、大阪で研修なんだけど」
わたし「いってらっしゃーい」
父「新大阪から本町。JRで大阪駅に出て、
 四つ橋線に乗り換えるのって面倒?」
わたし「新大阪から御堂筋線に乗り換えるのがいいと思うよ」

父とわたしのそのやりとりを
母は面白くなさそうにみてました。

広島市外の地理感覚が全くない母は、
自分にわからない話で盛り上がられるのがイヤみたいです。

そんな母をみて、かわいいなーと思うわたしです。

♪ DREAMS COME TRUE


[タグ未指定]
[ 2007/12/11 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

新しいラプソディ

父の探し物を見つけるために、
クローゼットの中をごそごそしていたら …

「読書感想画コンクール賞状」なるものが出てきました。
受賞したのは中学3年の時。

母「こんなのあったっけ?」
わたし「そういえばあったねぇ。わたしも忘れてた」
母「どんなのだっけ?」
わたし「炭火」
母「え?」
わたし「童門冬二の『上杉鷹山』を読んで書いたの」
母「中3の時に? 渋すぎ …」
わたし「いいの、わたしの大好きな1冊なんだから」

それなのに、父がその本を売ってしまっていたことが
その夜、判明。

また買おうかな …
ひと歳とって読むと、また違ったことを感じるだろうし。

♪ 井上陽水


[タグ未指定]
[ 2007/12/10 23:59 ] book | TB(0) | CM(0) | EDIT |

私だけの天使 ~Angel~

今日は、従兄から彼の娘の写真が送られてきました。

もうすぐ6ヶ月。

生まれた当初から"男前"と言われ続けていた彼女ですが
ここにきて、ようやく女の子らしさが出てきました(笑)

これからも、わたしたち親族に笑顔と話題を振りまいてくれることでしょう。

♪ 松田聖子


[タグ未指定]
[ 2007/12/09 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

SNOW DANCE

アドベントに少し遅れをとってしまいまいしたが、
クリスマス仕様に変更しました。

♪ DREAMS COME TRUE


[タグ未指定]
[ 2007/12/08 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

ニンテンドッグス


みなさん おひさしぶりです。
こたろうとあんずです。
12月になり、2頭にも冬の装いをさせてみました。
いかがでしょうか?

あまりにもなかよしな2頭に
ときどき やきもちをやく バカ飼い主です。


♪ nintendogs

[タグ未指定]
[ 2007/12/07 23:59 ] dogs | TB(0) | CM(1) | EDIT |

アピール

これがイヌやネコだったら、買っちゃうかも。

そう思ってしまったのが、PLEO
ニュースや情報番組等でご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

AIBOやASIMOから約10年。
技術革新は目覚しいですね。

トヨタが開発したバイオリン演奏ロボットにもびっくりしました。
間違いなく、わたしより上手に演奏するわ(笑)

♪ DREAMS COME TRUE


[タグ未指定]
[ 2007/12/06 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(5) | EDIT |

Close To You

共済金の振り込み通知が届きました。
思ったより早かったのでびっくり。

これとは別に、生命保険会社の入院保険金もあるので、
入院中にかかった費用は、ほとんど回収できる見込みです。

… にしても。
通院にかかる費用は、やっぱり大きいんですよねぇ。
広島に転院してからは、通院回数が減ったから、
まだ何とか助かってますけど。

♪ CARPENTERS


[タグ未指定]
[ 2007/12/05 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Slow Motion

年賀状の準備、はかどってますか?

わたしは全然です。
クリスマスカードさえ、まだ準備できていません。
そろそろ、やり始めないとなぁ …

♪ Full Of Harmony


[タグ未指定]
[ 2007/12/04 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(1) | EDIT |

甘いお話part3

相変わらず引きこもりです。

気分がのらないせいもありますが、
ご近所の目が気になる、というのも理由の一つです。

同じ年頃の子どもを持つ母親は、恐ろしいほどに目を光らせているんですね。
誰が、どこの高校から大学へ進学し、
どこへ就職して、どこで暮らしているか。
たまに、帰省している子(特に娘)を見かけると、
そろそろ結婚なんじゃないかと、あっという間に噂が広がる。

実家に戻ってきて約1ヶ月。
ご近所のおばさまたちは、母に、
「娘さんらしき人を見かけたんだけど」と
再三、探りを入れているようです。

病気で休業中なのだとはっきり言ってもらった方が
わたしはすっきりするのですが、病気が病気だけに、
両親は言いたくないのだそうです。
隠せば隠すほど、いろんなことを言われてしまうのが世の常なのに。

そんなわけで、なぜかこそこそ、ひっそりと生活しています。

♪ 広瀬香美


[タグ未指定]
[ 2007/12/03 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(2) | EDIT |

弾丸ファイター

アジア野球選手権、第2戦。

みなさん、肩こりませんでした?
我が家は、試合終了時には家族全員ぐったりしてました(笑)

♪ SMAP


[タグ未指定]
[ 2007/12/02 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |