2011 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 04








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | EDIT |

光の川

なんだかすっかり、涙もろくなってしまった。

ニュースを観ているだけで、涙が出てきちゃう。

わたしは、わたしなりに。
いまできる精一杯で。
頑張っているのに、虚しいことばかり。寂しいことばかり。切ないことばかり。

…また、持病が悪化し始めてるのかな?
それさえ、誰にも相談できない。

悪循環。

ねぇ、わたしが悪いのかな?

♪ スガシカオ

スポンサーサイト
[タグ未指定]
[ 2011/03/29 23:22 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

はつ恋

メールへの返信があったのは14時間後のこと。

そこには、「会いたい」も「おいで」もなかった。

予想はしていたけれど、すこしだけ、期待もしていた。

カノジョとどんな時間を過ごしたの?

私には、それを訪ねる権利もない。

♪ 福山雅治

[タグ未指定]
[ 2011/03/27 21:35 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

好きで、好きで、好きで。

私の誕生日だって、本当は知っててもらいたいけれど。
そんなこと言えない。

貴方の誕生日だから、会いたいなんて、私には言えない。

だから、ずっと待っていたのに。

「会いたい」という貴方からのメールを。

なのに、否、だから、やっぱり。
来なかったね、貴方からのメール。

きっと、カノジョと一緒なんだね。

わかってたのに、ちょっと辛い。

♪ 倖田來未

[タグ未指定]
[ 2011/03/26 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

桜の木になろう

京都3日目。

DSCF0042_convert_20110326230140.jpg DSCF0040_convert_20110326230039.jpg

今日は建仁寺へ。
双龍図は圧巻。独り旅だったら、何十分でも見上げていたのではなかろうか…
綴プロジェクト作品展 期間中だったのは、運が良かったかもww
これも、本当はもっとじっくり観たかったのよねー
マニアには程遠いけれど、日本史好きの私にとっては、教科書の写真でみていた
あの絵、この絵が、複製とはいえ、目の前にあるというのは興奮ものなわけで。

DSCF0067_convert_20110326225016.jpg DSCF0069_convert_20110326225717.jpg DSCF0070_convert_20110326225620.jpg


本当は、昨日の夜、着物を着て歩きたかった花見小路。
お座敷遊びは出来ないけれど、花街の雰囲気を楽しんでみたかったんだけどな…

まぁ、昨日、南座で舞妓さん、芸妓さんを見かけられたからよしとしますけど。

午後からは古着屋ショッピング。
2枚の小紋と名古屋帯は納得の購入だったけれど、
帯留めと帯揚げ・帯締めセットはちょっと不本意。
帯留めは母に買ってもらったからよしとするけど。

♪ AKB48

[タグ未指定]
[ 2011/03/22 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

悲しみにさよなら

DSCF0017_convert_20110325171408.jpg

今日は、南座での歌舞伎観劇がメイン。
いやぁ~よかったです。また、観たいなww

本当は、1人旅の予定だったのに、気付けば、親と一緒に行くことになってしまっておりました。
昨日・今日は父、今日・明日・明後日は母。

観劇後、父を見送りに京都駅に行くことになったのが、
私の2度目の誤算。
予定が大幅に狂ってしまいました。

一度ホテルにチェックインしてから出直した東山。
青蓮院では、もっとゆっくり過ごしたかったし、
安井金刀比羅宮は、日中に出かけて、お守りだって買いたかったのに。

一人旅したいから、来ないでと言えなかった不満が
どんどん大きくなって、道中わたしは、ずっとイライラ。
両親が気付いてたかどうかは知らないけれど。

独りで来ていたら、もっと楽しめたのかなと思うと、
本当に悔しくて、悔しくて。

そんな風に思ってしまうわたしは、親不孝ですか?

♪ 安全地帯

[タグ未指定]
[ 2011/03/21 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

しあわせについて

DSCF0002_convert_20110326224108.jpg

大徳寺大仙院、金閣寺、正伝寺。

私の京都旅行に乱入してきた父のチョイスです。

北山ではなく、東山に行きたかった私。
そんなこと、おくびにも出さなかったけれど。

大徳寺では、尾関宗園和尚にお会いしました。
貴重な経験でした。明るくて、気さくな和尚さん。

…だけど、私は傷ついた。

和尚さんと父に、バカにされたと感じたから。

気は長く、心は丸く、腹は立てず、口慎めば、命長し、人を大きく、己を小さく。

座右の銘にしようと、感銘を受けたのに、
それさえも吹き飛びそうになるほどに。

庭園や寺院の維持に莫大な費用がかかるのは理解できるけど、
あんなに露骨に商売されると、退いてしまう。
短冊やら、色紙やら。買おうと思っていた気持ちも萎えてしまった。

ホテルに戻ってから見せられた見合い相手の写真など
どうでもいいと思うには十分なほどに。

この旅行中、私はすっかり、投げやりになってしまっている。
そんな心を癒し、立て直すために、京都旅行を思い立ったのに。
両親が同行したいと言い出した時から、それを強く断りきれなかった時から、
歯車は狂い始めていたのだろうか。

♪ さだまさし

[タグ未指定]
[ 2011/03/20 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

泣けちゃうほど せつないけど

お父さん、お母さん、ごめんなさい。

あなたたちの娘は、第三者から愛情を注いでもらえるような存在ではないようです。

「付き合って」もいいけれど、恋愛の対象にはなりえないんですって。

今夜は、先輩からの話で40バツイチ男と「会う」はずだったのに、
「会う」価値さえないみたいです。
20時頃の予定だったのに、22:30を回った今になっても連絡すらありません。

もうこれで、3人目?4人目?

平和の祈り
わたしをあなたの平和の道具としてお使いください
憎しみのあるところに愛を
いさかいのあるところにゆるしを
分裂のあるところに一致を
疑いのあるところに信仰を
誤っているところに真理を
絶望のあるところに希望を
闇に光を
悲しみのあるところに喜びをもたらすものとしてください
慰められるより慰めることを
理解されるより理解することを
愛されるより愛することを
わたしが求めますように
わたしたちは与えるから受け
ゆるすからゆるされ
自分を捨てて死に
永遠のいのちをいただくのですから



もっと周りに無関心になれば、
怒りも悲しみもない世界にいられるのかな?

もう、疲れたよ。。。

♪ 岡本真夜

[タグ未指定]
[ 2011/03/14 22:44 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Blue Bird

大学生の就職大氷河期&奨学金拡充奨励報道に違和感を覚えるのは、わたしだけなのか。

この2つの話題。根は1つ。

奨学金拡充を各コメンテーターが唱えるきっかけとなったのは、
大学生の仕送り金額が30年前の水準である一方で、奨学金も狭き門であるという事実。
これを、マスコミが曲解していると思う。
確かに、不景気続きで、親世代の収入は伸び悩み、仕送り金額は減っているだろう。
ここからが問題だ。
奨学金が狭き門であるために、学生の学ぶ権利が脅かされているとコメントする人のなんと多いことだろう。
そんな人には、ぜひ、キャンパスを見てきて欲しいと思う。
本気で勉強している学生が、いったいどれだけいるだろう。
多くの大学生は、就職活動前の2年半を人生におけるロングバケーション程度にしか考えていないのではないだろうか。
全入時代を迎えている大学。30年前とは違って、大学という場で学ぶ資格のない人たちも
進学することが当たり前になった平成という時代。

本当に学びたい学生は、親が貧乏であればあるほど、高校生の時から一生懸命勉強して、
何とか奨学金を得られるレベルにまで到達している人がほとんどなのではないだろうか。
才能があって、意欲があって、それでも経済的に苦しくて大学進学を思いとどまっている生徒がいるとしたら、
それは、国税を使ってでも、進学させてあげるべきだと思う。
だけど、いまの大学生のほとんどは、それほどの価値もない人が大半ではないだろうか。

そんな、こんなで、「名ばかり大学生」が大量生産される。

だって、おかしいではないか。
数年前から、団塊世代の大量退職が進み、新卒採用枠は増えると考えられていたはずだ。
確かに不景気続きで業績が伸びない企業を多いので、採用を見合さざるをえない企業もあるだろう。
だけど、こんな時代だからこそ、本当に優れた人材は、複数社からの内定を獲得し、
大卒待遇に見合わないと見なされる「名ばかり大学生」は、3月のいまになっても内定が出ない。

大学を卒業していれば、有名企業に就職できる時代は終わった。
それは、本当に優秀な、向学心ある人たちが進学していた時のハナシ。
あるいは、バブル絶頂期のユメ。

自分の身の丈にあった、就職先を探せば、こんなにたくさんの内定ゼロ4年生が溢れるはずはない。

世間のせいにしている大学4年生たちに私は言いたい。

あなたは、4年間、本当に勉強をしていましたか?
自己研鑽に励んでいましたか?

資格ゼロの履歴書と可オンパレードの成績表では、就職が厳しいのも当たり前だと思いませんか?

クリティカルに報道するコメンテーターが1人くらいいてもいいと思うのだが…

♪ コブクロ

[タグ未指定]
[ 2011/03/06 23:43 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。