スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | EDIT |

Concerto No. 4 in E minor for Piano and Orchestra

女信長 (新潮文庫)女信長 (新潮文庫)
(2012/09/28)
佐藤 賢一

商品詳細を見る


新潮文庫の活字が好き。
新潮文庫の手触りが好き。

本を手にしているだけで、幸せな気持ちになる。

その、幸せの中に、ずっと浸っていられたらいいのに。

男社会の中で、侮られないように、気を張って生きている毎日。

小説の中で、信長と御長を、使い分けて生きている姿がうらやましかった。

わたしも、そんな風に生きられたら …

でも、わたしには、そんな権利も資格もない。
きっと、わたしは、社会の底辺に生かされているだけのイキモノなのだから。

♪ Andre Mathieu

スポンサーサイト
[タグ未指定]
[ 2012/11/30 23:59 ] book | TB(0) | CM(0) | EDIT |

常套句

大人的恋愛事情 (Berry’s Books)大人的恋愛事情 (Berry’s Books)
(2012/10)
新井 夕花

商品詳細を見る


美人じゃないし、スタイルがいいわけでもない。
仕事はそこそこやってるとは思うけれど
日常生活は怠惰の塊。

だから、諦めの境地に立つしかない。

それでも、時折。
男の人から、優しくしてもらいたくなる。
甘えたくなる。
泣きたくなる。

だけど、全部、独りで抱えてるだけ。
誰に聞いてもらうでもなく。
誰に受け止めてもらうでもなく。

これからまだ、何十年も、耐えていかなければいけないのに。
三十女は、もう、疲れてる。

♪ Mr.Children

[タグ未指定]
[ 2012/11/29 20:48 ] book | TB(0) | CM(0) | EDIT |

End of the day

今週末に迫ってきた、後輩の結婚式。

いまさらながらに、ドレスの色に悩んでいる。

ピンクはこんな時しか着ることが出来ないデザインで。
妹の結婚式に来て以来。
着たいな、って思う。

でも、後輩の結婚式で。
わたしは、三十歳で。
それなのに、ピンクでいいのかな?って。

ベージュのワンピースや黒のワンピースにした方が無難じゃない?って。

誰に見せるわけでもない、誰に見てもらえるわけでもない。
どんなに可愛く着飾ってみたって、誰もわたしに注意なんて払わないんだから。

でも、だったら。
この際、ピンクでもいいかって思うわたしもいる。

きっと、当日まで悩むんだろうな。
独りで。

♪ Mr.Children

[タグ未指定]
[ 2012/11/28 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Woman "Wの悲劇" より

むなしい、わびしい、さみしい。

そんな言葉ばかりが、朝からわたしの中で渦巻いている。

特に"何"があったわけでもないのに。

♪ 薬師丸ひろ子 / 平井堅

[タグ未指定]
[ 2012/11/27 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

花は咲く

昨日のNHK杯エキシビションについて、遅ればせながら。

鈴木明子選手
シェルブールの雨傘
泣いているようなバイオリンの音色にしっとりとした滑り。
衣装も素敵。あぁ、このプログラム、好きだなぁ …

○高橋大輔選手
ブエノスアイレスの春
個人的には、これをFSで観たいんですが。
アンコールで"エル・マンボ"
これは、ズルイ!(笑)
なんて贅沢な2本立て。
まだ、高橋大輔選手の演技を生で観たことはないのですが、
どうせ観るなら、このプログラムがいい、といつも思ってます。

○バザロワ/ラリョーノフ組
ロシアらしい繊細さ。
バレエの一幕を見ているよう。

浅田真央選手
メリー・ポピンズ。
このナンバーを滑っている時の彼女の輝きって
ひときわだよなぁってThe ICEで観たときから思っていました。
確かに、彼女の演技と笑顔は、日本を元気にするのかもしれないって
大阪の会場で感じたことを思い出しました。

○メリル・デイヴィス/チャーリー・ホワイト組
Someone Like You
いいなぁ … この二人。妬けちゃう(笑)
Exは佳菜ちゃん(村上佳菜子選手)と一緒で、
FSは結弦くん(羽生結弦選手)と同じ。
なんだか、すごい偶然ですね。
The ICEで生の演技を観てから、すっかりメリチャリの虜ですvv

羽生結弦選手
やっぱり「花になれ」を披露してくれましたね。
期待していたファンは、わたしだけではないはず。
(指田郁也さんも会場でご覧になられたようですね)
口ずさみながら演技している様子が印象的です。
FaOIで観たときと、少し振付が変わってる気がしたのは、
気のせいでしょうか?時間が短くなった?
それよりも気になるのは左手首のテーピング。
ジャンプの失敗の時に痛めたのかしら? 大丈夫でしょうか?
このプログラムを仙台で最終滑走で、滑れたこと。
ご本人も感慨一入のことでしょう。
「パリの散歩道」は昨季のFSと合わせて、
羽生選手の代表プログラムとなるのでしょうね。

○フィナーレ
ドーモくんたちと戯れる結弦くん
そのかわいさは反則でしょう(笑)

来年のNHK杯は東京なのね。
GPFは福岡だから、観に行きたいのだけれど …
期初だからねぇ … 

ついでに。
「サンデースポーツ」で浅田真央選手が着ていたドレス、かわいかったvv

♪ NHK東日本 大震災プロジェクト

[ 2012/11/26 00:00 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Rolling in the Deep

さて、NHK杯が終わってWorld Standingsが更新されました。

シーズン初めの試合が羽生結弦選手はFinlandia Trophy(国際B)、
高橋大輔選手はJapan Open(ISU公認)だった影響で、
羽生結弦選手が現時点で高橋大輔選手を抜いて第2位となりました。
2位 羽生結弦選手
3位 高橋大輔選手
7位 小塚崇彦選手
10位町田樹選手
13位織田信成選手
18位無良崇人選手
と世界のTOP20に、日本人選手が6人、ひしめいています。
昨日、太田由希奈さんもおっしゃっておられましたが
GPFに4人の日本人選手が出場するのに、五輪枠は3枠しかない。
だから、B.Orserコーチも
「(今後は)ファイナルもあるが、全日本選手権に照準を合わせたい。」と
コメントせざるをえなくなるわけですよね。


これが、シーズンランクとなると、もっと凄くて …
1位 羽生結弦選手
2位 町田樹選手
4位 織田信成選手
7位 小塚崇彦選手
11位高橋大輔選手
16位 無良崇人選手
となります。
このランキングも、国際B大会へのエントリーの有無が大きく影響していますね。

歴代最高得点も更新されて、1位、2位に羽生結弦選手の名前が並んでいます。
総合得点のPBランキングでも、今回のNHK杯の結果で、羽生結弦選手は4位に浮上していきました。
ちなみに、FSのPBランキングは、P.チャン選手(2011 World)、高橋大輔選手(2012国別)、
小塚崇彦選手(2011World)、E.プルシェンコ選手(2012欧州)に続いて5位(2012World)です。

FSの精度が上がれば、FSランキング(そして総合得点ランキング)でも、
もっと上位が期待できますね。

昨日から、いろいろな英語記事を訳していて、ふと思ったのですが。
Japan Timesだけが、明らかに他とは、英文の構成が違うんですよね。
なんでかなー。Japan Timesの記者も外国人なのに。
他の英語記事は、ISUのプレス発表を元に書かれているのですが、
Japan Timesだけは、先週の日本語のコメントを直で訳してるってことなのかしら?
うーん … 謎。
まぁ、違う文章の方が、勉強になるからいいんですけど。

エキシビションの感想は、また明日。

♪ Adele

[ 2012/11/25 21:11 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |

【Japan Times】羽生と真央がNHK杯で優勝

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2012/11/24 23:59 ] English article | TB(-) | CM(-) | EDIT |

【icenetwork】急成長:羽生が高橋を抑えて優勝

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2012/11/24 23:59 ] English article | TB(-) | CM(-) | EDIT |

【Golden Skate】地元リンクでの優勝を羽生は喜ぶ

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2012/11/24 23:59 ] English article | TB(-) | CM(-) | EDIT |

Shooting Star

GPシリーズ最終戦 NHK杯男子FS。

○ケビン・レイノルズ選手
この曲、好きかも。
後半にクワドを跳んでくるのか …
4回転の申し子なんて言われた時期もあったものね。
3Lzは跳ぶ前から軸が曲がっているのがわかりました。

○ロス・マイナー選手
アメリカと言えば、アボット、リッポンのイメージが強くて、
正直、あまり印象になかった選手ですが …
4S着氷しましたね。
しかも、カナダ大会ではステップシークエンスでレベル4をとっていたなんて。
侮り過ぎてました、ごめんなさい。
でも、なんだろうな … いま一つ、華やかさに欠けるというか、なんというか。
うーん … わたし好みじゃないってだけかしら?

○ハビエル・フェルナンデス選手
4Tは軸がずれましたね。珍しい …
4Sはきれいに着氷。
せっかくだから、もう少し、織田選手ばりのおどけた表情ができれば面白いのになぁ …
チャップリンぽさは、かなり出ているけれど。
今日は4Tが調子が良くないみたい。
ありゃりゃ。このジャンプの崩れ方は、
まるでSkate Americaの羽生選手をみているようで …
3Fも跳んだ瞬間に軸がずれてましたね。
3Sも跳んだ瞬間に転倒が予想できるようなものでした。
らしくない、というか、なんというか。
今日は、Kiss & CryにB.Orserコーチがいてくれて、よかったですね。

○高橋大輔選手
うわぁ … 高橋選手への歓声の大きいこと。
そっか、3連覇がかかってるんですね。
課題の(?)4Tは決まりましたね。
2本目も両足着氷ながら、転倒せずにまとめることができましたね。
本人は、かなりの手ごたえを感じているのではないでしょうか。
ん? ステップで、ひっかかった?
3Aは跳び上がってすぐに軸がずれたのがわかりました。
PCSの高さは流石ですよね。

羽生結弦選手
ジャンプの構成を変えたんですね。さて、どんな仕上がりか …
冒頭の4Tの着氷出来て流れに乗れるかと思ったのですが、
4Sは転倒をなんとか免れたという感じ。
無理な体勢で踏ん張れば、体力も消耗するはず。
動揺が、前回のように影響しなければよいのですが …
3Fはきれいに決まりましたね。
3A+3Tも美しい!
2つ目のコンビネーション、2個目をつけられませんでしたね。
やっぱり、このプログラム、体力的に厳しいんだろうな …
少し、疲れが見えるような気がします。
3Lzは転倒ですね … これがなかったら、もう少し長くイナバウアーを見れたかな?
スピンも途中でひっかかって、止まっちゃうし。
もうすでに、バテバテじゃないですか。 大丈夫かしら?
首を捻って、顔を両手で覆って、「やっちゃった」っていう表情ですね。
奈々美コーチ流に言うなら「やっぱりお土産付きだね」というところでしょうか。

演技後、氷をなでていた姿がとても印象的でした。

高橋選手やP.チャン選手が安定したPCSで得点の土台を築いている中で、
羽生選手はやはり、PCSをもう少し伸ばしていきたいところですね。
ジャンプの構成を変更して高得点になるようにしたのに
Finlandia Trophyの時の技術点に届かなかったというのは、
スタミナ切れが露呈してしまった影響でしょうね。

NHK杯初優勝、GPシリーズ初の完全優勝。
おめでたいのですが、SPの完成度があれだけ高かっただけに、
FSが残念に思われて仕方ありません。
振り返ってみて、ミスが一番少なかったのがFinlandia Trophyだった
なんてことには、ならないと信じています。

さて、明日のEx。
披露してくれるのは「花になれ」なのでしょうか?
やっぱり、期待してしまいますvv

…ということで、今日のタイトルを"Danse mon Esmeralda"にすることはやめました。
GPFでは、"Danse mon Esmeralda"をタイトルにしたい!
クリーンなFSを観たい!

これで、GPFのエントリーが全て出そろいました。
Patric CHAN
羽生結弦
小塚崇彦
町田樹
高橋大輔
Javier FERNANDEZ
この顔触れを見て、World Figure Skatingは

GPFinal in men's will be like mini-Japan championships and it will be a pleasure to watch!
(男子のグランプリファイナルはまるでミニ全日本選手権のようだ。楽しみだね!)


とTweetしています。
本当に、ねぇ。でも、わたしが期待していた通りになりました。わーいvv

でも、本家の全日本選手権は、もっと熾烈。
仏杯優勝の無良選手だって、スケートカナダ3位の織田選手だって、
悔しさをかみしめながら、全日本の表彰台に向けて練習を重ねてくることでしょう。

全日本選手権にP.CHAN選手やJ.Fernandez選手を招待選手として招いた方が
迫力があるんじゃないかしら?なんて、思ってしまうほどです。
だって、GPシリーズ6戦のうち4大会が日本人選手の優勝なんですよ?
GPFだって6人中4名が日本人選手なんですよ?

日本女子だって、フィギュア界は実力者揃いだけれど
いまの男子は、本当に黄金期!
シーズン後半も、まだまだ楽しみは尽きません。

ここからは女子。
○エレーネ・ゲデバニシビリ選手
衣装が変わってますね。
左肩のテーピングが痛々しい …
ミスが見られましたが、ご本人の表情がとても明るいですね。

鈴木明子選手
冒頭はきれいな滑り出しですね。
3F前の構えには、なんだかひやっとしましたが …
3Loの着氷もこらえましたね。
演技中盤は表情も険しく感じられましたが
コレオグラフィックシークエンスからは明子ワールドが開花って感じでしたね。
本人もご満悦のご様子で、何よりです。
SPで躓いて、FSで巻き返すという展開は、昨年の羽生選手のようですね。
今季はSPが鬼門となっている感がありますので、
精度UPを期待したいと思います。

○李子君選手
まだあどけなさの残る15歳。
スピンのフォームは綺麗でしたね。
中国大会の時も思いましたが、応援してあげたくなる感じの選手です。
今大会で全てがPBだというのですから、文字通り伸び盛りなのでしょうね。

○長洲未来選手
折角得られたNHK杯の出場権。
気迫のこもった演技でしたね。
全体的に「迫力」のあるプログラムという印象を受けます。
シーズンベストで現時点2位。
鈴木選手の2位以上が決まりました。

浅田真央選手
スタートのポージングが鈴木選手と重なる …
なんて思ったのは、わたしだけでしょうか?
あら、サルコウが抜けてしまいましたね。
中国大会の時と較べると、少し、お疲れな印象なんですけど
気のせいでしょうか?
ご本人の演技直後の表情が曇っていましたから、
当たらずとも遠からずってところかもしれません。
3回転が軒並み2回転になってしまったという展開は、
ロシア杯のP.チャン選手を思い出してしまいますね。
0.05差での優勝。PCSで点数を稼ぐところまでP.チャン選手みたい。

結局のところ。男女シングルに関して言えば、誰もクリーンな
会心の演技は出来ない中での闘いだったということになりますね。

鈴木選手も浅田選手も、そして羽生選手も高橋選手も。
ファイナルの舞台では、ぜひ、SP・FSともにクリーンな
会心の演技を見せていただきたいものです。

アイスダンスは、まだほとんで演技を確認出来ていないのですが、
メリチャリのFDは観ました!
圧巻ですね。
メリルを輝かせるために存在するチャーリーがかっこよすぎる!
いいな、いいなぁ … メリチャリ組vv

今日のFSについての海外記事の和訳作成とアイスダンスの動画チェック。
Exもあるし、明日もまだまだフィギュアスケート漬けになりたい気分だけど、
実生活や仕事のことにも着手しなきゃ(大汗)
3連休なんて、本当にあっという間。
もうちょっと休みが欲しい … なんて思うけれど、期末・期初の年末には
無理な相談よね(苦笑)

♪ OWL CITY

[ 2012/11/24 22:46 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |

【Japan Times】羽生は自身のSP世界記録を打ち破った

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2012/11/23 23:59 ] English article | TB(-) | CM(-) | EDIT |

【icenetwork】勢いのある羽生がNHK杯で自身の記録を更新

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2012/11/23 23:59 ] English article | TB(-) | CM(-) | EDIT |

【Golden Skate】NHK杯で羽生が世界新記録

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2012/11/23 23:59 ] English article | TB(-) | CM(-) | EDIT |

【WFS】羽生結弦、世界記録更新

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2012/11/23 23:59 ] English article | TB(-) | CM(-) | EDIT |

Sicilienne Op78

NHK杯開幕。

・J.フェルナンデス選手
手堅くまとめてきましたね。
全体的にジャンプが重たく見えた気もしますが。
羽生選手が次の滑走のため、Kiss & CryにB.Orserコーチ不在でしたね。
どんな気持ちだったのでしょう。
国内にライバルのいないフェルナンデス選手と、
国内強豪との戦いに勝って、代表権を勝ち取っていかなければならない羽生選手。
そのあたりの事情も絡めながら、事前にOrserコーチが
フェルナンデス選手に説明されたことでしょう。

羽生結弦選手
地元開催のプレッシャーの中。
演技直前、笑みさえ見えたような気がしたのは、
わたしの気のせいでしょうか…
SPに関しては、自信たっぷりといった感じですね。
阿部奈々美先生は、結弦くんの演技を、どこでご覧になっていたでしょうか …
3Aは音ともぴったりあって、完璧に決まりましたね。
その表情をみていると、競技会ではなくて、
Exなのではないかと思ってしまうくらいのアピール。
この後の高橋選手は、これまたすごいプレッシャーでしょうね。
世界最高得点の更新。おめでとうございます。
でも、このプログラムだと … 
100点の大台だって、夢ではないのではないか
そんな予感さえ、もたらしてくれます。

・高橋大輔選手
4Tはステップアウト。
だけど、やっぱりオーラが違う。
3Lz+3Tは、2本目が高くてきれいでしたね。
最後は、もう少し音と振りがピタッと合うと
もっと、格好よかったのではないかと思いますが …
あ、モロゾフがいる。
そっか … やっぱりPCSは結弦くんより高橋選手の方が上か …
SS、TLが高橋選手の方が高い。

表彰台争いは上位3選手に絞られたと考えてもいいとは思いますが、
3選手の順位は、FS次第。
フェルナンデス選手と羽生選手の差は9.09pt。
でも、フェルナンデス選手はクワドを3回入れてくるでしょうから。
それが全て、決まってくれば … 怖いですよね。

村上大介選手の途中棄権は、本当に残念でした。
1日も早い回復をお祈りしています。

♪ Gabriel Faure

[タグ] 羽生結弦 NHK杯
[ 2012/11/23 22:02 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Theme From "Schindler's List"

営業所のエース。

そう、言われて、悪い気はしない?

あまり、あちこちで、いろんな人から、頻繁に言われると、
むしろ、馬鹿にされているような気さえしてくるのは、
わたしだけなのでしょうか。

だって、誰もが認めるエースなら、
わざわざ言葉になんて、しなくていいものでしょう?

だから、言われる度に、わたしの気持ちは、
沈んでいく。荒れていく。

そんな気持ちは、誰にも言うことができなくて、
わたしの中で渦巻いて、そして、わたしを呑みこんでいく

♪ John Williams

[タグ未指定]
[ 2012/11/22 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Tubthumping

ココロもカラダも疲れてる。


♪ Chumbawamba

[タグ未指定]
[ 2012/11/21 23:43 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

MAMBO NO. 5

期待させないで。

どうせ、適当にあしらうのでしょう?
どうせ、昇進できないのでしょう?

それなのに、甘い言葉を囁かないで。
それなのに、エースだなんて、言わないで。

♪ Perez Prado

[タグ未指定]
[ 2012/11/20 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Live While We're Young

今日は出張。
昨年が一人部屋だったから、うっかりしてた。
宿泊が相部屋だっていうこと。

それに気づいたのはチェックイン直前で。
ON TIMEで「アスリートの魂」を観ることは
諦めなきゃだめかな?って思っていたのだけれど、
同室になった2年目の女の子は、同期と飲みに行くのだと出かけて行った。

わたしの同期たちも、飲み会をしてるのかな?って思ったけれど
日頃から同期とは疎遠なわたしにお声がかかるわけもなく。

ひとりで、TV観てる方が、よっぽど気が楽と開き直って。

オープニングのマリポサGALAのカット、反則ですよねー
SPの衣装の前が全開で、素肌が … vv

いまさら何ですが、マリポサの開襟度高っ!
The ICEの時も、こんなに開いてたっけ?!

確かに、日本人ファンって、黄色い歓声を飛ばし過ぎてるのかも。
海外のファンは、もっと、スポーツ・芸術としてフィギュアスケートを観ている気がします。
日本人は、どちらかというと、マスコミの影響もあるのでしょうけれど、
フィギュアスケーターは、男子も女子も、まるでアイドルのように扱われていて …
そんな黄色い声援に慣れていると語る羽生選手は、
やっぱり、氷上のアイドル … なのかもしれませんが(苦笑)
こんな風に思ってしまうのは、夢中になっていると思っていても、
忘我するほどにはのめりこめない、わたしの僻みなのかもしれません。

B.Orserコーチも目指す理想形はP.チャン選手だと、
はっきりコメントしていましたね。
あのエッジワークからたたき出されるSSをはじめとするPCSの高得点。

自分のエッジを信じられるようになる … か …

ソチに向けて、そのための練習を、いま、しているのでしょうね。

自分が考えていること、感じていることを、
他人に伝わるように言葉にすることができる羽生選手。
すごいなぁ、といつも思います。
難しいことを、誰にでもわかる簡単な言葉でたとえることができる。
それは、いつも、大人に囲まれて育ってきたからなのか、
これもまた、彼の努力のたまものなのか。

8月の終わりに仙台のリンクで右足首を捻挫していたということは …
FaOIでは、痛みをおしての演技だったということですよね。
そう思った瞬間、ぎゅっと、胸をつかまれました。
あなたの雄姿はみたいけれど、どうか、無理はしないで。

♪ One Direction

[タグ] 羽生結弦
[ 2012/11/19 21:47 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Malaguena

GPシリーズ男子フランス杯の表彰台の頂点に無良選手が。
日本男子、黄金期ですね。

そんな中。
わたしは、といえば。
アノヒトから与えられた約束に、心弾ませたり、締めつけられたり。

明日からの出張準備もまだ不十分。
全然、踏ん張れてない。
こんなだから、ダメなんだ。

消えて、なくなってしまいたい。
その前に、身辺整理をしなきゃだけど(苦笑)

♪ Ernesto Lecuona

[タグ未指定]
[ 2012/11/18 20:12 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

100%のじぶんに

烏に単は似合わない烏に単は似合わない
(2012/06/24)
阿部 智里

商品詳細を見る


第4章くらいまでは、ライトノベルのような展開だったのに。

最終章がはじまった途端、"やられた"と思った。

女子の縮図が、そこにはあって。

だけど、ラストが、もう少し、ほんの少し。迫力にかける気もする。

でも、著者は、まだ、大学生だ。
年下なのに、ここまで書ききってしまうのは、さすが、作家というべきか。

綿矢りさのデビューも鮮烈だったが、
わたしには、彼女の作風はあわなかった。

阿部智里、これからが楽しみだ。

土曜ワイド劇場の舞台は故郷の広島。
とうかさん、福島町、相生橋、流川町、楠木町、本通り。
原爆ドーム、広島市立広島市民病院。
そして、カープの歌。
懐かしい言葉と景色の中に、ところどころ、不自然な画。
流川の道は、そんなに広くないはずなんだよなーとか、
楠木町に、そんな商店街みたいな町並みあったっけ、なんて。
まぁ、完全広島ロケなんて無理だから。当たり前なんだろうけれど。

♪ きゃりーぱみゅぱみゅ

[タグ未指定]
[ 2012/11/17 11:09 ] book | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Historia de un Amor

とりあえず。
ようやく。
アイスクリスタルの振込をした。

まだ、写真提出してないんだけど。
明日、できるだろうか …

クリーニング出して、郵便物を投函して、
部屋を掃除して、冷蔵庫故障の対応をして、
日報と週報を出して、得意先への礼状を3枚書いて、
出張の荷造りをして。

考えただけで、疲れるよぉ …

♪ Carlos Eleta Almaran

[タグ未指定]
[ 2012/11/16 23:17 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Birthday

超訳百人一首 うた恋い。3超訳百人一首 うた恋い。3
(2012/04/20)
杉田圭

商品詳細を見る


今日は、尊敬する先輩の誕生日。
おめでとうございますって、メールしたけど、
顔を合わせたときに、直接つたえるのは、忘れてた(苦笑)

どちらかというと、清少納言って、あまり好きじゃなかったのだけれど。

このマンガに描かれている諾子は、カワイイ、と思う。
うらやましい、と思う。

行成のような人が、わたしにも現れないかな … なんて。

30になった今でも、夢見てしまう。

後輩の結婚式への出席も近づいてきた。
わたしは、心穏やかに、過ごせるのだろうか。

♪ さだまさし

[タグ未指定]
[ 2012/11/15 23:06 ] book | TB(0) | CM(0) | EDIT |

ゆくてに

超訳百人一首 うた恋い。2超訳百人一首 うた恋い。2
(2011/04/28)
杉田 圭

商品詳細を見る


この本では、小野小町が小野良真の娘、仁明天皇の更衣であった
小野吉子であったとの説をとって、物語が展開されている。

自分の能力を「高み」で試したい

そういえば、わたしも、そんなことを思っていた頃があったな …

あの頃、わたしは、若かった。

わたしには、小町のような才能も美貌もなくて、
ただ、気が強いだけなのだけど。

アノヒトは、「素直になって」と言うけれど
素直になった、その先に、希望がなかったら … と思うと、怖くて仕方ない。
素直になれなくて、あの時、素直になっていたらと
後悔する方が、救いのない絶望を突き付けられずに済むような気がして。

♪ The Gospellers

[タグ未指定]
[ 2012/11/14 00:00 ] book | TB(0) | CM(0) | EDIT |

WITH ONE WISH

出張に出かけるまでは、多分、正常に動いていたはずの冷蔵庫。
壊れているらしいことに気付いたのは、日曜日の夜。

傷つくことがわかっていても、それでも、
アノヒトに会いたくなって、メールしたのにフラれて。

親孝行のつもりで、両親を食事に招待したのはいいけれど
その日はNHK杯だということに、今さら気付いたりなんかして。

責任と期待されてる感が、大きくなって、
今年こそ昇進!なんて、思っていたのに、
それも、なんだか、見送られてしまいそうな気配。

なんだか、オンもオフも上手くいかない。

一時は諦めかけたエリート街道。
ここにきて、その道がまた、見えて来たようにも思えるのに、
充実感がないどころか、寂寥感さえ漂いそうな勢いで。

周りの結婚ラッシュに、無意識のうちに、
焦ったり、傷ついたりしているのかもしれない。


♪ 葉加瀬太郎

[タグ未指定]
[ 2012/11/13 00:00 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Wintersun

Johnny Weir選手の臀部負傷によるロシア杯FS棄権とフランス杯欠場に引き続き、
Alex Shibutani選手がロシア杯のFD演技中に大腿の痙攣に見舞われたとのニュース。

ちょっと、寂しいですね。Shibutani兄妹はNHK杯では、元気な姿を見せてくれればいいのですが …

寝ても覚めてもフィギュアスケート寝ても覚めてもフィギュアスケート
(2011/03/10)
D&Nライターズクラブ

商品詳細を見る


なんでこの本を買おうと思ったのか、理由は忘れてしまいましたが(苦笑)

「伝説のプログラム」として紹介されているものについて、以下つらつらと。

まず、伊藤みどりさんの89年世界選手権FS。
確かに、いま見ても3回転ジャンプの高さは圧巻。

続いてAlexei Yagudin選手のソルトレイク五輪SP。
オンタイムで観ていたはずなんだけどな …
こんなに素敵なプログラムなのに、なんで覚えてないんだろう …

Berezhnaya & Sikharulidze組 01年世界選手権SP。
派手さも華やかさもないのに、寂しい世界に見入っているうちに、
気がついたらプログラムが終わっている。
観終わった後に、鮮烈な印象を残すプログラムといったらいいのだろうか。

浅田真央選手の08年四大陸選手権SP。
これは、さすがにちゃんと覚えてます。
この曲、大好きだったなぁ …

Evgeni Plushenko選手 01年GPFのFS。
4T-SEQ、3T-2Loって!! 
当然のことながら、今よりも引き締まった身体をしているし。
日本でプル様人気が高いことに、今更のように納得。
ビールマンスピンは、羽生選手の方がきれいだと思うのは、贔屓目?

Meryl Davis & Charlie White組の09年GPF OD。
2人のツイズルは本当に早くて綺麗。
オリエンタルな雰囲気の中にいるMeryl & Charlieの上品さといったら。
まるで、インドの宮廷舞踏会に招かれたかのような錯覚に陥ります。
まだ若い二人なのに、貫禄さえ感じるプログラムです。

高橋大輔選手の05年Skate America SP。
いまや、「タンゴといえば、高橋大輔」と思っているのは、
わたしだけではないはず。
首まで使った演技は、7年前から既に完成していたのですねー。

Sasha Cohenさんのトリノ五輪SP
たしかに、衣装が可愛い!
スパイラルもきれい。
しかし、こちらも、オンタイムで観ていたはずなんだけどな …
記憶に残っていないのはなぜだろう …

Natalia Mishkutenok・Artur Dmitriev組 98年リレハンメル五輪FS
ドラマティックなプログラム。
黒の衣装なのに、華やかさがある。

田村岳斗さんの97年全日本選手権FS
いや、このプログラムは本当にすごい。
残念ながら動画の画質が荒くて表情は観て取れなかったのだが、
仕草からあふれる哀愁が、観ている者の心を十分に震わせる。
当時、18歳なんだよね?
笑ってしまうのがアナウンサーが挟んだコメント。
「長久保コーチに言わせると、彼の魅力はスタイルの良さ。そして甘いマスク」
そりゃね、たしかにね。
翌年の長野五輪の本田武史さんと田村岳斗さんを観ながら、
「見た目がよければ、演技がもう一つ。演技がよければ、見た目がね(苦笑)」
と母と話した気はしますけれども。
(本田さん・田村さん、ごめんなさい!)
うん、この演技はすごくいい!
小塚選手と羽生選手を足して2で割ったような感じ、とも少し違うんだけど。
画質が悪いのが本当に残念。

中野友加里さんの08年世界選手権FS。
これはね、覚えてます。
華やかな衣装に、華麗な3A。スピンもきれいだし。
佐藤コーチも満面の笑みで。
会場で観ていたら、その感動たるや、すごかったのでしょうね。

Albena Denkova & Maxim Staviski組の07年世界選手権OD。
スピード感たっぷりなのに、粘着質な雰囲気で、
これぞタンゴ!って感じ。かっこいい。

そして、わたしがここに勝手に付け加えるなら、
高橋大輔選手の2010年四大陸選手権SPと2010年バンクーバー五輪のFS。
羽生結弦選手2012年世界選手権 FS2012年Skate America SP
安藤美姫選手2011年世界選手権 Ex

鈴木明子選手の2011年NHK杯SPや2009年全日本選手権FSも好きなんだけど。
誰に何と言われても、特にこれらのプログラムは譲れません!(笑)
本当にシビれたんだから!

♪ Bond

[ 2012/11/12 00:00 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Deborah's Theme

羽生結弦選手の長期連載レポが更新されていました。


「自分はショートとフリー、両方をそろえられないんだ。気付かない間にそんな気持ちに、フリーの前、なってしまったんですね。今回もきっと、失敗するのかもしれない、って……」



その気持ちに気づいたのは、FSの夜で、それまで、誰にも言えなかったなんて。
どんなに苦しかったでしょう。

でも、涙を流せたのなら、きっと、大丈夫。
流した涙の分だけ、かみしめた悔しさの分だけ、彼はまた、強くなったはず。


「結弦も人間なんだな、と思いました。なんだかほっとしましたよ(笑)」


町田樹選手のこの言葉。象徴的ですよね。
でも、世界中の多くの人が感じたことでしょう。わたしも、思いました。

さて、ここからはロシア杯のFS。

まずは女子から。
・ Alena LEONOVA選手
3Lo失敗。3F着氷ふんばりましたが、サルコウが抜けましたね。
ステップの足さばきは流石ですが、昨季の勢いは感じられないですねー。
なんとなく、身体が重そう…

・ Adelina SOTNIKOVA選手
チャレンジングな選曲で、音楽に乗りきれていないような気がします。
ジャンプの失敗が目立ってしまうのは、体型の変化に対応しきれていないためなのでしょうか。
ステップは軽やかで、観る者を惹きつけます。スパイラルもきれい。
ジャンプが決まってきたとしても、「しっくり」くるようになるまでには、
時間がかかりそうなプログラムのような気がします。

・Agnes ZAWADZKI選手
もう少し、音楽とジャンプのタイミングが合ってくると、
プログラム全体のイメージも変わってくる気がします。
スパイラルはもう少し、脚を頑張ってほしかったかも。
後半は、流れもスムーズで、よかったんじゃないですかね。

・村上佳菜子選手
いまさらですが、ラストの曲のつなぎは、どうなんでしょう。
なんだか、唐突な気がするのはわたしだけ?
3Tのノーカウントが痛かったですね。アクセルが入らなかったのは、なぜでしょう。
そこが一番、気になります。

・Gracie GOLD選手
いきいきと、キラキラとしたスケーティング。氷上に立っているだけで、華やかです。
観ていて、ほほえましさに頬が緩んでくる気がします。
曲調もいまの彼女の雰囲気にぴったりです。
フリップでエッジエラーを2回とられていますから、ここを修正できると
もっと点数が伸びてきますね。

・Kiira KORPI選手
貫禄の演技、というと怒られてしまうでしょうか。
演技を通じて感じられる余裕のようなものが、とても心地よいです。
転倒はありましたが、音楽の中を泳いでいるような感じ。
観ているものをうっとりとさせてくれます。

続いて男子。
J.WEIR選手が負傷のため棄権。
やはり、競技への復帰というのは、なかなか順調には、いかないもののようですね。
来週の仏杯はどうするのかしら?
(そして、韓国の女王復帰は、どんなかたちになることやら …)

・Michal BREZINA選手
4Sの転倒はありましたが、ようやく、彼らしい演技になってきたのかな。
Skate Americaは本当に残念でしたから。

・小塚崇彦選手
冒頭の4Tが回転不足になった中、2回目を挑んできたその姿勢。
日本男子全員が、守りではなく攻めの姿勢で試合に臨んでいるこの環境。
いいなぁって思います。
今季は、いい感じでいけそうですねvv

織田信成選手
4T転倒。
高橋選手、小塚選手が2回、羽生選手が2種類を組み込んでいる中、
焦りもあるでしょうが、その分、1回は確実に決められるようになりたいところですね。
しかし、織田選手の膝は、よく動きますねー。

・Patrick CHAN選手
スピードもあるしquadも2回、きっちり決めてきた。
しかも、加点がしっかりつくものを。
PCSは、相変わらずの高止まり。全てが9点台ですよ。
SSに関しては、2人のジャッジが10点満点をつけてる。
そこは、流石だなぁと思うんですが。
でもねー、なんかねー。
3Aが入っていなかったからかなぁ、やっぱり消化不良なんですよね。
これで、優勝しちゃう? っていう感じがどうしてもつきまとってしまう。
うーん。GPFではクリーンな演技を期待してます。

と、いうことで、男子のGPF切符はあと3枚。女子は5枚。
高橋選手が大崩れすることは、想定していないので(笑)
羽生選手が怪我なく、NHK杯に臨めることを祈るばかりです。

♪ Ennio Morricone

[ 2012/11/11 11:35 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |

With or Without You

つにはじまりましたね、ロシア杯。
ロシア会場は、日本人選手以外のバナーもいっぱい。
前半3大会は日本人バナーばかりで、なんだか不思議な感じでしたが。
各国のスケート熱の違いでしょうかね?

まずは、女子SPから。

・村上佳菜子選手
この曲好きだなぁ … 羽生選手にも似合いそう … 
(なんて、すぐ考えがそこに飛んでしまうわたしって …)
演技後半、ジャンプの転倒があり残念でしたね。
でも、それ以外は、とても綺麗にまとまっていたと思います。
フリーでの巻き返しを期待します。
あれぇ~? 今大会も山田真知子コーチは会場入りしていないのでしょうか?

・Adelina SOTNIKOVA選手
THE ICEで観たときよりも、表情が、ぐんと大人びた気がします。
身長が伸びた … のかな?
クラシックバレエの基礎がしっかりしているせいなのか、
ロシア女子の体幹って、ブレがなくしっかりしていますよね。
ジャンプが1つ抜けてしまいましたが、FSまでに調整できるでしょうか、気になります。

・Alena LEONAVA選手
ニコライモロゾフ振付のアジアンテイストなプログラムだからかな …
安藤美姫選手が滑ったら、もっと世界観が広がりそうな気がするのは(苦笑)
世界選手権 銅メダリストの演技。自国開催で、歓声もひときわですね。
ジャンプが1つ抜けてしまいましたね。
後半のステップ。モロゾフプログラム全開。

・Agnes ZAWADZKI選手
キャッチフットなのかドーナツなのか、判断に悩むポジションでのスピンは、
もう少しかな?と思いましたが、
ビールマンやレイバックイナバウアーは綺麗でしたね。

・Kiira KORPI選手
もう少し、音楽とジャンプのタイミングが合うと、もっと印象的になる気がします。
本当に、微妙なズレなんですけどね。
先週の中国杯からわずか1週間で、見事に立て直してきました。
さすが、ベテラン。FSも楽しみです。

・Gracie GOLD選手
Skate Canadaでは、ジャンプの失敗が目立ちましたが、
こちらも、立て直してきましたね。
若さと勢いがまぶしいです。
GOLD選手もキャッチフットなのか、ドーナツなのか、
判断がつかないポジションのスピン。それ以外は、綺麗だったと思います。

続いて、男子。

・Johnny WEIR選手
E.ライサチェク選手がSkate Americaを欠場しましたから、
復帰組としては、唯一のグランプリシリーズへの挑戦。
しかも、第一滑走。
インタビューではファンのために滑るのだとしきりに言っていましたね。
姿勢やひとつひとつのポジションは綺麗ですよね、流石。
冒頭の4T転倒に加え、全てのジャンプのGOEがマイナス評価。
Finlandlia杯よりも低い点数での厳しいスタート。
そう考えると、昨季の欧州選手権で優勝したE.プルシェンコって、やっぱり、すごい。

・織田信成選手
冒頭3T-3Tになってしまった上に、加点がつかなかったこと
3Aが抜けてしまったことが、痛かったですね。
先週の町田選手の活躍で、気負いがあったのでしょうか。
技術点が30点に乗らないっていうのは、寂しいし残念です。

・R.DORNBUSH選手
Finlandia杯では、羽生選手やJ.フェルナンデス選手と一緒に表彰台に乗った選手。
衣装の雰囲気が、若干、小塚選手にかぶるよな … なんて思っていたら、3Aがお手付き。
Lzも着氷が乱れました。それでも織田選手よりも高い技術点が出たのは、
やっぱり4Tが決まったからなのでしょう。

・Michal BREZINA選手
冒頭のジャンプが抜けてしまいましたね。
3Aはきれいでした。
ジャンプを前半にまとめる構成。
Skate Americaでの羽生選手の高得点を受けて、
ジャンプを後半に持ってくる形に変える選手が増えてくるかと思いましたが、
今のところ、目立った動きはないようですね。
今季は、去年までの勢いがかんじられなくて、ちょっと残念なBREZINA選手です。

・Artur GACHINSKI選手
自国開催だし、先週は中国杯でボロノフ選手が好調でしたから、
プレッシャーも大きいはず。
4Tは、大きく軸がずれて転倒。
演技全体に伸びやかさが感じられず、こじんまり見えてしまう気がするのはなぜでしょう。
シニアデビューが鮮烈すぎたのかな?今季も苦しいシーズンになりそうですね。

・Zhan BUSH選手
3A、4Tコンビネーションときれいに決まりましたね。
こうしてみると、ロシアは、女子だけじゃなくて、男子だって、層が厚くて大激戦ですね。

・小塚崇彦選手
4Tが回転不足。3Aお手付き。
明日までに再調整できればいいのですが …。
Skate Americaの演技がよかっただけに、残念。
FSでの巻き返しに期待します。

・Konstantin MENSHOV選手
冒頭3Aは危なっかしかったですが、着氷。
今季はquadを2本目・コンビネーションにしてくる選手が増えてますね。
来年の五輪シーズンは、SPにも2本入れてくる選手が増えてくるかもしれません。
ステップは良く動いてますねー
選曲で損をしているような気がしなくもないですが。
MENSHOV選手が台乗りしてくると、GPF争いは混沌としてきますね。

・Patrick CHAN選手
冒頭がコンビネーションにはならなかったものの、
Skate Canadaから見事に立て直してきましたね。

明日のFSで、何人の選手がGPFの切符を手にするのでしょうか …

♪ U2

[タグ] CoR GracieGold
[ 2012/11/10 14:26 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Mambo No.8

出張研修から1夜明け、
通常業務に戻らなければならないわけですが … 身体がきつい。

それでも、なんとか、業務をぼちぼちこなして。

急遽、プレゼンテーションの時間が30分前倒しになって、
得意先に駆けつけるのに、バタバタしたり、したけれど。
なんとか、無事に、終えることもできて。

早く帰ろう、そう、思っていたはずなのに。

「来る?」
と先輩に声をかけられて、7名の男性先輩たちと焼き肉へ。

でも、結果として、それでよかったのかもしれない。

アノヒトから「来れる?」と言われないことに
傷つかなくてもすむから。

結局、23時過ぎに、メールは来たけれど、
「会いたい」とは、言ってもらえなかった。言えなかった。

会えなくて当たり前。
早く、慣れなきゃ。

♪ PEREZ PRADO

[タグ未指定]
[ 2012/11/09 23:59 ] daily note | TB(0) | CM(0) | EDIT |

Swim Until You Cant See Land

晴天の迷いクジラ晴天の迷いクジラ
(2012/02/22)
窪 美澄

商品詳細を見る


実家に帰った時に、新聞広告が切り抜かれて、わたしの前に置かれていた。

読めということなんだろうな。
そう思って、買ってから、読み終わるまでに随分時間がかかってしまった。

良く書けてる。よく書けてるよ、本当に。
由人が大きなぬいぐるみを抱きしめたくなる気持ちも
野乃花が虐待してしまうのも
正子がひきこもりたくなるのも
わかる。よくわかる。

だからね。
思うんだな。
わたしじゃなくて、そっち(父母)が読んでよって。

こんな風に、思って。
こんな風に、追い詰められて。
それでも、なんとか、生きてるんだってこと。

♪ Frightened Rabbit

[タグ未指定]
[ 2012/11/08 22:48 ] book | TB(0) | CM(0) | EDIT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。