2015 051234567891011121314151617181920212223242526272829302015 07








FIVB World League Intercontinental Round 6/21

2勝1敗で迎えた対韓国戦の第4試合。
今日も石川選手はベンチスタート。

第1セット
今日も柳田選手は好調そう。日本1点目。
なんか、今日は韓国の気迫がすごい …
うわー、序盤で一気に畳みかけられた。
今日はまた、17番の勢いがすごい。
「あのレシーブは良くない」と言っておいて、「山内ならしょうがない」はどうかと思うな。
キャリアが短いかもしれないし、期待されているプレイはブロックかもしれないけれど、
全日本のメンバーとしてコートに立つからには、ねぇ?って思うのですが、
バレーボールに詳しい人なら、それは仕方ないって思うものなんでしょうか?
最初のテクニカルタイムアウトを韓国が取りました。
浅野選手、「身長じゃなくてテクニックで点数が取れる」ということは、子どもたちだけじゃなくて、
チームメンバーにも共有した方がいいよ(笑)
柳田選手のバックアタックが決まって8点目。
ブロックで同点に追いついた。
あー、トスが乱れて、韓国に叩き込まれちゃった。
またトスミス。
浅野選手のファインレシーブがあって、柳田選手のスパイク!
深津選手が1枚ブロックで止めて逆転!
ちょっと流れがよくなってきた。
柳田選手のスパイクが決まって、柳田選手サーブポイント!
今日はなかなか、浅野選手のスパイクが狙い通りに決まらない …
昨日、捻挫などしなかったかのような出耒田選手の活躍。
柳田選手のバックアタックが決まって、石川選手がピンチサーバーとしてコートイン。
相変わらず、せっかくサーブで乱しても、相手の攻撃をシャットアウトできない日本。
うわー、韓国17番の勢い止まらずサーブポイント。
柳田選手のスパイク決定率、今日もいいんじゃないですか?
最後は松岡選手のスパイクが決まって、なんとか逆転で1セット目を取りました。

場内DJが、プロレスかなんかみたい(苦笑)

第2セット
山内選手のクイックが決まって1点目。
あー、柳田選手のスパイクがブロックにかかって、韓国に1点目。
柳田選手がサーブの時に、しっかりブロックを機能させて、
点数を重ねられるようになれば理想なんだけどな。
うーん、思い通りのバレーをしているのは韓国かな。
浅野選手のバックアタックが決まって、3点リードでテクニカルタイムアウト。
ようやく、理想の形!
柳田選手のサーブで乱してブロックでシャットアウト。
今日は攻守で出耒田選手が冴えてる。
うーん、柳田選手がブロックにつかまった。
山内選手が韓国17番をブロック!ここから流れに乗りたい。
うわっ、レシーブ乱れてどうなるかと思ったけれど、
柳田選手が上手くブロックアウトを取って20点目。
日本が4点リードなんだけど、韓国が元気なんだよね …
山内選手、自分で拾って自分で決めて!22点目。
最後は柳田選手のバックアタックが決まって2セット連取!

第3セット
ストレート勝ちしたいですね。
2点連取されて嫌な空気だな、と思ったところで柳田選手のスパイクが決まってファーストポイント。
石川選手のアタックが決まって日本5点目。
サイドアウトの応酬で、なかなか波に乗れない。
長いラリーはまた、韓国に決められてしまいました。
またラリーになった。今度は石川選手が決めて6点目。
柳田選手が打ち込んで7点目。さらにブロックアウトをとってテクニカルタイムアウト。
韓国1番を山内選手がブロック!
アナウンサーは頻りに同世代とか、NEXT4世代とか言ってるけど、それって、重要なこと?
確かに、これから先、しばらくライバル関係にはなるのだろうけれど、いま、が大事でしょ?
あー、清水選手がブロックにつかまって同点に並ばれた。
なんか、嫌な展開になってきた。
石川選手のスパイクが決まった。流れを変えられるといいのだけれど。
ひやりとしたけれど、最後は清水選手がとったブロックアウト。
清水選手のブロックポイントでテクニカルタイムアウト。
5点の差があるのに、相変わらず韓国が元気なのが不気味。
川合氏は、柳田選手に対してちょっと辛口。
石川選手のスパイクが気持ちよく決まった!22点目。
韓国にミスが出てマッチポイント。
そして、最後も韓国のミスでセットカウント3-0で勝利!
スポンサーサイト
[ 2015/06/21 23:59 ] volleyball | TB(0) | CM(-) | EDIT |

FIVB World League Intercontinental Round 6/20

1勝1敗で迎えた対韓国戦の第3試合

第1セット
石川選手が合流しましたが、スタメンからは外れてますね。
前回はなかなかとれなかったブロックポイントを早々に山内選手が決めてくれました。
山内選手2本目のブロックポイント!
浅野選手のバックアタックが決まって3対3。
韓国にミスが出て、日本が最初のテクニカルタイムアウトを取りました。
今日はよくブロックが決まりますね。出耒田選手のブロックポイント!
うわっ、膝のサポーターが痛々しい …
今日は山内選手、冴えてる!
柳田選手は、ちょっと壁にぶつかってるかな …
スパイクは苦労してますが、リベロを弾いてサーブポイント!
そして山内選手3本目のブロックポイント!
山内選手、絶好調vv
3点リードで2度目のテクニカルタイムアウト。
浅野選手のバックアタックが決まった!
柳田選手がブロックアウトをとって21点目。
韓国にミスが立て続けに出て2連続ポイント。
さらに韓国にミスが重なって、日本、セットポイント。
柳田選手のスパイクが25点目となって1セット目先取。

第2セット
乱されたんですが、最後は柳田選手がバックアタックを決めてくれました。
出耒田選手、捻挫?
韓国が、徐々にノッてきた?!
浅野選手が1枚でブロック! ここから流れをつかみたい!
柳田選手のサーブポイント!
テクニカルタイムアウトを7点リードで日本がとりました。
代わって入った兒玉選手もいい仕事してますね。
深津(兄)選手のサーブポイントでセットポイント!
同じく代わって入った松岡選手がスパイクを決めて、2セット連取。

第3セット
出耒田選手がコートに戻ってきましたが、大丈夫?
兒玉選手もそんなに悪くなかったので、無理する必要はないとは思うのですが、
レギュラー取りに向けてのアピール? 1点目は出耒田選手のスパイク。
今回は、ストレート勝ちしたいですね。
柳田選手、自分で拾って自分で決めて。いいですねvv
テクニカルタイムアウトを韓国に取られました。ちょっとイヤな感じ。
出耒田選手のサーブポイント!コートぎりぎりいっぱいに入りました。
柳田選手のスパイクが決まって11点目。
サーブポイントが欲しいところで、柳田選手が決めてくれて12点目。
おぉっ、深津選手のブロックで3連続ポイント。
とても長くなったラリー、とったのは韓国。
サイドアウトが欲しいところを決めてくれたのは清水選手。
清水選手、ブロックが決まって日本がテクニカルタイムアウトを取りました。
バックアタックが強烈なのはわかるけど、リベロには上げてほしいよね …
浅野選手、サービスエース!
さて、石川選手がコートイン。
効果的な石川選手のサーブが決まって、山内選手がブロックポイント!
石川選手、連続サーブポイント!
山内選手のアタックが決まって、コートサイドの石川選手からも大きな声が上がりました。
柳田選手のサーブポイントでマッチポイント!
がんばって、粘って拾って、ストレート勝ち!

しかし … 倉田アナのオフコート情報は盛られ過ぎている気がするし
テリー伊藤さん、いらいない(苦笑)
[ 2015/06/20 23:59 ] volleyball | TB(0) | CM(-) | EDIT |

【Golden Skate】羽生:「失敗は成功のためのステップ」

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2015/06/20 23:17 ] English article | TB(-) | CM(-) | EDIT |

フィギュアスケート日本男子ファンブック Quadruple2015+Plus

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2015/06/20 19:30 ] figure skating | TB(-) | CM(-) | EDIT |

【icenetwork】私の初めて物語:リンクでの成功の物語がさらに明らかにされる

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2015/06/20 08:57 ] English article | TB(-) | CM(-) | EDIT |

【ISU】オリンピックと世界選手権のチャンピオンが2015/16 ISU グランプリシリーズで競技

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2015/06/15 23:24 ] English article | TB(-) | CM(-) | EDIT |

Dreams On Ice 2015 Day 3

目覚めたら、まさかの雨!
金曜日の天気予報が土日は晴れと言っていたので、傘を持たずに出てきたのに。
どうしようと狼狽えたけれど、10時前には雨も上がり、
チェックアウトして近くのカフェに移動。
コーヒー+軽食で2時間の滞在、すみません…

入場前から、終わっちゃうんだ…と寂しい気持ちになりながら。
千秋楽公演の座席位置は西の北より。

◯オープニング
真凛ちゃん、3F-3Lo決まってガッツポーズ。楽に大技決めるところがすごい。
宇野選手も4T!
触発されたのか羽生選手も4T→イーグル
楽公演、気合い入りすぎ…

祐奈ちゃんと真凛ちゃんは、技術力も表現力も高い。
高志郎くんと星南くんもがんばれ!

○青木祐奈選手
3Lz-3Lo決まった。
2Aは少しバランス崩したけど、楽公演に大技の成功を合わせてくるところがすごい。

○佐藤洸彬選手
3公演の中で1番の仕上がり。
きっと、大歓声が自信になってるんだろうな。
ダンスもジャンプも、回を重ねる毎に、大きく堂々としてきた。

永井優香選手
楽公演でノーミス!
鳥肌モノ。

○山本草太選手
昨季は、とてもジュニアっぽかった腕の動きが、
シニア顔負けの表情を帯びていることに驚きを隠せない。
シーズンインまでに3Aが戻ってくれば、今季ジュニアは敵なしなんじゃないかな。
昨日は小塚選手ににた雰囲気があると思ったけど、今日はDenis Ten選手っぽくも見えた。

○宇野昌磨選手
ノーミス。3Aは掌中におさめたな。

○町田樹さん
ラストジャンプにミスはあったけど、1回ずつ、確実に調子をあげてた。
日本では一番のナルシストスケーターですよね。
音楽が鳴りはじめると、リンクを「町田樹作品の舞台」にしてしまう。
スケートの枠を越えて、舞台・ステージ芸術のカテゴリーだよな…

○無良崇人選手
最終公演は、ちゃんとステップが音に乗ってた。ハマれば引き立つプログラム。
がんばれ。

○Meagan Duhamel/Eric Radford組
Meaganの衣装が違ったから期待したのに同じプログラムだった(苦笑)

○Evgeni Plushenko選手
冒頭、珍しくジャンプの軸が曲がったけど、降りてきた。さすが、皇帝。

羽生結弦選手
4S転倒、4Tオーバーターンで踏ん張るもお手つき、3F、3T-2T、3A-3Tお手つき。
しかしコレオは圧巻。ステップが入ったら、どうなっちゃうんだろ。

○フィナーレ
宇野選手、4T。
羽生選手、転倒。その間に小塚選手4T成功?
喜びの表情の小塚選手が眼前を通過。
フィナーレもオープニングみたいに一人ずつ跳んでくれないかな、追いきれない。
郡舞前半、女子、誰か足りなかった?
優香ちゃんの隣に不自然な空間があったんだけど…たまたま?
気にはなったのだけど、それ以上に気になったのが町田氏の髪。
切りたい、斬ってしまいたい。なんて思っていたら、羽生選手に次ぐ、良い動きを見せる男子スケーターが!
誰?と思ったら、佐藤選手でした。
3Aを安定させてクワドを装備したら、
世界トップに食い込んでこれる。
アクセル以外のトリプルジャンプは高さがあって美しかったもの。

○グランドフィナーレ
村上選手・小塚選手以外は女子も含めて全員跳んだと思う。
羽生選手1本目は4T-3T。2本目・3本目の4Loはパンク。
山本選手が、3回目で4T降りた(と思う)
無良選手が合計3回、4Aに挑戦。
で、羽生選手も4Aを跳びに行ってリンクから飛び出しそうになりお客さんに突っ込む。
転倒ではあったのだけれど、回ってた。
映像、残ってないよね。今日はカメラ入ってないんだもんね。


スケーターのみなさん、お疲れ様でした。
若手は一公演ずつ、改善されていくのがわかって、シーズンとても楽しみになりました。
今季は長久保組(山本選手と本郷選手)の頂点取りに向けての気迫を感じます。
2人ともこの数か月の間に、またぐんと上手くなってた。

さて、また、明日から仕事がんばろう … いや、今夜から試験勉強頑張らないと(苦笑)
[ 2015/06/14 22:07 ] figure skating | TB(0) | CM(-) | EDIT |

今日6月14日は世界献血者デー

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2015/06/14 00:00 ] daily note | TB(-) | CM(-) | EDIT |

FIVB World League Intercontinental Round 6/13

対韓国戦の第1試合
アウェイの韓国戦と言うだけで、気迫負けしそうな気もするのですが(苦笑)

第1セット
スパイクを決めて、サーブに回るというのがいい流れへのきっかけになればいい。
既に石川選手がチームの中核として紹介され、期待が膨らむとともに、
層の薄さを感じて心配にもなる。
浅野選手のスパイクが決まって、日本が最初のテクニカルタイムアウトを取りました。
試合に帯同していないのに、石川選手の話が解説席では行われている(苦笑)
柳田選手のバックアタック、爽快感!
永井選手のファインレシーブを最後押し込みきれなかった。
こういうところ、ちゃんとやりたい。
嫌な流れになるかな?と思ったところで柳田選手がブロックアウトを取って14点目。
身長差はそんなにないはずなのに、ブロックで止められないなぁ …
柳田選手のサービスエース!
なんだか、守りがピリッとしないなー。
柳田選手、ブロックアウトの取り方が絶妙!
また柳田選手のスパイクが決まった!
今日は柳田選手、スパイク絶好調。セットポイント!
1セット先取vv

第2セット
1対1で打ち抜けないのは苦しいなぁ …
ラリーの最後を取ったのは清水選手! 日本16点目。
そろそろブレイクで逆転したいけれど、ミドルにやられてるな …
ありゃー、韓国が先に20点目。
酒井選手、応援団のオジサンみたいになってる(苦笑)
柳田選手のスパイクが決まって、やっと19点目。
韓国の17番を止められない …
ブロックが機能してない。
柳田選手のスパイクがアウトになって韓国セットポイント。
せっかく柳田選手のサーブで相手を乱しても、ブロックできないし、
日本のチャンスボールに繋げられていないのが課題。

第3セット
ラリーの最後を韓国17番に決められて嫌な感じ。
サーブポイントを取られて同点に追いつかれた。
相変わらず、サーブで乱しても得点に結びつけられない日本。
柳田選手がブロックアウトをとって日本11点目。
清水選手サーブポイント! 久しぶりの連続ポイント。
柳田選手、今日はスパイク決定率がいい。
でも、狙ったサーブはわずかにアウト。なかなか流れに乗れない。
柳田選手がリバウドを粘って拾ってたのに、最後は浅野選手決めきれず …
運のよいネットインで16点目。
あれだけ韓国を乱して押していたのに、最後決めきれない浅野選手 …
嫌な空気を振り切ったのは柳田選手のバックアタック!
やっとブロックポイント! 山内選手vv
やっと韓国17番をブロックで止めたー
3セット目も柳田選手のスパイク、冴えてます。
だけどやっぱり。柳田選手がいいサーブをしても、得点につなげられない日本 …
最後は途中出場の栗山選手を立て続けに使って3セット目奪取。

第4セット
韓国にテクニカルタイムアウトを取られる展開。
柳田選手がブロックにかかって韓国に10点目。
途中出場の栗山選手のバックアタックが決まって11点目。
柳田選手がサーブを打って、バックアタックで12点目。
そして先ほどのスパイクミスを吹っ切るサーブポイント!
韓国のレシーブが乱れて、最後は柳田選手がダイレクトに相手コートに打ち込み20点目。
最後は韓国のミスで25点目。
セットカウント3-1で勝ったけど、ストレート勝ちしておきたかったですね …

ロンドン五輪に行けなかった悔しさは、ベテラン世代が噛みしめていればいいだけのこと。
若い世代は、それぞれのモチベーションでリオ五輪に向かっていけばいいと思う。
[ 2015/06/13 23:59 ] volleyball | TB(0) | CM(-) | EDIT |

Dreams On Ice 2015 Day 2

やっと久しぶりの現地鑑賞!

羽生結弦選手の出演有無がはっきりしないまま先行抽選がはじまり、
悩んで、悩んで、新葉ちゃん、優香ちゃん、リーザを生で観られるなら、損はない!と
奮発して申し込んだDOI。おかげさまで、希望通りすべてのチケットを確保できました。

とりあえず、記憶の範囲内で。
まず昼公演から。(座席位置は南中央やや西寄り)

開演5分押しは、もはや標準なんだな、きっと。

○Opening
小塚選手の足捌きには、大技と同じくらいの尊さがある。
羽生選手、今回はミスのなし(笑)

○島田高志郎選手 ♪ Modern Times
リンクの使い方がちょっと小さい?
高橋大輔氏の道化師風振り付けから織田信成氏風振り付けへ…と認識したのはわたしだけ?

本田真凜選手 ♪ Spring Sonata No.5
スピンでの転倒はあったけど、いいプログラム。
今後が楽しみ。

○三宅星南選手 ♪ Child of Nazareth
ほんとだ、11-12シーズンの羽生選手FSの衣装の色違いといっても
高志郎くんに比べると、リンクの使い方が大きい。
でも、ショーリンクのサイズに適応出来ていないのか、
ジャンプを跳ぼうとしたら、ギリギリ!ということが多くて、
慌てて調整するからか、なかなか決まらなかったけど、このプログラム好きだな。

○青木祐奈選手 ♪ Meditation Thais
ジュニア1年目でタイスって大丈夫?と思っていたことを謝ります。
開脚フィニッシュはショー仕様?
誰の振り付けなんだろう。

中村優選手 ♪ Un Giorno Per Noi
昨年の日野選手ほどではないけれど、少し元気ない感じ?
なんとなく、滑りに髙橋大輔さんの面影を感じるのは
長光門下生だから?

○坂本花織選手 ♪ Malaguena
ここまでで一番の完成度。
ジュニアでもこんなにも力強い演技が出来るんだ。

○佐藤洸彬選手 ♪ Bolero
…唖然。
裸体を連想させる衣装はNGのはずだから、EXなんだろうけど…
色々なジャンルの踊りが出来るという意味においては、
確かに、″ポストあきお″なのかも知れないけれど、
クラシックバレエの動きをあそこまで氷上で再現するのは
町田路線のようにも思う。

永井優香選手 ♪ Piano Concerto No.3
いいな。いいな。やっぱり、いいな。

○山本草太選手 ♪ Poeta
頂点取りにいってるなーという感じのプログラム。
3Aは惜しくも転倒。
なんとなく、小塚選手っぽい。

○平井絵巳/Marien DE LA ASUNCION組 ♪ Turandot
リフトがもたついちゃいますね。
がんばれ。

○村上大介選手 ♪ Bring Him Home
シャツの裾が気になるけれど、良プロ!
衣装はこれから、なのかな?
さらなる活躍を期待してます。

○神宮Ice Messengers Grace ♪ 座頭市
今年もやっぱり離席が…
昨年より、ずっと動きが洗練されてる!
見なかった人、もったいないよ…

第一部終了。

○宇野昌磨選手 ♪ Turandot
本日2度目のTurandot。
カテゴリーが違うので、そんなに気にはなりません。
FSの衣装は、いいんじゃないでしょうか。
今回は3A2本の構成で披露。
最終的には、どんな構成にするのかな…
曲が最大限盛り上がるところでクリムキン。
しょーまくんといえば、クリムキンだから仕方ないとは思うけど、
なんか、もったいない感じがする。

樋口新葉選手 ♪ Manbo Fantasy
ロシア娘に対抗すべく、ジャンプ後半固め撃ちの構成。
体力は心配してないけど、メリハリが課題、かな?

◯町田樹さん ♪ Impromptu in G Flat, Op.90/3, D899/3
町田氏っぽいプログラム。
全体の印象としては、13ー14シーズンの夏場の滑りに近いかな。
SOI2014や大阪エキシビション時のような神がかった感じではない。
5分40秒…

本郷理華選手 ♪ Incantation
脚の長さを引き立たせるスカート丈から素晴らしい!
プログラムのそこかしこに「あっこ」がみえる(笑)
昨年とは別人のよう。自信にあふれた滑り。

○無良崇人選手 ♪ Dark Eyes
全身黒づくめ。少し、地味すぎる気もする。
本当にこのプログラムでシーズンインしちゃうのかな…
正直、いまさら、この選曲?って思ってしまう。
なんとなく、Dark Eyes=若手が滑るというイメージが。
理華ちゃんのプログラムほどではないけれど、端々にチャーリーの面影がちらつく。

○川口悠子/Alexander Smirnov組 ♪ Feburary
演技の始まり方にびっくりし、その後は涙腺崩壊するかと…
氷に足がついていない時の川口選手の姿勢の美しさ!

○小塚崇彦選手 ♪ Farruca
上体・腕に表情がある!
こんなに素敵だったかなぁ(失礼)

○Elizaveta Tuktamysheva選手 ♪ (曲名分かり次第追記)
画面で観る時ほどの貫禄はなかった。
フツーに17歳の少女…とは言えないけど。
17歳なのに、その艶を醸し出してるの?
オーバー30の自分が哀しくなる(苦笑)
冒頭に2A入ってて、ん?これ、新SP?

○Meagan Duhamel/Eric Radford組 ♪ Say Something
切ない曲なのに、Meaganから滲み出る幸せオーラ。
仕方ないか(苦笑)
テレビで見ていたままのアスレチックなカップル。
メリチャリとか川スミとか
実際には恋人同士でなくても、濃密な空気を醸し出せる2人もいるけれど、
そういう要素は、ほぼ無い。

○宮原知子選手 ♪ Pennies from Heaven
なるほど、Jeffっぽい。
見せ方の幅は確実に拡がってると思う。

○Evgeny Plushenko選手 ♪ Carmina Burana
皇帝が、どす黒いものを撒き散らしていった気がする。

羽生結弦選手 ♪ SEIMEI
まるで、その浄化に現れたかのよう。
4Sパンク、4Tは着氷。後半の4Tはステップアウトで(踏切位置をしばらく睨んでたような)
3Aはオーバーターン(だったと思う)
ステップ・コレオだけでも見ごたえがある。
全貌が明らかとされる日が待ち遠しいvv

○Finale
当然、羽生選手は4回転に挑戦しましたが、転倒。
踏み切りの形を即、確認してました。
今日は、ジャンプの調子が悪いスケーターが多かったような。
氷には、初めから、そして製氷後も凹凸が多かったので、そのあたりが影響したのかしら?

夜公演は印象に残ったところだけ。(座席位置は東中央やや南寄り)
どうやら、土曜日夜公演がオンエアになりそうです。

◯オープニング
町田氏、全然、振り付け覚えてない!
絵己ちゃんの方をチラチラ見ながら怪しげな動き。
羽生選手、イーグルサンドの3A、プログラムの中では封印なのかな?

製氷タイムに白スーツの女性がコメント撮り。後ろ姿では、誰なのかサッパリ。
昨年ほどには、今年は寒くないな、なんて思ってたのですが
同日2公演目の新横氷上席は腰にクル。
足裏もつらいけど、腰ぃ〜っ(涙)

◯小塚崇彦選手
いまは心技体がぴたりと一致してるのかな。
夜公演もすごくよかった。

◯Elizaveta Tuktamysheva選手 ♪ Get Low
リーザだけ昼公演とは別プログラム。
今季のEXナンバーかな?
ステッキの使い方が女王さまチック

羽生結弦選手
4S、3Fは決まったけれど、その他は転倒。
回り切ってはいたんですけどね。
リンクが狭いからかな?

◯フィナーレ
山本選手が4Tに挑戦していたような…(両足着氷)
羽生選手は4Tリベンジに成功。

結構、出待ちをしている人がいらっしゃいましたが…やめましょうよ。

でも、今年は昨年と比べて、統制がとれているというか、
モラルが保たれているなと感じたことが一つ。
フィナーレ時の2列目からの飛び出しがなかった。
どうぞ、千秋楽公演もこのままで。

【icenetwork】日本のスターたちが「ドリーム・オン・アイス」でプログラムお披露目

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2015/06/12 06:17 ] English article | TB(-) | CM(-) | EDIT |

【BUSINESS INSIDER】圧倒的な強さを誇る現役アスリート50人 21.羽生結弦

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2015/06/11 19:25 ] English article | TB(-) | CM(-) | EDIT |

JGPSエントリー枠発表

ISUよりジュニアグランプリシリーズ(JGPS)の各国の上限枠が発表になりました。

気になるところをを抜粋するとこんな感じ。
JGPentry.png
(M:男子シングル、L:女子シングル、P:ペア、D:アイスダンス、NL:上限なし)

現在のシニア勢も含めて、ピョンチャンの団体戦を考えると …
日本はやっぱり、カップル競技の強化が課題。
全カテゴリーに不安がないのはやはりアメリカとロシア。
カナダは女子シングルに不安が、というところで、
ソチとあまり大きな変化はなさそうですね。

15日には、いよいよGPSのアサイン発表 …
[タグ] JGP
[ 2015/06/07 19:14 ] figure skating | TB(0) | CM(-) | EDIT |

【Golden Skate】宮原知子:「まだまだ道半ばです」

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
[タグ未指定]
[ 2015/06/07 13:48 ] English article | TB(-) | CM(-) | EDIT |

FIVB World League Intergontinental Round 6/6

強豪フランス戦。

第1セット
柳田選手は今日はベンチスタート。石川選手と山内選手はスタメン。
フランスのサーブミスで先制。
相手のミスのおかげで、なんとか突き放されずに済んでいる序盤。
うわー、石川選手が完全に掴まってる。5点の差を付けられてフランスがテクニカルタイムアウト。
石川選手への期待はわかるけれど、あまりにも石川選手偏重になっている組み立てもどうかと思うな。
あっという間に10点差。
石川選手のダメで清水選手もダメ。打つ手なしな状況になってる。
リバウンドを取り切れなくてフランス22点目 …
やっと石川選手に最初のスパイクポイント。日本12点目。
圧倒されたまま、立て直しのきっかけも掴めぬまま1セット終了。

第2セット
ついに石川選手は浅野選手と交代。
全国180万の鈴木を代表するというキャッチコピーはいかがなものか。
だって、それはイチローでしょう!
浅野選手、上手くブロックアウト取りました。
石川選手が取れなかったスパイクポイントをぽんぽんと重ねましたね。
相変わらず、押されてはいるけれど、1セット目よりは試合らしくなってきたかも。
解説席からは、軽く扱われがちな浅野選手のオフェンスが冴えてる!
レシーブ乱れてるな …
栗山選手に代わって、柳田選手がコートインしましたが、
あっという間にフランスが2セット連取。

第3セット
柳田選手がスターティングメンバ―で始まった3セット目。
清水選手アタック決定率、ここまで43% … 厳しいな。
フランスにミスが出て、日本が2点連取。
柳田選手のスパイクが決まって3連続得点!
柳田選手のスパイクが再び決まって4点目。
少し、チームに活気が出てきたでしょうか。
長いラリー、最後は清水選手のスパイクで日本得点!ここからノリたいvv
柳田選手のサーブがダイレクトで帰ってきて、チャンスボールだったんですが、
浅野選手のスパイク決まらず。
柳田選手のバックアタックが決まって6点目。ここまで決定率100%。
おぉっ、フランス相手にテクニカルタイムアウト取った!
清水選手、ブロックポイント!フランスのエースを止めた!
山内選手のサービスエースでフランスがタイムアウト。
このセット、取りたいですね。
柳田選手のスパイク、爽快に決まって13点目。
せっかくのチャンスボールだったんですが、鈴木選手決めきれず。
ひたひたとフランスが追い上げてきた …
うわー、フランスのブロックにつかまってきた。
ひやひやしながら、なんとか2度目のテクニカルタイムアウトを3点リードで日本が取りました。
帰ってきたチャンスボール、柳田選手のバックアタックがわずかにアウト。
嫌な流れになるかなと思ったところで、フランスにミスが出て17点目。
柳田選手のファインレシーブを浅野選手が技ありスパイクにつなげて18点目。
またまた柳田選手のファインレシーブがあったんですが、
最後は清水選手が決めきれず2点差。
柳田選手、クロスがスパーンと決まって、20点目。
もう一度、柳田選手!21点目。
柳田選手が攻めたサーブはアウト。
清水選手のスパイクが決まらず、同点に。
ピンチサーバーで石川選手がコートに戻ってきましたが、ネットにかかってしまって23対23。
浅野選手がフランスからブロックアウトを取ってセットポイント。取りたい!
清水選手のスパイクがアウトになってフランスマッチポイント。
浅野選手のスパイクが決まって、日本25点目。
レシーブミスで終わったと思ったのですが、フランスにタッチネットがあって26対26。
フランスのレセプションが乱れたのですが、日本のディグが乱れてフランスマッチポイント。
最後は柳田選手がブロックにつかまって試合終了。
中盤の5連続失点が痛かった。

でも、フランス相手に、善戦した第3セットは課題だけでなく、糸口もつかめた価値あるセットになったはず。
[ 2015/06/06 23:59 ] volleyball | TB(0) | CM(-) | EDIT |

Fantasy on Ice in Shizuoka 2015

幕張公演とは別プログラムの放送となる選手もいるようで、楽しみvv

○Opening ♪ Fierce
優香ちゃんも来季からシニア移行なんですね。
幕張で予習済みなのか、カメラワークいいですね。
優香ちゃん、ちょっとはずかしそう(笑)

永井優香選手 ♪ Piano_Concerto_No.3, Op.30
優香ちゃん、安定の素敵衣装。
まだ振付けたばかりだから、ちょっとのミスはご愛嬌vv

○Brian Joubertさん ♪ Time

○Gev Manoukianさん ♪ Ice Robot

○Irina Usenkoさん ♪ Conquests~Radical

○Johnny Weirさん ♪ Carmen

鈴木明子さん ♪ 君に贈る歌~Song for you
スケーターが滑っているときに、アーティストを映すのやめてほしい …
幕張公演よりいい感じvv あっこ品質になってきた(笑)
幕張公演は、あっこ比で少し物足りなかったんだよね。

○Anna Cappellini/Luca Lanotte組 ♪ When I Was Your Girl

○織田信成さん ♪ Happiness
めっちゃ笑顔(笑)
残念ながら、彼の経歴には、五輪の表彰台もワールドのメダルもないけれど、
メダリストたちの中にいても、まったく遜色ない。

○Javier Fernandez選手 ♪ Touch of Devil

○Oleksiy Polishchuk & Vladimir Besedin組 ♪ Snow Storm

○Stephane Lambielさん ♪ Sense
そんなに開襟しなくても(苦笑)

安藤美姫さん ♪ Lovin' You
いつも多様なプログラムを見せてくれる安藤さんなので、
オンエアもあることだし、別プログラムかな?と思ってて、ちょっと意外。

羽生結弦選手 ♪ Hello, I Love You
2012年に比べると、やっぱり滑りに余裕がある。
2012年は、FaOIで滑った「花になれ」がハマリプロとなり、
披露の機会が少なかったExプログラム(苦笑)
当時は「アウェイ」を感じることもあったリンクも、
いまはどこへ行っても「ホーム」だからこそ、
滑りやすくなったプログラムかも。
しかし … Tシャツ投げ入れは、今後、事故や事件になりそうな … (苦笑)
観客を煽るのは、ちょっと自粛した方がいいような気もします。

○Tatiana Volosozhar/Maxim Trankov組 ♪ Let's Do It

○Evgeni Plushenko選手 ♪ Carmina Burana
4T跳んだ→羽生選手が夜公演で4T2本のVertigo披露に繋がったんだろうか …

羽生結弦選手の演技後インタビュー。
楽しんでるなら、何よりです、が(以下自粛)

#yuzuruhanyu interview after the programme #FaOI2015 #fantasyonice #fantasyonice15 #foi15 💙💎

Maria Sergejeva™さん(@mariasergejeva)が投稿した写真 -




○宇野昌磨選手 ♪ Legends
うん、しょーまくんも幕張より、良くなってる。

鈴木明子さん ♪ Gold von den Sternen
ジャンプ、ちょっと回転足りなかったですかね。疲れもあるのかな?
まだたくさん公演が残っているので、身体、気を付けてくださいね。

○Johnny Weirさん ♪ Creep

○Oleksiy Polishchuk & Vladimir Besedin組 ♪ Amadeus

○織田信成さん ♪ River Dance
襟の内側が青くておしゃれ。
村主さんはステップは現役時代より磨きがかかっているとおっしゃったが、
ジャンプもスケーティングもまだ進化していて、レベルアップしてる気がする。

○Anna Cappellini/Luca Lanotte組 ♪ Dance of the hours 

○Jeffrey Buttleさん ♪ Uptown Funk
ジャンプ・スピンはStephane Lambiel氏に劣るかなと思うけれど、
ダンスと音の取り方はやっぱり一級品。
十分に観るものを楽しませてくれる。

○Brian Joubertさん ♪ Missing
改めて、ここで復習。(以下誕生日順)
Jeffrey BUTTLE氏 32歳
Evgeni PLUSHENKO選手 32歳
Brian JOUBERT氏 30歳
Stephane LAMBIEL氏 30歳
Joubert氏が一番最近まで現役だったわけですが … (以下自粛)

安藤美姫さん ♪ Baby I Love U

○Javier Fernandez選手 ♪ Bull Fighter

○ Ekaterina Chesna/Alexander Chesna組 ♪  Pas de deux(Intrada) The Nutcracker, Op.71
ライブじゃないのに、アナウンサーが曲名間違えたのそのまま放送 …(驚)
どこをどう聞いたらAve Mariaになるのか …
Ekaterinaさんの神々しさに思わず?(苦笑)

○Stephane Lambielさん ♪ Nessun Dorma

○Tatiana Volosozhar/Maxim Trankov組 ♪ Stars

○Evgeny Plushenko選手 ♪ El Tango de Roxanne

羽生結弦選手 ♪ Believe
あれ?Openingに比べるとカメラワーク悪い?
3Aこらえた。
まぁ、全公演を絶好調で、なんて無理ですものね。

○Finale ♪ Change Your World
優香ちゃん、ちょっと動きが小さいのかな?と思うところもあるけれど …
このVTRを見返したら、きっと本人もみきちゃんやあっこちゃんとの違いとか、
いろいろ気づきとかあると思うし、本当に今季が楽しみvv
このショートサイドはわたしにとっては、とっても贅沢。
だって、羽生選手、Jeff、美姫ちゃん、あっこちゃん、優香ちゃんが並んでるんですよー
生で観られなかったのが、本当に残念。
優香ちゃんのスピンはとっても優雅vv
4Loの1本目はパンク、2本目は回転は足りてたかな。
最後は4T-3T。

FaOIも明日で折り返し。
スケーターのみなさん、お身体にお気をつけてvv



静岡は1列目とリンクの距離がかなりあったようだけれど、神戸はどうなんだろ …
(プレミア席取れてないから、余計に気になる …)
神戸のオンエアは7/11なのねφ(..)メモメモ
全スケーターのオンエアがあるし、フィナーレ後もしっかり放送されるし、
BS朝日、Good Jobです。次回のオンエアも期待してますよーvv
[ 2015/06/06 21:57 ] figure skating | TB(0) | CM(-) | EDIT |

数字でみる スピン

 ここまできたら、ついでにスピンもまとめておきましょう。
 引き続き、フィギュアスケート要素検索さんを参考にさせていただいております。

まず男子。
ELEMENTS BV GOE SoP
2010 EC Stephane LAMBIEL SP CCoSp4 3.50 1.50 5.00
2015 4CC Shoma UNO SP CCoSp3p4 3.50 1.36 4.86
2015 WC Adam RIPPON FS FCCoSp3p4 3.50 1.36 4.86
2013 JGP Mexico Nathan CHEN SP CCoSp4 3.50 1.29 4.79
2015 WC Yuzuru HANYU SP CCoSp3p4 3.50 1.21 4.71
2010 OG Takahiko KOZUKA SP CCoSp4 3.50 1.20 4.70
2014 CS NT Jason BROWN FS CCSp4 3.20 1.50 4.70
2014 CS SCAC Timothy DOLENSKY SP CCoSp3p4 3.50 1.20 4.70
2014 CS SCAC Timothy DOLENSKY FS CCoSp3p4 3.50 1.20 4.70
2014 CS GS Michael Christian MARTINEZ SP CCoSp3p4 3.50 1.20 4.70
スピンといえば、やっぱりStephane Lambiel氏。ダントツです。
次点がなんと、宇野昌磨選手!
Jason Brown選手、羽生結弦選手、Michael Chrstian Martinez選手ら柔軟性の高い選手が
名を連ねる結果となりました。

そして女子。
BV GOE SoP
2011 TEB Alissa CZISNY FS CCoSp4 3.50 1.50 5.00
2012 TEB Julia LIPNITSKAIA FS CCoSp4 3.50 1.50 5.00
2007 WJC Caroline ZHANG FS CCoSp4 3.50 1.43 4.93
2011 4CC Mirai NAGASU SP CCoSp4 3.50 1.36 4.86
2013 WC Yuna KIM FS CCoSp4 3.50 1.21 4.71
2013 NHK Akiko SUZUKI SP CCoSp4 3.50 1.21 4.71
2014 OG SOTNIKOVA Adelina FS CCoSp4 3.50 1.21 4.71
2013 SC Gracie GOLD SP CCoSp4 3.50 1.14 4.64
2011 4CC Miki ANDO FS FCCoSp4 3.50 1.07 4.57
2011 4CC Mao ASADA FS FCCoSp4 3.50 1.07 4.57
Alissa CzisnyさんとJulia Lipnitskaia選手が圧倒的。
中野友加里さんはTOP10には入らないのか … 

[ 2015/06/06 13:18 ] figure skating | TB(0) | CM(-) | EDIT |

数字でみる ステップ・コレオシークエンス

 引き続き、フィギュアスケート要素検索さんを参考にさせていただいております。

まず男子のステップ。
髙橋大輔氏ファンの方、お待たせしました(違)
ステップではやはり、髙橋大輔選手とPatrick CHAN選手が他を圧倒。
後に続くのはDenis TEN選手。
参考記録ではありますが、髙橋氏はGOE3.00を出していらっしゃる。さすが。
BV GOE SoP
2009 全日本 高橋大輔 SP CiSt4 3.90 3.00 6.90
2010 全日本 高橋大輔 FS CiSt4 3.90 3.00 6.90
2010 SA高橋大輔 SP SlSt4 3.90 2.71 6.61
2011 WC Patrick CHAN SP SlSt4 3.90 2.29 6.19
2010 OG Evan LYSACEK SP CiSt4 3.90 2.20 6.10
2015 4CC Denis TEN SP StSq4 3.90 2.10 6.00
2010 OG Stephane LAMBIEL FS SeSt4 3.90 2.00 5.90
2013 GPF羽生結弦 SP StSq4 3.90 1.90 5.80
2014 CoR Javier FERNANDEZ SP StSq4 3.90 1.90 5.80
2014 CS SCACRoss MINER SP StSq4 3.90 1.82 5.72
2015 4CC Joshua FARRIS FS StSq4 3.90 1.80 5.70
2012 JGP Austria Nathan CHEN FS StSq4 3.90 1.70 5.60

続いて男子のコレオシークエンス。
参考記録が多数含まれていてすみません。
公式戦となると点数が抑えられるMisha GE選手(苦笑)
GOE SoP
2012 Denkova-Staviski Cup Misha GE 2.10 4.10
2012 全日本 高橋大輔 2.10 4.10
2013 全日本 高橋大輔 2.10 4.10
2013 WC Denis TEN 2.00 4.00
2013 TEB Jason BROWN 2.00 4.00
2015 MWO Evgeny PLYUSHCHENKO 1.96 3.96
2012 MWO Jeffrey BUTTLE 1.90 3.90
2012 MWO Kurt BROWNING 1.90 3.90
2013 GPF Patrick CHAN 1.90 3.90
2014 CS SCAC Ross MINER 1.82 3.82
2013 NHK髙橋大輔 1.80 3.80
2014 CoR Javier FERNANDEZ 1.80 3.80
2015 4CC Joshua FARRIS 1.80 3.80
2013 WC Misha GE 1.70 3.70
2013 NT織田信成 1.70 3.70
2013 GPF 羽生結弦 1.70 3.70

羽生結弦選手は、やっぱりステップとコレオシークエンスの質向上が課題ですかね …
町田樹選手、コレオシークエンスもTOP10には入らなかったのはちょっとびっくり。

そして女子のステップ。
BV GOE SoP
2011 Gardena Spring Trophy Carolina KOSTNER SP CiSt4 3.90 2.67 6.57
2010 WC Carolina KOSTNER SP CiSt4 3.90 2.20 6.10
2010 4CC鈴木明子 SP SlSt4 3.90 2.00 5.90
2013 4CC 浅田真央 SP StSq4 3.90 2.00 5.90
2011 WC Rachael FLATT SP SlSt4 3.90 1.86 5.76
2014 OG SOTNIKOVA Adelina FS StSq4 3.90 1.70 5.60
2014 CS GS Kiira KORPI FS StSq4 3.90 1.68 5.58
2014 NHK Gracie GOLD FS StSq4 3.90 1.60 5.50
2014 GPF Elizaveta TUKTAMYSHEVA SP StSq4 3.90 1.60 5.50
2013 SA Ashley WAGNER SP StSq4 3.90 1.50 5.40
2012 WC Alena LEONOVA SP SlSt4 3.90 1.40 5.30
参考記録ですが、歴代最高はCarolina Kostner選手のGardena Spring Trophyの6.57
Kostner選手と浅田真央選手がやはり群を抜いていました。

コレオシークエンスとなると、鈴木明子さんとJulia Lipnitskaia選手が強さを示す。
(WTTは公式記録じゃないと言いたい方もおられるかもしれないので4CCのデータも
 入れておきました)
個人的には村上佳菜子選手のランクインもうれしいvv
GOE SoP
2013 WTT 鈴木明子 2.00 4.00
2013 4CC 鈴木明子 1.90 3.96
2014 OG LIPNITSKAYA Yulia 1.80 3.80
2012 GPF 浅田真央 1.70 3.70
2013 SA Samantha CESARIO 1.70 3.70
2014 4CC 村上佳菜子 1.70 3.70
2014 WC Ashley WAGNER 1.70 3.70
2014 CS GS Kiira KORPI 1.68 3.68
2013 EC Adelina SOTNIKOVA 1.60 3.60
2013 WC Yuna KIM 1.60 3.60
2014 CoC Elizaveta TUKTAMYSHEVA 1.60 3.60


Elena Radionova選手や安藤美姫選手の名前が上位に入ってこなかったのは、ちょっと意外。

数字でみる 4回転ジャンプ

 トリプルアクセルをまとめたついでに4回転ジャンプもまとめてみました。
引き続き、フィギュアスケート要素検索さんを参考にさせていただいております。

女子は、みなさまご存じの通り。公式記録を有しているのは4Sを跳んだ安藤美姫さんだけ。

それでは男子を4Tから見ていきましょう。

BV x GOE SoP
2014 全日本 羽生結弦 ANA SP 4T 10.30 3.00 13.30
2013 WC Patrick CHAN CAN FS 4T 10.30 2.86 13.16
2014 OG HANYU Yuzuru JPN SP 4T 10.30 2.86 13.16
2011 WC Brian JOUBERT FRA FS 4T 10.30 2.57 12.87
2013 EC Javier FERNANDEZ ESP FS 4T 10.30 2.57 12.87
2011 WC Takahiko KOZUKA JPN FS 4T 10.30 2.29 12.59
2013 WC Denis TEN KAZ FS 4T 10.30 2.29 12.59
2011 WC Kevin VAN DER PERREN BEL FS 4T 10.30 2.14 12.44
2011 JGPHan YAN CHN FS 4T 10.30 2.14 12.44
2012 CoR Konstantin MENSHOV RUS FS 4T 10.30 2.14 12.44
2013 EC Sergei VORONOV RUS FS 4T 10.30 2.14 12.44

参考記録ですが、羽生結弦選手の2014年全日本GOE3.00のデータも入れました。
参考記録という意味では、Patrick Chan選手がカナダ選手権で
最高得点を出していそうな気もするのですが、データ探すの面倒…(逃)

続いて4Tを含むコンビネーションジャンプ
BV x GOE SoP
2010 WC Kevin VAN DER PERREN BEL FS 4T+3T+3T 17.8 1.20 19.00
2014 OG CHAN Patrick CAN FS 4T+3T 14.4 3.00 17.40
2013 Coupe de Nice Tomas VERNER CZE FS 4T+3T 14.4 2.50 16.90
2010 GPF Nobunari ODA JPN SP 4T+3T 14.4 2.29 16.69
2014 CoR Sergei VORONOV RUS SP 4T+3T 14.4 2.29 16.69
2015 4CC Denis TEN KAZ FS 4T+3T 14.4 2.29 16.69
2012 NRW Trophy Konstantin MENSHOV RUS FS 4T+3T 14.4 2.25 16.65
2014 WC Tatsuki MACHIDA JPN SP 4T+3T 14.4 2.14 16.54
2004 GPF Evgeni PLUSHENKO RUS FS 4T+3T+2Lo 14.5 2.00 16.50
2011 CoC Nan SONG CHN FS 4T+3T 14.4 2.00 16.40
2012 WTT Brian JOUBERT FRA SP 4T+3T 14.4 2.00 16.40
最高得点はPatrick Chan選手でもなければ、Evgeni Plushenko選手でもなかった。
ましてや、Maxim Kovtun選手でもないし、Kevin Reynolds選手でもない。
とはいえ、4T+3TではやっぱりPatrick Chan選手。
参考記録ですが、Tomas Verner選手のCoupe de Niceのスコアも入れちゃいました。
そして、織田信成というスケーターは世界的なジャンパーだったんだ … と今更気づく(苦笑)

続いて4S。
BV x GOE SoP
2013 EC Javier FERNANDEZ FS 4S 11.55 x 2.29 13.84
2015 WTT Yuzuru HANYU FS 4S 10.50 2.57 13.07
2014 CS U.S. IC Daisuke MURAKAMI FS 4S 10.50 2.00 12.50
2014 TEB Florent AMODIO FS 4S 10.50 2.00 12.50
2015 WTT Maxim KOVTUN FS 4S 10.50 2.00 12.50
2013 WTT Max AARON FS 4S 10.50 1.86 12.36
2013 SC Michal BREZINA FS 4S 10.50 1.71 12.21
2014 OG REYNOLDS Kevin FS 4S 10.50 1.57 12.07
2015 WC Nam NGUYEN FS 4S 10.50 1.57 12.07
2012 NHK Ross MINER FS 4S 10.50 1.29 11.79

またまたびっくり。歴代3位に村上大介選手!
GOEでは、羽生結弦選手がJavier Fernandez選手を上回っているのもまた驚き。

4Sを含むコンビネーションジャンプ。
BV x GOE SoP
2013 CoR Maxim KOVTUN SP 4S+3T 14.6 1.86 16.46
2013 NHK Javier FERNANDEZ FS 4S+3T 14.6 1.29 15.89
2013 4CC Max AARON FS 4S+3T 14.6 1.14 15.74
2007 CoR Kevin REYNOLDS FS 4S+3T+2Lo 15.0 0.60 15.60
2006 TEB Sergei DOBRIN FS 4S+3T 13.5 1.00 14.50
2015 4CC Daisuke MURAKAMI FS 4S+2T 11.8 1.43 13.23
2014 CoR Michal BREZINA FS 4S+2T 11.8 0.86 12.66
2005 WC Frederic DAMBIER SP 4S+3T 13.5 -1.00 12.50
2006 4CC Scott SMITH SP 4S+3T 13.5 -1.14 12.36
2005 CoC Min ZHANG FS 4S+2T 10.8 0.60 11.40
そもそも、挑戦者が少ない。

続いて、4F。公式記録を有しているのは髙橋大輔選手のみ。
BV x GOE SoP
2011 NHK Daisuke TAKAHASHI FS 4F< 8.60 -3.00 5.60


そして4Lz
BV x GOE SoP
2011 NHK  Brandon MROZ SP 4Lz 13.60 -1.00 12.60
2013 Coupe de Nice Vladislav SEZGANOV SP 4Lz 13.60 -1.00 12.60
2013 SA Adam RIPPON SP 4Lz< 9.50 -2.57 6.93
4Lzも挑戦者が少ないので、参考記録も含めてます。

最後に4Lo
最近のマスコミの煽りのせいで、データあるの?!って思ったのですが、
公式記録、ありました。
BV x GOE SoP
2012 WTT Kevin REYNOLDS FS 4Lo< 8.40 -3.00 5.40

2015-2016シーズン、フリップとループは回り切って降りれば世界初。
4Tも後半に入れて降りれば世界初。
歴史に名を刻むのは誰でしょう?

[ 2015/06/06 11:56 ] figure skating | TB(0) | CM(-) | EDIT |

数字でみる トリプルアクセル

2014-2015シーズン
Elizaveta TUKTAMYSHEVA選手が女子シングルでは6人目となる国際公式大会での成功者となり、
羽生結弦選手が2014年中国杯において、GOE3.00をたたき出したトリプルアクセル。

現採点方式のジャンプしか比較できませんが …
まず、女子。
参考記録であありますが、大庭雅選手の全日本選手権のデータも入れちゃいました。
BV GOE SoP
2015 WTT Elizaveta TUKTAMYSHEVA FS 3A 8.50 2.00 10.50
2014 WC Mao ASADA SP 3A 8.50 1.86 10.36
2007 CoR Yukari NAKANO FS 3A 7.50 0.00 7.50
2013 全日本 大庭雅 FS 3A< 6.00 -3.00 3.00
2006 TEB Kimmie MEISSNER FS 3A<(<<) 3.30 -2.10 3.00

続いて男子。
BV x GOE SoP
2013 全日本 羽生結弦 SP 3A 9.35 x 3.00 12.35
2014 全日本 羽生結弦 SP 3A 9.35 x 3.00 12.35
2014 WC Yuzuru HANYU SP 3A 9.35 x 2.86 12.21
2013 NT Nobunari ODA FS 3A 9.35 x 2.43 11.78
2014 Challenge Cup Takahito MURA FS 3A 9.35 x 2.25 11.60
2012 CoC Daisuke TAKAHASHI SP 3A 9.35 x 2.14 11.49
2014 OGYAN Han SP 3A 8.50 2.86 11.36
2012 EC Florent AMODIO FS 3A 9.35 x 2.00 11.35
2013 SA Tatsuki MACHIDA FS 3A 9.35 x 2.00 11.35
2013 GPF Maxim KOVTUN FS 3A 9.35 x 2.00 11.35
2014 CS U.S. IC Max AARON SP 3A 9.35 x 2.00 11.35
2014 CoR Sergei VORONOV SP 3A 9.35 x 2.00 11.35
参考記録ですが、全日本選手権の羽生結弦選手のデータ(最高得点)と
無良崇人選手のChallenge Cupのデータも入れておきました。
公式記録でみれば、TOP3は羽生選手、織田氏、髙橋氏で日本独占。

町田氏も歴代6位のスコアですから、
トリプルアクセルは日本女子のお家芸みたいに報道されてますけど、
日本人スケーターの18番であることに改めて気づかされました。
一方で、まとめる前から気づいてはいましたが(笑)
やっぱり羽生結弦選手は「現代のミスタートリプルアクセル」
Patrick CHAN選手が3Aを苦手としていることは有名ですが、
Denis TEN選手・小塚崇彦選手もTOP10には入ってこないというのは
ちょっと意外でした。
逆に、ランクインしていてびっくりだったのは、Florent AMODIO選手。
この2シーズンくらいはジャンプが大スランプな印象のせいもあって(苦笑)

因みに国際公式記録としてのGOE3.00は羽生選手だけ。
BV x GOE SoP
2014 CoC Yuzuru HANYU SP 3A 8.50 3.00 11.50

3Aを含むコンビネーションでは …
BV x GOE SoP
2008 NT Nobunari ODA FS 3A+3T+3Lo 17.20 1.25 18.45
2011 全日本 羽生結弦 FS 3A+3T+2T 15.29 x 1.80 17.09
2007 WC Nobunari ODA FS 3A+3T+3Lo 16.50 0.43 16.93
2014 GPF Yuzuru HANYU FS 3A+1Lo+3S 14.52 x 2.14 16.66
2014 WC Florent AMODIO FS 3A+1Lo+3S 14.52 x 1.86 16.38
2015 WTT Takahito MURA FS 3A+3T 13.86 x 2.29 16.15
2014 CS U.S. IC Andrei ROGOZINE FS 3A+3T+2T 15.29 x 0.60 15.89
2011 SC Javier FERNANDEZ FS 3A+3T 13.86 x 2.00 15.86
2014 CS LT Richard DORNBUSH FS 3A+3T 13.86 x 2.00 15.86
2015 4C Han YAN FS 3A+3T 12.6 2.86 15.46
2011 GPF Daisuke TAKAHASHI FS 3A+3T 13.86 x 1.57 15.43
2013 EC Michal BREZINA FS 3A+3T 13.86 x 1.43 15.29

参考記録ですが、3Aを含む最高得点は織田信成さん3A+3T+3Loの18.45点
公式記録でも最高得点は織田信成さん3A+3T+3Loで16.93点
組み合わせが多様なので、シンプルに3A+3Tでみると最高得点は羽生選手でした。
BV x GOE SoP
2013 全日本 羽生結弦 FS 3A+3T 13.86 x 2.80 16.66
2013 GPF Yuzuru HANYU FS 3A+3T 13.86 x 2.57 16.43


なお、この集計をするにあたっては、フィギュアスケート要素検索さんを参考にさせていただきました。
[タグ] 羽生結弦
[ 2015/06/06 11:05 ] figure skating | TB(0) | CM(-) | EDIT |