2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09








Gabriel's Oboe &The Falls

さて、昨日は。
接待は22時には終わったけれど、会社の先輩たちに呼び出され、
結局、帰宅は25時過ぎ。

もちろん、ベッドへ直行で。
世界フィギュア男子FSの結果はネットニュースで確認しただけ。

高橋選手、ビスが外れちゃったんだね…
バンクーバーオリンピックの織田選手じゃないけど、
ちと、詰めが甘いのではないかい?

小塚選手、銀メダルおめでとう。
驕り高ぶることなく、コツコツと積み重ねてきた底力ですね。
今後にも、期待しています。

P.チャンの演技は、どんなのだったんだろう?
見逃したのは、ちと悔しい。

そして、女子SP。滑走順は抽選というけれど、
神様も、イジワルですね。
最終滑走がキム・ヨナで、その直前が浅田選手だなんて。

村上佳菜子選手。
はじけるような若さが少し減っているような気がしたのは、
彼女が成長したからなのか、緊張のためなのか。
でも、これからだからね。

安藤美姫選手。さすがですね~
3分があっという間でした。今シーズンは、本当に、圧倒的な強さをもってますね。
プログラムの流れの完璧さは、メダリスト請負人モロゾフの腕なのか。
ほんと、不自然さがなく、魅了されているうちに終わっちゃうんですよね。

浅田真央選手。
安藤選手と比較すると、要素と要素の間が、流れていないような印象。
トリプルアクセルの躓きのせいだけではないと思うんですが。
気のせいですか?
60点に届かなかったのも、当然と思っているのは、私だけですか?

キム・ヨナ選手。
トリプルルッツのステップアウトはありましたが、
表現力はさすがですね。とくに、表情。
顔もそうですが、指先まで、しっかり想いが通っているというか。
それでも、僅差とはいえ、安藤選手を上回ったのは意外でしたがね。
指先の話に戻りますけど、そのあたりに、浅田選手には、雑さが感じられるのですよ。
演技からストーリーが感じられないというか。

そして、彼の人からは、無茶な要請ばかりで、
いっこうに、お呼び出しの気配はない。
やっぱり、囚われたり執着したりせずに、忘れて
未来のために進んでいかなければならないのだろう。
そう、思うけれど、やはり、まだ、想い切れずににいる。

♪ Ennio Morricone, "The Mission" soundtrack

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/04/29 23:21 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/1225-a1d1763b