2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09








The New Moon in the Old Arm's Moon

Skate Canada 2日目。
今日も地上波放送を観ながら、感想をつづっていこうと思います。

今日も荒川静香さん、おキレイですね …
同年代として、憧れの女性です。

無良選手。
尺八が印象的な音楽。
4T決まりましたね。
彼のジャンプは、大きくてダイナミックと評されますが、
とても重そうに見えるのはわたしだけ?
彼の演技って、重厚感があるといえばいいのか、
軽やかさに欠けるといってもいいのか …
ジャンプの後に流れがないから、そういう風に思うのでしょうか?
この夏、何度か彼の演技を生で見る機会がありましたが、
最初から最後まで、あまり印象は変わりませんでしたね …
ミスが目立ったかと思いましたがPBだったんですね。
よかったですね。フランス大会、頑張ってもらえたらと思います。

D.テン選手。(ここから生放送みたいです)
4T 2回転倒。
やはり今季はFSにquadを2回入れてくる選手が格段に増えましたね。
映画「アーティスト」のサイレント映画の雰囲気がもう少し表現できるといいですね …
コミカルな部分と切ない部分と、メリハリをつけられたら、
印象の良いプログラムになるような気がします。
最後はバテちゃんたんですかね?
曲が元気よく明るくなるだけに、苦しさが際立ってしまった気もします。
スピンも少し回転速度が遅かったかな … ?

織田信成選手。
直前公式練習の後半では、4回転が決まらなかったようですが …
なんとか着氷しましたが …
踏み切りまでがどのジャンプも長いですね。
繰り返し演技を観ている羽生選手が踏み切りまでの滑りが短めなので、
そんな気がするだけで、これくらい普通なのかもしれませんが。
2個目の3Aはステップアウト。
解説の田村岳斗さんも「コンビネーションの美しさは世界一」と言われてますが
着氷後の流れはとても滑らかで綺麗で、膝の(使い方の)柔らかさが伝わってきます。
FSの曲名をいち早く公表していた織田選手。
「魔法使いの弟子」と聞いた時、彼っぽいと思いましたが、
予想していたのとは、少し違う仕上がりでした。
そもそも衣装をこんなにシックなものにしてくるとは思ってませんでした。
SP・FSともに、無難にまとめてくるあたり、さすがベテランです。
でも、インパクトに何となく欠けてるような …

P.チャン選手。
冒頭4Tはコンビネーションにしてきましたね。
2個目の4Tはお手付き。
やはり昨シーズンまでの安定感は取り戻せていないようです。
ステップは軽やかですよね …
あら、3A転倒。まぁ、P.チャンのジャンプの失敗はいつものことと言えば
いつものことなのですが。
それでもPCSが高くでるから、なんとなく消化不良感を観ているものに与えるのかもしれません。
結局、ジャンプはいくつ失敗したんだろう …
う~ん、それでも160.91が出てしまうんですよね。

ノーミスが一番ですが、ジャンプで失敗しても点数が出る状況を
羽生選手も目指せたらいいですよね。

J.フェルナンデス選手。
あら、珍しい。4T失敗。やっぱり最終滑走のプレッシャーがあったのかな?
4Sはきれいに決まりましたね。
決まった! 4T-2Tのコンビネーション。しかもプログラム後半に!
今季はやっぱり、J.フェルナンデス選手が台風の目になっていくのでしょう。
フィニッシュはもう少しタメて欲しかったかな。
羽生選手も"燃える"だろうな … いいことです(笑)
168.07 PB更新でGPシリーズ初優勝おめでとう!

やっぱり、B.Orserコーチという人はすごいんでしょうね。
J.フェルナンデス選手を世界の4回転ジャンパーに育て、
GPの表彰台を狙える選手にしたわけですから。
羽生選手の来年が本当に楽しみですvv

続いて女子。
E.トゥクタミシェワ選手。
来年のソチに向けて、ロシア女子シングルは大激戦ですからね…
ジャンプの失敗はありましたが、本人からはガッツポーズも出て
笑顔もいいですね。シーズン後半が楽しみです。

鈴木明子選手。
このオフシーズン、彼女がとても楽しそうに過ごせていたことを
とてもうれしく思います。
長久保コーチも「よく頑張りました」ってお出迎え。
彼女を見ていると、思うんです。わたしも頑張らなきゃって。
演技中の構成変更は、やはりベテラン!
彼女の演技を見ているときは、エレメンツに意識が向かない。
その世界観に引き込まれているうちに、演技が終わってしまうんです。
FSは1位でしたが、GOE加点も少なくて、
シーズン後半、まだまだ期待できそうですね。

村上佳菜子選手。
苦しかった昨シーズン。
今季はうまく乗り越えられていきそうな気配がします。
本当にうれしそうな村上選手の表情。久しぶりに見られた気がします。
Kiss & Cryでは手に付いた血を拭っていましたが、大丈夫でしょうか?
羽生選手と一緒に、今年と来年のソチを目指して欲しいと思います。
そういえば、山田真知子コーチは、なぜカナダ入りしなかったのでしょうか?

K.マカロワ選手。
SPの衣装もそうでしたが、FSの衣装もちょっと一時代前の印象ですね。
せっかく長くて細いきれいな脚なのに。
あれれ? 衣装の左臀部、破れてませんか?
途中から、それが気になっちゃって、気になっちゃって。

K.オズモンド選手。
勢いがありますね。
シニアデビュー戦でSP2位。自国開催でプレッシャーもあったと思いますが、
3Lzと3Tの失敗以外は見ごたえがありました。

E.ゲデバニシビリ選手。
衣装、もこもこな感じがかわいい~っvv
3Lz転倒。3S両足着氷。
このステップシークエンス好きvv
最後、スピンに少し勢いがなかったかな …
ジャンプの失敗(アンダーローテーション)が響いてしまったのか、
表彰台を逃してしまいましたね。
直前の公式練習に姿を現さなかったとの情報もありますので、
怪我・体調が少し心配です。
「ドン・キホーテ」のクリーンな演技、次回は期待しています。

以下はインターネットで演技を確認した分。
F.アモディオ選手。
あー、ニコライ・モロゾフの振付ですねぇ~
数年前の高橋大輔選手を思い出すようなプログラム。
ステップも頑張ってるんだけど、新鮮味に欠けるというか。
アモディオ選手が悪いんじゃないんだよ、うん。
頑張れ、モロゾフって感じ?(笑)

A.ガチンスキー選手。
そういえば、彼もエントリーしてたと思いだして、
SPから改めて見てみました。
SPはFaOIで観たときとあまり変わらない印象。
冒頭のジャンプを失敗している分のマイナスがあるくらいかな。
もう少し、感情が乗ってくると良くなるのではないかと思うのですが …
続いてFS。ジャンプの失敗が目につきましたが、
それ以上に残念なのは、エレメンツとエレメンツの間が単調で、
退屈な印象になってしまっていること。
TL 6.29は、やっぱりちょっとさみしい。

Skate Canadaは先週のSkate Americaでの羽生結弦選手のSPが鮮烈過ぎたせいか
心をわしづかみにされる演技というのが観られなかった気がします。
来週の中国杯、治安が心配されますが、楽しみです。

♪ Michael Kamen


カナダ西海岸でM7.7の地震。
羽生選手の拠点となっているトロントや、Skate Canadaが開催されているウィンザーは
あまり影響を受けることはないかと思いますが …
羽生選手が動揺していないかな?と少し心配です。

少しずつ、カナダでの生活に慣れてきたとはいっても、
まだまだ英語は苦手のようですし、
3.11の記憶から、完全に立ち直れたわけではないでしょう。
心細い思いをしていなければよいのですが。
関連記事
スポンサーサイト
[タグ] 鈴木明子 SC
[ 2012/10/28 11:52 ] figure skating | TB(0) | CM(2) | EDIT |


こんにちは。初めまして。

お邪魔します。

スケートカナダの地上波の放映時間は、スケートのいつもの放映時間とちょっと違ったので、見過ごしそうになってあせりました。

チャン選手のお手付きと、織田選手のオーバーターンは、減点が同じ2点じゃなかったですか?お手付きとオーバーターンって、同じくらいのミスなんでしょうか?
私は、お手付きは転倒の一歩手前くらいなので、より減点されるのかと思ってました。
チャン選手の演技構成点、転倒したのに高いですよね。
転倒すれば演技が中断されるので、一つの完成された作品としては不十分だから点数があまりもらえないのではと、私のしろうと目では思うのですが… 加熱不十分な、半分硬いカボチャみたいに。
う~む、やはり採点については まだよくわかりません。
「まだ」って言っても、私に理解できる日がくるのでしょうかね~?


織田選手のジャンプ踏み切りまでの時間は、まあほとんどの選手があんなもんじゃないですかね。
あのカナダのリンクは他より狭いから、カナダ選手以外はやりにくかったでしょうね。織田選手は以前にジャンプを跳んだあと壁面にぶつかって転んでますから、気にしてたんじゃないかな?
私はむしろ鈴木選手の助走が長く感じられて、(期待してるからよけいに、かも)
「と、跳ぶ、もう跳ぶ、がんばって!行け!いやまだ跳んでないな、もう跳ぶ…か?」
ってなもんで、不整脈が最近出てるんですが、心臓に悪いです(^o^)
雅ちゃんは、ほんっとに短いですけどね。ああいう選手はまれですよね。
[ 2012/11/01 16:14 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございました。

Windさん、はじめまして。
ブログ界の端っこにようこそお越しくださいました。

> チャン選手のお手付きと、織田選手のオーバーターンは、減点が同じ2点じゃなかったですか?お手付きとオーバーターンって、同じくらいのミスなんでしょうか?
チャン選手は-3.00で、織田選手は-2.00だったと思うのですが …
> チャン選手の演技構成点、転倒したのに高いですよね。
そうでしたね。

転倒してもPCSが高いというのは、昨季からP.チャン選手にはよくあったことのような気がします。
にしても、織田選手のPE7.89に対して、P.チャン選手の8.39は、
やはり高すぎると思ってしまいますよね。
FS1位のJ.フェルナンデス選手は、唯一PEのみがP.チャン選手より上回る8.43。
それ以外の要素は全てP.チャン選手の方が高得点でした。
転倒があれば、TLなどは下がりそうなものですが…
PCSの点数って、素人目には「謎」がいっぱいです。

そうですよね、助走はあれくらいで普通ですよね。
> 織田選手は以前にジャンプを跳んだあと壁面にぶつかって転んでますから、気にしてたんじゃないかな?
今回もカメラにぶつかりそうなくらい、リンクサイドギリギリでひやっとしましたね。

鈴木選手のジャンプは、わたしは結構安心して観てます。
FaOIでの演技が安定していたからかな?
ショーでジャンプの成功率が低かった村上選手の方が、
着氷できるかな?って心配になってしまうことが多いかもしれません。

あっという間に中国杯。
高橋選手、浅田選手、町田選手の演技、楽しみですね。
[ 2012/11/01 21:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/1520-a8a26dd6