2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09








Pas de deux (Intrada) from "The Nutcracker, Op.71"

David W. CarmichaelさんのwebページでSkate America 2012の写真がUPされました。
どの写真もとってもきれい。

アノヒトから「おいで」と言ってもらえるのを待っていたことは、忘れることとして。

中国杯2日目。
やっぱり、一番の注目は町田樹選手。

オンエア開始から視聴していますが、コメントは女子後半グループから。

李子君選手。
自国開催のプレッシャーの中、冒頭の大技を決めてきましたね。
勢いを感じます。
ジャンプの失敗が3つ、減点2でしたが、
今後への自信と期待を膨らませてくれるものとなったのではないでしょうか。

キーラ・コルピ選手。
李子君選手のあとに観ると、やはり貫禄を感じますね。
あら、大きな転倒こそないものの、ジャンプのミスが目立ちますね。
来週のロシア大会までに立て直しができるでしょうか。
冒頭のジャンプをアナウンサーは"豪快"と表現しましたが …
"ダイナミック"と言った方がいいのでは? 豪快って … (苦笑)

長洲未来選手。
そっかぁ、未来ちゃんのGPシリーズエントリーは中国杯だけだったんだ。
それは、残念。
それでもうまくピークをもってくることが出来なかったのでしょうか。
前半は、スケールの大きな伸びやかなジャンプを観ることはできませんでしたね。
それでも後半の連続ジャンプからは、見事に立て直してくれました。
うーん、前半のジャンプが本当に悔やまれますね。

浅田真央選手。
やっぱり3Aは封印。ちょっとさみしい気もしますが。
3Loは綺麗。3Tの着氷がちょっと乱れましたかね。
3Aを武器に臨んだバンクーバー五輪。技の真央vs質のヨナと騒がれましたが、
ソチは質の真央で勝負していくのかな?
ラストのステップは圧巻でしたね。
ここ数年、いつも重圧の中で滑ってきた彼女。
昨季は「辞めたい」と思いつめるほどだったとおっしゃっていましたが、
演技後、ご本人が満足そうな表情なので、一安心です。
得点を見つめる表情は、少し浮かない感じにも見受けられましたが …。

男子のエース高橋大輔選手が、いろいろな音楽に染まり、
全て自分のものにしてしまうのと比べると
彼女は、まだまだ音楽にのまれてしまうような気がしなくものないのですが …

ユリア・リプニツカヤ選手。
やはり最終滑走、優勝へのプレッシャーがあったのでしょうね。
SP後は、「もう少し点数が伸びるかと思った」と
アグレッシブな発言もしていたようですが…
くるみ割り人形の音楽を聴くと、FaOIでのエアリアルを思い出さずにはいられません。
… なんて、彼女には失礼でしたね。でも、思い出しちゃったんだもん。

浅田選手の優勝。リプニツカヤ選手の得点を見る前から予感した日本人もおおかったことでしょう。
でも、もっともっと、期待してしまいたくなります。(真央ちゃん、ごめんね)
ご本人、「優勝できるような演技ではなかった」と冷静にコメントされていましたが
技術面で乱れてもPCSで得点を重ねられるということは、自信になったのではないでしょうか。

松岡修造さんは、時々、その熱血さがうっとうしく感じられることもあるのですが、
選手への洞察力は流石だなといつも思います。
一流アスリートの心に寄り添ったコメントもできる人なんだなって、
特に、フィギュアスケート選手に対しての発言については、
感じさせられることが多いです。

今日も、浅田選手に対してのコメント、素敵だったと思います。

いよいよ男子。
直前練習でA.リッポン選手と宋楠選手が激突。
宋楠選手が担架で運び出されたとのこと。とても心配です。
彼の演技、楽しみにしていたのですが … 顔面打撲で棄権、残念です。
自国開催で本人も、会場のお客さんたちも楽しみにしていたでしょうに。

アダム・リッポン選手。
練習中の事故と相手選手の棄権で、おそらく一番動揺していることでしょう。
冒頭3Aがシングルになってしまいましたね。3Loも着氷が乱れました。
後半は持ち直してきた感じですが、これおシークエンスがちょっと退屈だったかな …
コンビネーションを予定していたリッポンルッツは2Lzで開いてしまいましたね。
ラストにジャンプを固めている構成にはびっくりです。
本人としては、いろいろな意味で悔いの残るFSとなってしまったことでしょう。

セルゲイ・ボロノフ選手。
4T着氷しましたね。3Aの軸が少しぶれたように見えたのはわたしだけ?
正直言って、完全にノーマークの選手でしたが …
A.ガチンスキー選手よりも、仕上がりがいいのではないですか?
ステップにもう少し迫力が欲しいかなって気もしますが。
フィニッシュのポーズに昨季の羽生選手のロミオを思い出したわたしは
相当、結弦くんにaddictedかも(苦笑)
町田選手がプレッシャーに押しつぶされないか、ちょっと心配になってきました。

B.ジュベール選手も棄権だったんですね。
どうしたんだろう … 今年は、選手の不出場・棄権が多いような気がします。

いよいよ、町田樹選手。
本人がお気に入りというプログラム。ぜひ、会心の演技を見せていただきたいものです。
4Tは惜しくも転倒。ここから先は、ノーミスでいっていただきたい。
もう、祈る気持ちでいっぱいです。
おっと、3A転倒は免れました。
悔しそうですね、やっぱり。
SPのステップの方がいきいきとして見える気がするのは、わたしがS.ランビエル贔屓だからかしら?
2位以上確定!やったね、町田くん♪ PB更新おめでとう!
GPFも見えてきましたね。日本男子、本当に激戦です。

さて、高橋大輔選手。
2回とも、4T両足着氷になりました。
今季、どうしても、モノにしておきたいFSでの2回の4回転。
NHK杯までの課題になりましたね。
3Lzの軸がぶれましたか?
3Aの着氷が乱れ、3Loも転倒。
Skate Americaでの羽生選手ではないですが …
最近の高橋選手にしては珍しい崩れ方。
本人は自信があるといっていたFS。
期待してしまっていた分、残念な気持ちがいっぱいです。

町田くん、初優勝!!
高橋選手を逆転しての優勝。GPF出場決定、一番乗りですよ♪
自分に厳しいコメントばかりでしたが、戸惑いも大きかったのかな?
確かに、高橋選手は本調子じゃなかったのかもしれない。
でも、町田選手だって、プレッシャーの中で戦ったのだから。
もっと自分を褒めてあげてもいいと思うよ。
本当におめでとうvv
昨年の羽生選手に引き続き、今年も男子フィギュア界にニューヒーローが登場です♪

町田選手がGPF進出を一番に確定させたことで、
高橋選手、小塚選手、羽生選手、織田選手も2戦目に向けて、
焦りや闘志や … いろいろな感情に支配されていることでしょう。

もちろんフランス杯だって、
F.アモディオ選手、J.アボット選手、B.ジュベール選手、T.ヴェルネル選手がエントリーしていて
激戦なのですが、やはり注目は来週のロシア杯と最終戦のNHK杯。
前半の3戦が終わった段階で、台のりしているのは、町田選手を除くと
小塚崇彦選手、J.フェルナンデス選手、羽生結弦選手、P.チャン選手、高橋大輔選手、
織田信成選手、S.ボロノフ選手。
2回の表彰台が必要とされることが予想される中で、
ロシア杯では小塚選手、P.チャン選手、織田信成選手に加えてJ.ウィア選手が激突。
そして、NHK杯では、J.フェルナンデス選手、羽生選手、高橋選手、S.ボロノフ選手が。
今季のGPFでは、日本人選手を何人観ることができるか … 期待が膨らむと同時に、
悔しい思いをする日本人選手も数名出てしまうことが予想されて。
個人的願望を述べさせてもらうと
町田選手、小塚選手、高橋選手、羽生選手、J.フェルナンデス選手、P.チャン選手のGPFを観てみたい。
J.ウィア選手や織田信成選手も観てみたいけれど。
ここ数年の絶対王者P.チャン選手と、日本の絶対的エース高橋大輔選手、
そして、昨季からの新星である羽生結弦選手とJ.フェルナンデス選手が
同じ試合で戦うところを、どうしても観てみたいんです。

そして、今年の全日本は、一体、どうなってしまうのか。
今季の男子は4強による3枠の争いなんて言われていましたが、
町田選手が加わり5強になりました。
日本の枠、3枠じゃ足りないですよね。
世界選手権の代表、ソチ五輪の代表選考はどうなってしまうのか。
いまから、どきどき、わくわく。

♪ Pyotr Ilyich Tchaikovsky

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/03 21:32 ] figure skating | TB(0) | CM(2) | EDIT |


こんにちは、W優勝でしたね(^o^)

高橋選手、相当調子が悪かったのでしょうか?
あんなもんじゃないですよね、彼は。ステップも元気がなかったし。
町田選手、表情も良かったし、火の鳥の鳥らしい振付がとてもよかったですね。ニキビの手入れをするヒマもないくらい頑張って練習したんだろうな… 
ファイナル一番乗り、がんばってほしいです!
浅田選手、すこうしふっくらしてきてうれしかったです。優勝ですし(^o^)
一時期すごく痩せてて、「私の肉をあげたい」と、自分のお腹の肉をつかみつつ思いましたもん。ま、脂身なんで迷惑でしょうけどね。
やはりステップなどは、リプニツカヤ選手など足元にも及ばない巧みさでしたね。

ファイナルの出場選手は誰になるんでしょう?
羽生選手はすごい才能ですよね。私も何度も録画をリピートしてみてしまいます。ジャンプも動作も美しいですね。
でも、まだ若いので、もうちょっとの間だけ、お兄さん選手たちに機会をあげてちょうだい!と願ってしまいます。
どうも私は、長~く頑張っている年配選手に肩入れしてしまう傾向があるみたいです。中庭選手(引退されましたが)など、無条件になんとか勝たせてあげたい!と思ってしまうほうで…(^_^;)
[ 2012/11/04 01:04 ] [ 編集 ]

祝男女W優勝・男子1・2フィニッシュ・町田選手初優勝&GPF進出

Windさん、コメントありがとうございます。

> 高橋選手、相当調子が悪かったのでしょうか?
あんなに崩れる高橋選手、ここ数年、お目にかかったことがなかったですよね。
中国杯に関しては、いろいろと心落ち着かないことも多かったですから、
万全の状態では臨めなかったのかもしれませんが …

> あんなもんじゃないですよね、彼は。ステップも元気がなかったし。
そうですよね。もっと、観ている側の心躍るようなステップをみせてくれる選手ですよね。

> 町田選手、表情も良かったし、火の鳥の鳥らしい振付がとてもよかったですね。ニキビの手入れをするヒマもないくらい頑張って練習したんだろうな… 
今季の町田選手は、本当に輝いてますよね。
わたしの故郷、広島ゆかりの選手なので、応援にもつい、力が入ってしまいます。

> 浅田選手、すこうしふっくらしてきてうれしかったです。優勝ですし(^o^)
昨季は本当に、いろいろと心労の重なる1年を過ごされたでしょうから …
とりあえず1勝できて、ご本人も胸をなでおろしておられることと思います。
「エレメンツの強化を」と試合後に語っておられましたが、3Aは封印中。
基礎点の高いコンビネーションを組み入れていくのでしょうか。
日本女子最年長の鈴木明子選手が3F-3Tへの挑戦を表明していますから、
刺激を受けないわけがない。
バンクーバー五輪の時のキム・ヨナ選手のような戦略でソチ五輪を考えていくことになるのかもしれませんね。

> やはりステップなどは、リプニツカヤ選手など足元にも及ばない巧みさでしたね。
本当に軽やか・鮮やかなものでした。

> ファイナルの出場選手は誰になるんでしょう?
今季は役者が揃い過ぎ。それに加えて、町田選手の急成長でさらに競争は激化。
おそるべし、プレ五輪シーズン。
一体、何人の日本人選手がエントリーできるのか、目が離せません。

> 羽生選手はすごい才能ですよね。私も何度も録画をリピートしてみてしまいます。ジャンプも動作も美しいですね。
本当に、すごいですよね。
17歳にして、アスリートであり、アーティストであり、エンターテイナーでもある。
E.プルシェンコ選手とJ.ウィア選手が彼にとっては別格の存在のようですが、
まさに、両選手のいいとこ取りの選手として、リンクの上に立つ度に、
磨きがかかってきているような気がします。

> でも、まだ若いので、もうちょっとの間だけ、お兄さん選手たちに機会をあげてちょうだい!と願ってしまいます。
あまりにも華々しくシニアデビューしてしまったので、「まだ17歳なのに」と言われがちですが
高橋大輔選手は17歳、織田信成選手・小塚崇彦選手も18歳で世界選手権に出場していますし、
かの本田武史さんに至っては、14歳から世界選手権代表。田村岳斗さんも18歳で長野五輪に出場。
決して早すぎるわけではないですよね。

今年のファイナルはソチ開催だから、どうしても来年の五輪のことを考えると
羽生選手に出場してもらいたいと思ってしまうんです。
K.ブラウニングやE.プルシェンコなど世界の名立たるスケーターたちから、
羽生選手は絶対に世界のトップに立つ選手になると言われていて、
ご本人も「ピョンチャン五輪での金メダル」を目標としていることを公言しているわけですから、
ソチ五輪はやっぱり経験させてあげたい。
高橋選手もバンクーバーの前にトリノを経験していたわけですし。
現在の高橋選手もそうですが、羽生選手も日本フィギュアスケート界の宝であると同時に
世界フィギュアスケート界の宝だと思いませんか?

現在の日本男子のレベルが高すぎることによるうれしい悲鳴ですよね。
世界選手権や五輪の枠がWorld Standingsベースで割り振りになればいいのにと
わたしは思っています。
だって、11/3付のWorld Standings[http://www.isuresults.com/ws/ws/wsmen.htm]って
RANK 1 4160 P.CHAN
RANK 2 3556 高橋大輔選手
RANK 3 3548 羽生結弦選手 (高橋選手との差は8ポイント)
RANK 7 2712 小塚崇彦選手
RANK10 2416 町田樹選手
RANK12 2186 織田信成選手
RANK23 1656 無良崇人選手
と続くわけです。世界のTOP10に5人の日本人。
それなのに、世界選手権の枠は3枠しかない。

> どうも私は、長~く頑張っている年配選手に肩入れしてしまう傾向があるみたいです。中庭選手(引退されましたが)など、無条件になんとか勝たせてあげたい!と思ってしまうほうで…(^_^;)
長く現役を続けている選手が報われればいいなと思う気持ちは、確かにあります。
(わたしは、鈴木明子選手に勝たせてあげたい!って思ってしまうことが多いです)
今年の飯塚杯でコーチとしての中庭さんをお見かけしましたが、
リンクで演技を観られないんだなぁって、しみじみ。。。

ロシア杯は、わたしの居住地域では地上波放送がないので、
動画でのチェックになりますが、ファイナル切符をかけての激戦。
楽しみですね。
[ 2012/11/04 10:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/1527-938366c2