2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11








La Cumparsita

全日本選手権 男子SP。

結局、仕事が気になって、オンエアに間に合うように帰宅できなかったわたし。

というわけで、動画でチェック。

織田信成選手
えーっと、衣装、変えましたかね?
4Tは跳んだ瞬間にコケることが予想できるようなジャンプ。
3Aの着氷は織田選手らしい、膝のやわらかい、深い着地。
織田選手は、自身の特長をジャンプの質・GOEと語っているそうですが、
最近では、すっかり羽生選手にお株を奪われてしまっていて。
GPシリーズの優勝がなく、GPFも逃して、
そんな中、羽生選手はGPF銀メダル。
焦りは筆舌に尽くしがたいものであることでしょう。

○小塚崇彦選手
4Tはステップアウト。
相変わらず、と表現していいのか、悩むところではありますが、
小塚選手のスケートはストイックですよね。
ただ、今大会に限って言えば、スピンが少し、荒いような気もします。

○高橋大輔選手
冒頭から … まるでアイスショーであるかのような歓声が起こったことに、
ちょっと反撥したい気もしますが、高橋選手本人がそれを気持ちよく感じるならいいですけどね。
4Tは … 転倒しませんでしたが、残念な感じ。
3Lz-3Tは、さすが、鮮やかでした。
小塚選手のスケートが"スポーツ"なら、高橋選手のスケートは"エンターテイメント"。
今回の全日本SPも、そんな風に感じられました。

羽生結弦選手
最終滑走。
4Tは単独になってしまいましたね。ちょっと残念。
ブルースの"けだるさ"の表現に磨きがかかってきた気がします。
おそるべし、18歳。
演技後、自分でも氷上で"パチパチ"と拍手されてましたから、
納得の演技だったのでしょう。
Kiss & Cryで点数を観たときの表情は「出過ぎかな?」って感じもしましたね。
97.68点(TES 53.78、PCS 43.90)
国際大会ではないので、参考記録ですが、
このプログラム、100点も見えて気がします。
冒頭の4Tがコンビネーションになったら … ねぇ?
でも、やっぱり、PCSは高橋選手(44.65)に届かない。
表情が、GPシリーズ過去3戦に比べると、乏しかったかな、
という気がしましたので、仕方ないのかもしれません。
ご本人はきっと、「まだ、伸びる(伸ばせる)余地があるのに、
これだけの点数をもらえたことはうれしい」くらいのことは
言ってくれるんじゃないかなって、勝手に期待してます(笑)
全日本選手権直前の特集で何度もON AIRされた
「負けないっすよ、先輩っ!」という声が 聞こえてきそうvv

フリーも羽生選手は最終滑走。
明日は、ちゃんと、テレビ前で観戦したいと思います。

♪ Gerardo Matos Rodríguez


以下、その他選手の動画チェック。
○無良崇人選手
4T-3Tのコンビネーションが決まりましたね。
ひやっとさせられるようなこともなく、安定した滑り。
ガッツポーズ出ましたね。
GPシリーズ仏杯の優勝が"まぐれ"ではなかったことを証明してくれる演技でした。
FSを大きなミスなくまとめられれば、四大陸選手権の出場枠を
獲得できるのではないでしょうか …

○中村健人選手
動きが全体的に軽やかですね。
3Lzはちょっと危ないかな?って思いましたが、転倒は免れましたね。
中村選手のティッシュケースは、しろたんなんだ(笑)
全日本の舞台で、大きなミスなくまとめられたことは、
今後の自信につながることでしょう。

○佐々木彰生選手
冒頭3A、軸が曲がったようにも見えましたが … 
スピード感があって、迫力もありましたね。
生き生きとした躍動感のあるパフォーマンスが、とても印象的です。
ガッツポーズがでましたねぇ。
大きなミスもありませんでしたし。
これだけの演技を出来る選手なのに、国際大会にエントリーさえ出来ない
いまの日本男子の選手層の厚さって …
一度、佐々木選手の演技は、生で観てみたいと思わせる、今回の出来栄えでした。

○木原龍一選手
飯塚杯では、印象的なオペラ座の怪人をみせてくれましたが …
あら、3Aが …
コンビネーションスピンにスピードがありませんね。
キャッチフットスピンも、なんだかいびつな形に見えます。
ステップに華やかさがあった分、スピンがもったいなく思われます。
スピン、苦手なのかな?

○吉田行宏選手
大学への愛校心は薄いと思っていましたが、
やっぱり、なんとなく、「がんばって!」と思ってしまう自分に
ちょっとびっくりです。
うーん、衣装がねぇ … もう少し、きれいな色を着ればよかったのに(苦笑)
3A、ちょっと危なかったですね。
3Lz、膝を使ってうまく耐えましたね。
そっか、引退するんだ。まぁね、いろいろ厳しいよね。
3つ目、3Fがパンクしちゃいましたね。
演技後、脚をぽんっと叩いたようですが、痛みがあったのでしょうか?

○堀之内雄基選手
エッジが中央で折れてしまっての棄権。本当に無念だったでしょうね。
せっかく全日本選手権の最終グループで滑るチャンスを手にしたのに。
ビスや靴ひもは本人の準備不足・メンテナンス不足かなと思いますが、
エッジが折れるというのは、まさにアクシデントだと思うんですね。
精神的なダメージが、心配です。

○町田樹選手
堀之内選手棄権の影響が出なければいいのですが。
衣装は、GPFのままでいくんですね。前の方がよかったのになぁ …
無良選手が4T-3Tを決めていますから、焦りがあったりするのかな?
ステファンも会場のどこかで、観てるんじゃないかな?
3A、跳び上がった瞬間に軸がぶれるのがわかりましたね。
厳しいスタートとなりました。
MOIのゲストスケーターとして来日しているステファンも
会場のどこかで、観ていると思うのですが …
チェンジフットキャメルスピンはスピードが足らなかったかな?
3Lzの着氷が乱れましたね。
うーん、GPFに続いて、残念な演技となってしまいました。
無良選手との四大陸選手権代表争い、一歩リードしているかと思っていましたが、
ここにきて、厳しくなってしまいましたね …

○坪井遥司選手
高橋選手と羽生選手の間に演技するのは、本当に大変でしょうね …
あら、3Fがパンク
緊張してるんですかね … 曲を表現しきれていないような印象です。
もう少し、艶というか、華やかさというか、
そういうものがにじみ出てくるといいんですが。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/12/21 23:45 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/1582-09bdb415