2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11








Finlandia Trophy 2013 Men FS

立て続けに羽生結弦選手の記事をUPしているせいなのか …
webページの広告欄に
「早稲田大学人間科学部eスクール 出願締め切り」のバナーが
今週末はずーっと出ています(苦笑)

それはさておき、Finlandia Trophy 2013 男子FSです。

○Viktor ROMANENKOV選手 ♪ Carmen
Nebelhorn Trophyで名(迷)カルメンが演じられたばかりですからね~
どうしても見劣りしてしまって、かわいそう …
いや、そんなことを思うのは、わたしだけか(笑)

○Artur GACHINSKI選手 ♪ Anna Karenina
脱まっくろ衣装だ。相変わらず色は少ないけれど(苦笑)
4Tバランス崩しちゃいましたが、それ以外は
何とかまとめられましたかね。
Kiss&Cryでは投げKissも飛び出しました。
ソックス丸見せえ、なんかおじさんっぽい …
現時点1位。

○Maciej CIEPLUCHA選手 ♪ Ragtime
ショパンの前奏曲第7番で滑り出したはずなんですが、
そのあとの曲のつなぎがまったくわからない …
次々と違うものが出てきては消えていく …
と不思議に思っていたら、映画のサントラから構成したんですね。
ふーん。曲のほうが気になりすぎて、演技、全然見てなかった(苦笑)
(ちなみに、CoriographerはTom Dickson)
きっと悪くない演技だったのね、現在2位

○Richard DORNBUSH選手 ♪ Beatles Medley
大ちゃんと曲被りがなくてよかったねー
転倒後の3Aは抜けちゃいました。
その後は、なんとかコンビネーションに持ち込めたって感じかな。
さて、あなたはどちらのビートルズプログラムがお好き?
こちらは若さ全開の編曲で、大ちゃんのはやっぱり、人生の紆余曲折を語る感じ?
現在、順当に2位。

6分間練習が始まりました。
さて、Johnnyさんは、ゆずにどんな衣装を用意してくれたのか …
白のひらひら … ビジューもあしらってあって、レーシーな感じ。
ロミオというよりは、ジュリエットの衣装のようにも思えなくもないです。
日本人でこの衣装を着こなせるのは、結弦くんだけですね …
この衣装が恰好よく見えるかどうかは、演技しだいかも。
ペットボトルカバーはまだ出来てないのね。
4回転、跳べてないですね … 大丈夫かなぁ …

○Jorik HENDRICKX選手 ♪ Rhapsody in Blue
このプログラム、どこが見せ場だったんだろう …
気づいたら終わってた(苦笑)
現時点で3位。順当でしょう。

○Sergei VORONOV選手 ♪ A Los Amigos/Per Una Cabeza/Tanguera
これは … Voronov選手、優勝もあるかもしれない。
出ちゃった、大きなガッツポーズ。
って、こんな言い方してはいけませんね。
はい、反省します。

○中村健人選手 ♪ 皇帝
あぁ、惜しい! あとちょっと!
ジャンプのミスは悔しいですが、スケートがよく滑るようになってる気がします。
樋口コーチも得点が出るまで落ち着かない(笑)
ちょっと残念だったけど、まだ初戦だからねvv

○Douglas RAZZANO選手 ♪ Nessun Dorma
ジャンプミスが続いて苦しいですね。
後半はなんとか立て直しましたが …

羽生結弦選手 ♪ Romeo & Juliet
いよいよ、新プログラムお披露目です。
羽生選手、優勝には156.71点が必要なんですが … 4回転、大丈夫かなぁ …
さっそく新SP衣装のバナーが出てるのがすごい …
4Sも4Tも、決まった …
3Aの軸が思いっきり曲がってお手付き。
抜群の安定感を誇っていた3Aは、FaOIのフィナーレに置き忘れてしまったのかしら?
2本目は決まって、タノとのコンボ。
ステップアウトもあってパーフェクトではないですが、
練習の状況からは、もっとボロボロになってしまうのではないかと心配していたので、
安心しました。
最後のスピンのポジション、前々から話題にはなっていましたが …
きれいなんだろうか、アレ …
難易度も大事ですが、やっぱりきれいなものをみたいんですけど …
まぁ、それは置いておいて。
それでもFinish後はガッツポーズ。
しかし、やっぱり演技終わったら、バテバテでしたね …
Davidは飛び上がって拍手してるから、初戦としては上出来っていうこと?
「4Tは心配してなかったけど」ってDavidと話してますね。
これだけミスが出て、180.93点!!(もちろんPB。TES/PCSもそれぞれベスト)
当然、総合265.59点もPBです。
集中力というか、本番力というか。
3Fはエッジエラーを取られてます。
ラストのCCoSpではレベル3か4を取りたいところじゃないかしら(今回はレベル2)
でも、加点がついているところを見ると、
美しくなくても難しいことをやっているのだから、それでよし、ということなのかしら?
Skate Canadaでは、どう調整してくるのか …
とりあえず、迷子になり気味な3Aを捕まえて、
最後までバテずにFSを滑り切れたらいいなぁ …

日本男子TOP6のFSが出揃ったところで、一応、比較をしてみました。
高橋大輔選手・小塚崇彦選手はJapan Open
町田樹選手は近畿ブロック大会(←ちょっと下駄履かせました)
無良崇人選手はOndrej Nepela Trophy
織田信成選手はNebelhorn Trophy
羽生結弦選手はFinlandia Trophyのスコアです。

2013_FS_Score.png

高橋大輔選手と織田信成選手のSSの高さが目を引きます。
でも、羽生結弦選手も、随分、追いついてきましたよね。
CH,IN,TRは高橋選手と羽生選手が他を大きく引き離しています。
今回は、高橋選手の最後のスピンがノーカウントになったりしているので、
今後、もう少しのTESが上乗せされるのは間違いのないところ。
そうなってくると、やはり無良選手と町田選手は少し苦しいのかな …
ちなみに、演技の基礎点は85.94点で、羽生選手がダントツです
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/06 23:09 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/1845-5b72d428