2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08








Cup of China Day2

全部観たい、気持ちはあるのですが、出張疲れが予想以上。

とりあえず、個人的に気になる選手と上位選手をダイジェストで。

女子FS

○Zijun LI選手 ♪ Coppelia
SPに引き続き、ジャンプが不調ですね。
髪の毛がきっちりセットされていないのは、いつものことですが、
調子が悪いときには、余計に疲れているように見えてしまう …
持ち味の躍動感は、いったいどこへ?
スピン・ステップでレベルがとれてませんし、
何より最後のスピンはノーカウントになってます。
あらあら本当に、どうしちゃったんでしょうか。

今井遥選手 ♪ Piano Concerto
遥ちゃん、ちょっと緊張してますかね?
サルコウで転倒。
あらあらコンビネーションジャンプが …
後半、疲れてしまったのでしょうか?
ジャンプだけでなく、スピンもレベルのとりこぼし。
おまけに、時間オーバーの減点までついてしまいました。
体調が悪かったのかなぁ … と思っていたら




昨年から、体調が思わしくないようで … 心配です。

○村上佳菜子選手 ♪ Papa Can You Hear Me
SPの衣装も ん? と思ったのですが、FSの衣装も … ?
もっと村上選手に似合う色があると思うのですが …
あぁ゛ … 2本連続でパンク。
JOもうまくいかなかったFS。
プログラム、変えずに頑張るのかな …

○Anna POGORILAYA選手 ♪ Mermaids
3連続ジャンプの真ん中に1Loを挟む選手が
今季は多いような気がしているのですが(羽生選手もそうですが)
素人目には、一瞬、ステップアウトのようにも見えて、
ひやっとするんですよね …
あら、アクセルジャンプが苦手なんですかね?

○Carolina KOSTNER選手 ♪ Sheherazade
冒頭がまさかのダブル。
ブルーのスカートの下は、やっぱりブルーがいいような気もします。
あーっ、3Tで転倒。
ありゃ、この時点で2位。

○Adelina SOTNIKOVA選手 ♪ Introduction and Rondo Capriccioso in A Minor Op. 28
復活ののろしをあげられるか。
あぁ~っ、そんな転倒の仕方って!!
2A+3Tはきれいに決まったのに、その後2回目の転倒。
うーん … 

でも、だからといって、POGORILAYA選手の優勝っていうのは、予想外も予想外。
(ついでに、李子君選手最下位も全くの予想外)
なんだか、女子は消化不良だなぁ … 

女子のポイント獲得状況はこちら。

GPS_Point_Ladies_2013110422025023d.png


ソチが終われば、ロシアの時代?
村上佳菜子選手、今井遥選手、宮原知子選手にも、ぜひ食らいついていっていただきたいものです …

続いて、男子FS
○Florent AMODIO選手 ♪ Under The Moon ~ Happy ~ La vie en rose
赤いサスペンダー …
4Sは、助走のスピードが上がらなかったせいか、回転不足。
続いてパンク。あ~ぁ~
あれ? 2本目の3A …
うーん … このプログラム、あんまり好きじゃない。
Amodio選手らしさが、すっかり失われている気がするのです …

○Denis TEN選手 ♪ The Young Lady and the Hooligan
棄権するかと思いましたが、出場してきました。
冒頭4Tを跳ぶつもりだったんですかねぇ?
それとも3T狙いで2Tになったのか …
やっぱり、3連続ジャンプの2番目の1Loはステップアウトのように見えてしまう …
高いPCSも出ていますし、コレオシークエンスの気迫はすごかった。

○小塚崇彦選手 ♪ Introduction et Rondo Capriccioso Op. 28
4Tの転倒は織り込み済みなので、不問にします。
後半3連続で高得点となるはずの冒頭3Aがパンクしちゃいました …
さらには、2つ目の転倒は痛すぎる …
ジャンプの失敗以上に、スピンでのレベルの取りこぼしが気になります。

○Maxim KOVTUN選手 ♪ Piano Concerto No. 1
チャイコフスキーのピアコン。
ソチのリンクではきっと、映えますねぇ。
4Sを2本決めてきました。
もう少し、PCSは伸びるかと思ったのですが …
自国開催なのに1枠しか五輪出場枠のないロシアですが、
Voronov選手が調子を上げてきました。
(Gachinski選手は、ちょっと厳しそう …)
帝王Plushenko選手も着々と準備を進めているようですし、
こちらも熾烈な戦いとなりそうですね。

○Han YAN選手 ♪ Minor Waltz Michael Poral
3Aでステップアウト。でもその後4T+3Tを決めてきました。
3Fでの転倒はご愛嬌といってもいいかも。
だって、自国開催のGPSでSP1位で折り返して、緊張の中でのこの演技です。
まだ17歳ですし。
もう少し、表情を出せるといいですよね。
そういえば、中国の男子シングルは1枠でした。
ここ最近の勢いを考えたら、Han YAN選手、やや優勢か …

さて、優勝したHan YAN選手の2戦目は、
なんとPatrick CHAN選手、羽生結弦選手と同じTrophee Eric Bompard!
町田樹選手に続く躍進・活躍で、今季の台風の眼となるのか …

で、ここまでの日本男子6名と海外注目選手のSP/FSのISU認定のベストスコアを並べると以下の通り。
小塚崇彦選手はSP-Cup of China、FS-Skate America、TOTAL-Skate Americaの記録です。

COC終了時 SP COC終了時 FS COC終了時 TOTAL

ニューヒーローだけど、実はスケート人生20年を迎えた町田樹選手が、
文字通りの若手である羽生結弦選手、Han YAN選手と同じく
TESを武器にする戦略で、今後どこまで伸びていけるのかが注目。

GPS_Point_Men_20131103113622b9c.png

そんな中、その町田樹選手が、西日本選手権で、
またまた素晴らしい演技をしたようです。(プロトコルがまだ出ていないけど)
SP 93.66点は非公式ながら歴代4位の得点。
日本男子の中では、今季、ただ一人の絶好調。ペース配分、大丈夫かなぁ …

SP_PB_Men.png

ちなみに、東日本選手権男子SPは(こちらもプロトコルまだ …)、
1位佐々木彰生選手、2位村上大介選手、3位中村健人選手。
関連記事
スポンサーサイト
[タグ] 今井遥 CoC
[ 2013/11/02 21:26 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/1911-2698f449