2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11








Grand Prix Final 2013 Day3

まずペアFS。
○Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH組
Moore-Towers選手がジャンプで転倒。
スピンの回転が途中でずれちゃいました。
やっぱり、そろわないと残念な感じがする …

○Cheng PENG / Hao ZHANG組
PENG選手がジャンプで転倒。
スピンのユニゾンもややずれました。
滞空時間の長いスロージャンプは、やはり、栄えますね。

○Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD組
ジャンプに入るタイミングもずれていたし、Duhamel選手が激しく転倒。
最後はスピンの回転もずれるし、フィニッシュのポーズもキープ出来なくて。
残念な演技でした。

○Qing PANG / Jian TONG組
あらぁ、スピンの回転がずれちゃった。
しかし、それ以外はスケールの大きい貫禄の演技。
ガッツポーズも出ましたね。

○Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV組
Volosozhar選手がジャンプで転倒。2本目もバランスを崩してしまいましたね。
ジャンプへのアプローチの取り方がしっかりユニゾンになっていて
美しいだけに着氷が決まらなかったのが残念。

○Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY組
Savchenko選手のバレエ的所作が、実に様になっていて美しい!
本当に、バレリーナみたいvv

徐々に、わたしのテンションも上がりアイスダンスFD。
○Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE組
一挙手一投足に華のあるカップル。

○Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT組
ツイズルのユニゾン完璧!
やっぱり、この編曲、わたしは好きになれない …
星の王子さまの「大切なものは目に見えない」というのが、
中盤までは、しっとりと伝わってきて名プログラム!と思いながら
見入るのですが、ステップに入っていくあたりから、
その世界観が急に吹き飛ばされてしまうような気がするのです。
でもジャッジのIN評価は9点。わたしの感じ方がおかしいということのようです …

○Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE組
このプログラムいいなぁ …
CoRの時は、リフトのポジションしか印象に残ってなかったけれど、
今回は、二人が醸し出す空気感がすごく好みvv

○Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV組
演技序盤からのスピード感は迫力満点。
あら、Soloviev選手がバランスを崩して転倒。
あぁ~あ、Bobrova選手、泣いちゃった?
転倒したのはSoloviev選手なのに、なぜか彼が彼女を励ましてる(苦笑)
しかしながら、バロック音楽(ヴィヴァルディの四季)と
古典派音楽(モーツァルトのレクイエム)のつなぎには、やはり違和感が残るか …

○Tessa VIRTUE / Scott MOIR組
この2人に、重力はかかっているのだろうか?と
思わず思ってしまう軽やかで舞うような動き。
五輪タイトル防衛に向けて、着実に調子を上げてますね …
いやぁ、ここまでのカップルとはやっぱり格が違う!
ご本人たちも会心の出来だったよう。
なんだか、今回、わたしの中で、
かなりこのカップルへの好感度が上がったぞ!?
右にテサモエのタグができるのは時間の問題か … ?! ⇒

○Meryl DAVIS / Charlie WHITE組
さぁ、そしてメリチャリ。
なぜですかねぇ …
Charlieがあまりにも巧みにMerylを引き立てるからでしょうか
"Meryl様と下僕Charlie"に見えてしまう … (苦笑)

さて、お待ちかね女子FS。

○Anna POGORILAYA選手
冒頭コンビネーション、3Lzはきれいに決まったものの
3Tは少し軸が傾いて着氷が乱れたか …
2Aはステップアウト。3Fで転倒して、すぐには立ち上がれず。
演技後、茫然ってかんじですね …

○Elena RADIONOVA選手
ロシアの元気娘登場。
やっぱりスピード感がPogorilaya選手とは違う。
あら、3Lzで転倒。
レイバックスピンはビールマンポジションまでの流れもきれい。
よくがんばりました!

○Julia LIPNITSKAYA選手
3Lz-3Tはスピードに乗って鮮やかに着氷。
やっぱり、このプログラムいいですね …
3Sが少し回転不足になったでしょうか?
しかしそれ以外はミスなく、美しい仕上がりでした。

○Ashley WAGNER選手
前半はパワフルなジャンプのためか、とにかく強い女の印象が強烈。
それでも、後半はしっかりと悲劇の世界を演じているのだから、
その表現力はやはり、1級品。

○Adelina SOTNIKOVA選手
2コケは厳しいなぁ …
今季、ここまでの仕上がりを見ていると、
ロシア女子のうち1枠はLipnistykaya選手でほぼ決まり。
残る1枠をSotnikova選手、Tuktamysheva選手、
Pogorilaya選手,Leonova選手あたりで争うことになるんでしょうかね。

浅田真央選手
挑んできた2本の3A。
残念ながら、転倒と回転不足という結果になり、
GPFでは1本も決められずということになってしまいましたが、
彼女は、五輪で必ず3本挑戦するのでしょう。

全日本では新しい衣装もお披露目ですかね?

ということで、GPF結果。

GPF_Ladies_FS.png GPF_Ladies_FS_PCS.png
GPF_Ladies_Total.png

Lipnitskaya選手がしっかりGOEを取っているのが目を惹きます。
こうしてみると、意外とRadionova選手のPCSが低い。
まぁ、シニアデビューの年で、まだまだこれからなんでしょうけれど。
Golden Spin女子FS
○Elizaveta TUKTAMYSHEVA選手
冒頭のコンビネーション、2本目がオーバーターンになってしまいました。
3Sがパンク。その後のジャンプもクリーンには決まらず、
ロシア選手権までに調子を取り戻せるでしょうか?

安藤美姫選手
冒頭のコンビネーション、1本目は高さもありきれいでしたが
2本目が回転不足。
その後のジャンプも回転不足が目立ちました。
しかしながら、ステップは少しずつではありますが、
安藤選手らしい力強さが戻ってきているのが感じられます。
さて、全日本選手権で2羽の火の鳥(町田選手と安藤選手)は飛翔することができるのでしょうか。
2羽とも丸焦げというのは、見たくない … (苦笑)

○Yuna Kim選手
冒頭のジャンプは転倒。
"無難"な滑りではありましたが、こんなに点数が出てしまうものですかねぇ …

さて、日本女子の五輪代表争いはどうなるのか

GPF終了時Ladies_SP GPF終了時Ladies_SP_PCS
GPF終了時Ladies_FS GPF終了時Ladies_FS_PCS
GPF終了時Ladies_Total

浅田真央選手は当確。
鈴木明子選手も、全日本選手権で表彰台落ちしなければ大丈夫でしょう。
残す1枠を、村上佳菜子選手、宮原知子選手、安藤美姫選手が争うという構図でしょうか。
(残念だけど、遥ちゃんはちょっと厳しいかなぁ …)
現時点で、優位に立っているのは、将来性も考えると宮原知子選手。
村上選手、プログラム変更してくるのでしょうか …
関連記事
スポンサーサイト


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/1941-2537d188