2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10








Sochi Team Event Men SP

意外と …会場には空席が目立つ?

○Matthew PARR選手 (GBR)
この曲って … 編曲は違うけれど、Kovtun選手が今季使ってたよね?
オリンピックで自己ベストの演技。

○Paul Bonifacio PARKINSON選手 (ITA)
4Sに挑戦しましたが、転倒。
3Aでも転倒、これは苦しい …
3Lzはなんとかコンビネーションに持ち込みました。

○Yakov GODOROZHA選手 (UKR)
3Lzはオーバーターン?
ここまででトップ。

○Evgeny PLUSHENKO 選手 (RUS)
会場からはジェーニャコール。
さて、どんな国際評価(PCS)が出るのか …
4T-3T決まった。
3Aは踏ん張った。3Lz着氷。
ちゃっかり、観客の煽りもしてるし、さすが帝王 …
皇帝が、存在感を発揮。ガッツポーズ出ました。
出た、91.39!
でも、PCSはやっぱり渋め。9点台はなく、TRは7.93だからな …

○Jeremy ABBOTT選手 (USA)
4T転倒。
コンビネーションは3Lz-2T。
3Aがパンク … 苦しいなぁ …
65.65 … Kiss & Cryで頭を抱えるAbbott … 見てられないよ …

第2グループの6分間練習。
あー、緊張してきた …

○Peter LIEBERS選手 (GER)
衣装新調。
4Tのあと、なんとか2Tをつけてきましたね。
ジャンプはミスなし。ガッツポーズ。
79.61でPB更新。

○Han YAN選手 (CHN)
3A、きれいに決めましたね。
4Tも着氷。ただ、少し表情が固い … ですかね?
3Lz-3Tは乱れましたが、回り切った、かな?
鼻が出てるよ(苦笑)
85.52で現時点2位。

○Florent AMODIO選手 (FRA)
欧州選手権のような演技はみたくないけれど、調子はどうかしら?
4Sは … 3Sに。
とりあえず、転倒がなかったから、よかった。
冒頭の4回転は残念でしたが、それ以外は、今季一番!
本人も、演技後、うなずいてましたね。
Joubert、Kiss & Cryでおどけてる …
Han Yan選手には届かず79.93点

○Patrick CHAN選手 (CAN)
いよいよ、皇帝に絶対王者が挑戦する瞬間がやってきました。
4Tの着氷がやや乱れ、コンビネーションは2T。
3Aステップアウト。この状況で、どんな点数が出るのか、注目ですね。
プル超えするのか、しないのか … そして、PCSは … ?
90点に乗らず、89.71! PCSはさすがの45.68点。プル様の勝利!

羽生結弦選手 (JPN)
さすがに、緊張してそうな面持ち … 大丈夫でしょうか …
4T決まった!
さて、ジャンプをすべて決めた羽生選手、あこがれのプル様との勝負の行方は?
いいイメージで個人戦に臨めそうvv やった!
ご本人も笑顔でガッツポーズ!あすの朝刊一面は、フィニッシュポーズで決まりですね(笑)
Team JAPANにっこにこvv
97.98点でプル様超え!もちろん1位。
PCSはTR以外ずらりと9点台が揃いました。
ステップとスピンでレベルの取りこぼしがあるので、これを修正してくれば、
個人戦では100点越えも … とつい、期待してしまいます。
しかし、4Tと3AへのGOE加点がすごい …

羽生選手、大役お疲れ様でした。

明朝には、英文記事もたくさん上がってくるはずvv
皇帝(帝王)に絶対王者とプリンス(?)が挑んだ団体戦 男子SP。

羽生結弦選手は、技術面ではMAXではありませんでしたが、PCSは自己最高得点の45.53点を獲得しました。
「海外(日本以外)で、95点以上が出せてよかった」とご本人はコメントされていましたが、
海外で、PCSで高い評価を得られたこともまた、自信となったことでしょう。
国際大会としては、初めて、SSで9点越え(9.18)。TRも自己最高得点。
オリンピックに向けて、強化してきたスケーティングとつなぎの部分。
しっかりと、その成果が表れたようです。

2012_2013_SP_2014020720390862b.png

五輪開幕前にメダル候補として、名前が出ていた選手で団体戦SPを滑った選手の結果を抜き出してみました。

SOCHI_TEAM_SP.png SOCHI_TEAM_SP_PCS.png

中庭健介氏も指摘されていましたが、やはり、Plushenko選手のTRには、厳しい評価が突き付けられました。
ただ、気になるのは、Plushenko選手のPCSには、明らかな「異常値」が含まれているということ。
実際の評価には、影響しませんが、他の選手たちのPCS評価にあまりバラツキが認められない中、
Plushenko選手のPCSを見ると、SSとTRの評価を極端に低くしているジャッジが1名いるんです。
最終評価が8.75となったSSに6.75、TRに至っては、7.93に対して4.50です。
なんだか、また、議論を呼びそうですよね … 残念だなぁ …
関連記事
スポンサーサイト
[タグ] 羽生結弦
[ 2014/02/07 00:21 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2055-b64db35a