2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09








Sochi Team Event Men FS

今季国際大会初出場となるKevin Reynolds選手の仕上がりも気になるところ。
町田選手は、団体戦と個人戦で衣装を変えるんでしょうね、きっと。

おや、応援席には髙橋大輔選手の姿も。

○Paul Bonifacio PARKINSON選手(ITA)
4S転倒。2本目の3Aの着氷後に尻餅。
エッジが溝に引っかかった?
1番滑走でこんなことがあると、リンクの状態は大丈夫なの?と思わなくもない。
ミスはたくさんあった気がするけどPBなんだ。よかったですね。

○Jason BROWN選手(USA)
4回転なしプログラムにどれだけの点数が出るのか …
3A-3Tは高さもあってきれい。
キャメルスピンには髙橋・羽生両選手も拍手。
さあ、ステップが始まります。
おっと、3Lz-Lo-3Sの最終ジャンプで転倒。珍しいな …
ノーミスとはいきませんでしたが、立派なオリンピックデビュー。
153.67点。

○Kevin REYNOLDS選手(CAN)
4S決まった。4T-3Tも高さがありました。さすが、4回転ジャンプの申し子。
でも、3Aでステップアウト … ちょっと跳び上がりすぎたかな?
後半の4Tも決めた。これは、怖い存在になりそう …
もちろん、演技後はガッツポーズ。
どれくらい点数出るかな … 167.92点。
意外と点数が伸びなかったのはPCSのせいかとも思ったけれど、
4回転3本認定でもTESは83.42点。羽生選手の最高点(GPF TES88.52点)に及ばず。
確かに、加点はあんまり取れてないんだよね …

○Evgeny PLYUSHCHENKO選手(RUS)
ベスト・オブ・プルシェンコはどんな評価を受けるのか。
冒頭の4T成功、2本目は3Lz。ジャンプが決まるたびに大歓声 …
3連続ジャンプは最後、軸が曲がったようにも見えたけど …
おっと、3Sが2Sに。しかしまぁ、スケートはよく伸びててスピードあるなぁ …
ミスはあったし4回転は1本だけど、演技後はガッツポーズ。
納得の演技だったんですね。そして、あのロシアコール …
168.20点でKevinを上回った。
予定とはアチコチ違う気がするけどPEは9.14点なんだ … よくわかんない …
相変わらず、TNは6.25~9.25と評価がかなり割れている(最終的には7.54)



今日はウォーミングアップ。ユズとパトリックがいないから、4回転(2本)は今日は跳ばないけどクリーンに滑ると決めたんだ

さすが、皇帝はおっしゃることが違います …

○町田樹選手(JPN)
浅田選手も呑まれたロシアコールの渦に巻き込まれずに臨めるか …
4Tきれいに決まった! 波に乗れるか …3Tになっちゃった。
後半の構成、計算できてるかな … 
3連続の最後がシングルループ、本人も思わず苦笑い?
165.85点か … でも、最低限の役目は果たした。あの空気の中で、頑張ったvvお疲れ様でした。

脚、震えてたんだね。この悔しさは、きっと次につながるよvv




3位アメリカとの差は2点 … 厳しいなぁ …
関連記事
スポンサーサイト
[タグ未指定]
[ 2014/02/10 00:54 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2078-95545717