2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09








Dreams On Ice 2014 Day 3

現役続行かと思われていた佐々木彰生選手も引退との情報を
新横浜へ向かう新幹線の中で把握。
寂しさを感じながら、Dreams On Ice 2014千秋楽公演に行ってきました。

今回は1公演だけ、日帰りです。
DOIにドキドキしながら、会場に向かって歩いていたら、
スケートセンター手前30mくらいの路上で、サインを求められている日野選手に遭遇。
開場10分前に、そんなところ歩いてるなんて、無防備というか、なんというか…
と、通りすぎようとしたら、その先では、近藤琢哉さんが写真撮影求められてました。
その後、お二人は並んで関係者入口から会場へ。

今日の公演では、残念ながら、松田悠良選手が体調不良(怪我)のため、欠場でした。
(アフターパーティーには出席されたとのことで、大事に至っていないのだとわかり、一安心。)

○Opening ♪ Kiss You
(各選手の登場曲はわかり次第追記)
日野龍樹選手はSing For Me(Blue)
宇野昌磨選手はHappy(Pharrell Williams)
本郷理華選手はGone Tonight(Lae Michele)
田中刑事選手はShe's Not Afraid(One Direction)
宮原知子選手はNecessary Evil(Nikki Yanofsky)
無良崇人選手はWait for Me(Theory of a Deadman)
村上佳菜子選手はCannonball(Lea Michele)
羽生結弦選手はWe've Got Tonight(Blue)
Elena Radionova選手はJeepers Creepers 2.0(Nikki Yanofsky)
織田信成さんはRadio(Matchbox Twenty)
鈴木明子さんはBurn With You(Lea Michele)
Anna Cappellini&Luca Lanotte組はWitchcraft(Nikki Yanofsky)

羽生結弦選手は、4Sと4Tを跳び、どちらもオーバーターン。
北よりだと目の前はシンクロの選手に埋め尽くされてしまう時間が長め。
シングルの代表選手たちが、ほとんど見えないというまさかの事態。
他のアイスショーでは、一度もなかった展開にちょっと動揺。
申し訳ないと思いながらも、座席位置を恨めしく思ったりして…

安藤美姫さん ♪ Say Something
彼女の生き様というか … 強く染み入ってくる感情がありました。
世界女王に2度も輝いたスケーターをオープニングアクトにするなんて、
きっと日本くらいのものでしょう。
(そりゃ、いろいろありましたけど)彼女の才能は、もっと敬意を払われるべきものだと思います。

○日野龍樹選手 ♪ King Arther
3Aは決まりませんでしたが、べっぷより滑りは、良くなってました。
でも、ちょっとスピードに欠けるかな …
シニアで戦っていく上では、もう少し表現と勢いが欲しいかも。

○三原舞依選手 ♪ Le Jazz Hot
大阪EXではディズニープリンセスを滑っていた少女がジャズ!
かわいいんだ、これがまた(笑)

○宇野昌磨選手 ♪ Don Juan de Marco (soundtrack)
髙橋大輔選手を思わせる表現は健在。
大きな3Aも豪快な4Tもないけれど、演技に引き込む力はシニアに負けてない。
本人も一番もどかしく感じているところだろうから、あまり言いたくはないけれど …
ジャンプさえものに出来れば、日本男子TOP3に入れるよ。

○本郷理華選手 ♪ Carmen
初めて生で滑りを見ます。
なんだか、今年はジャンプの調子も良さそう。
表現にはまだ初々しさも感じられますが、今季はシニアGPシリーズデビュー。
このチャンスをしっかりと成長の糧にしてもらいたいな …

○田中刑事選手 ♪ 椿姫
べっぷより、さらに良くなってました。
TOP6に割り込んでいきたいという意気込みが感じられます。
頑張ってvv

○平井絵己&マリオン・デ・ラ・アソンション組 ♪ 007
べっぷよりも良くなってた気がします。
やっぱり、「観衆に観られる」って大事なんでしょうね。

今井遥選手 ♪ Defying Gravity
遥ちゃんは、べっぷより少しお疲れ?
前半、やや表情が硬いようなに思われました。
それでも、最後まできっちりまとめて。

しかし、衝撃はこの後です。
いい演技だったなぁーと思いましたが、それにしても、いつもよりスタオベが格段に多い。
ちょっと不思議に思っていたら … 着席せずに、動き出す人たちが相次いだのです。
そう、次の第1部最後の演技を見ずに、トイレへと急ぐ人たち。
こういうことが起こるのは、やっぱり残念。

○神宮Ice Messengers Grace ♪ Singing in the Rain
たしかに、シングルの代表スケーターの演技を観慣れているわたしたちにとっては、
彼女たちの演技は、やや物足りないものかもしれません。
(初めてまともに演技を見たくせに、失礼なことを言ってすみません)
彼女たちは、開場時間が迫るスケートセンターの外で、最後まで練習をしていました。

観られることで、選手も育つ。

ペアやアイスダンス以上に、シンクロという競技への注目度が低い現状。

それでも、それだからこそ、ノービスやジュニアの選手たちを見守るように
ペアやアイスダンスの選手たちを応援するように、
彼女たちにも温かいまなざしを向けなければ、
シンクロはいつまで経っても日本には定着していかないのだろうな … と

いろいろ考えさせられる中で、第1部が終了。

○宮原知子選手 ♪ Sing Sing Sing
今季のExナンバー。
スピンの入りでの転倒後は、ジャンプも乱れてしまいました。
ジャンプ1つ1つの高さが、やっぱり足りないような …
(本田真凜選手の方が高かった気が …)
もう少し、殻を破れたら … もっと魅力が増すと思います。

○織田信成さん ♪ Rooster
タレント活動も忙しいのに、衰えないパフォーマンス。
すごいなー、本日も絶好調でした。

○Elena Radionova選手 ♪ Zombi Dance
楽しみにしておりました、生Radionova選手!
音の取り方がすごい!
テレビで観ているときは、このExプログラム、あまり好きではなかったのですが、
1つ1つの音をしっかりと拾っているダンスに引き込まれて、あっという間でした。

○無良崇人選手 ♪ Feeling good
田中選手の伸び次第では、かなり拮抗してきてしまうのでは?
それくらい、今日の田中選手には勢いと意気込みのようなものを感じました。
拠点は岡山国際スケートリンクのままだけど、所属は鳥取というよくわからない状況ですが、
同じリンクには、坪井遥司選手もいますから、お互いに高めあってくれれば。

○Anna Cappellini&Luca Lanotte組 ♪ Fireflies (By Leona Lewis)
滑りの軽やかなこと!
今回のプログラムは、ちょっとテサモエ風?と思ったのはわたしだけでしょうか …

○村上佳菜子選手 ♪ Think of me
「いい!」と聞いてはいましたが、本当によかった!
ジャンプでミスはありましたが、そんなことを忘れさせるくらいの演技。
これから、さらに磨きがかかっていくかと思うと、ぞくぞくするvv
帰宅してから、使用音源探しているのですが、サントラ盤のような、そうでないような …

○Javier Fernandez選手 ♪ Black Betty
今日は、元気そうに見えました。

鈴木明子さん ♪ Zigeunerweisen
衣装は、デザイン画から想像していたのとは、随分違った(苦笑)
でも、演技は、期待どおり、いや、それ以上!
羽生選手のみずみずしいZigeunerwisenも好きだけど、
あっこちゃんの情感たっぷりのZigeunerwisenもいい。
2つのプログラムのリピで、1日過ごせそうなくらい(笑)

○Evgeni Plushenko選手 ♪ Storm
あっという間だったなぁ … もうDOI終わっちゃうのか … と
まわりの熱狂とは対照的に、わたしはしんみりモードに突入。
1公演ごとに、着実に調子を上げている皇帝。

羽生結弦選手 ♪ Ballade Op. 23
衣装は、写真で観るほどの違和感ではなかったです。
(いや、早くもわたしが見慣れてしまったのか?)
演技冒頭の動きがマリオネットのように見えて … まだ馴染んでいないのか、
そういうものなのか …
イーグル→3Aの流れにはまだぎこちなさがあるような気もしますが、滑りこんでいけば、
インパクト大、すごい迫力になりそうな予感。
4Tもきれいに決まりましたが、3Lzは踏切の瞬間、クリーンな着氷が望めないことがわかりましたが、
気合で2Tにつなげてきました。
このプログラム、今シーズンにかける意気込みが凝縮されたような演技。
本当に、漕がなくなったなぁとしみじみ。こんなに「つなぎ」が敷き詰められていたら、完成させるのは大変そう。
でも、シーズン後半には、間違いなく、鳥肌ものになる。
ニースFS、五輪SPと並んで、彼の演技を代表するプログラムになる。
会場中が、そう、思ったことでしょう。

○Finale
羽生選手は、久しぶりに(←失礼)実にきれいな4Tを決めてくれました。

○Grand Finale
ところが一転、ここから羽生選手の苦難が始まります。
ジャンプ合戦で、先陣を切ったのは宇野選手。
それに続いた田中選手の失敗にブーイングしていた羽生選手なのですが
いざ、跳びに行ったら … 本人もパンク。顔を抑え、しゃがみこんで北に戻ってきます。
その後、何度か挑戦したのですが、結局、4Sも4Tも決まりませんでした。
周囲は、「もう1回」と声をかける人が多かったですが …
こんなところでムリして、怪我したら大変、もういいよ。
4S(4Loはそのうち)は試合で決めて見せてくれたらいいから、とわたしはハラハラしてました。

その間、田中選手も4Tに果敢に挑戦。
その負けん気があれば、今季、大躍進!?とわくわくさせてくれる姿でした。

来週はいよいよ今年のわたしの生鑑賞納めになるであろうFaOI in Toyama。

JOは会社での昇級にかかわる試験日なので無理。(自動的にCaOIもムリ)
NHK杯、もちろん行きたい気持ちはあるのですが、仕事の関係で絶対無理。
全日本もムリ~と思いこんでいたのですが、あれ?いつもと日程が少し違う?
この日程なら、FSとMOIくらいは行けちゃうかも?(でも、激戦だろうな …)

…というわけで、やっぱり来週が見納め、かな。
FaOIが終われば、羽生選手もシーズンインに向けて本格始動ですが、
わたしも今年は本気で試験に向けて取り組まないと …
(昨年は、ちょっと気持ちが中途半端で2点足らず不合格だったので・汗)
関連記事
スポンサーサイト


No title

Tomomiさま

こちらにも失礼致します。
ショーのご紹介、ありがとうございます。

Tomomiさん、新横浜に新幹線でいらっしゃったとか。私も当日、熱海から東京への新幹線に乗っていましたので、もしかしてご一緒だったのかしら、と。
私の場合は残念ながら母をつれての小旅行だったのですが。

さて、羽生選手の新SP「バラード1番」、ショパン大好きな私にはとっても嬉しいニュースでした。

まぁ、今回のお披露目はまだこなれていないなかでの演技でしたので、冒頭のところは失礼ながら体操っぽく感じてしまって、あれれ?(笑)
でも、滑り込めば素敵なプログラムになりそうですね!ワクワクしてきました。

Tomomiさんは富山にも行かれるのですね?
彼の進化を堪能してきてください。ご報告を楽しみに待っています。
[ 2014/07/03 22:56 ] [ 編集 ]

ご旅行はいかがでしたか?

冒頭のところねぇ … これから、自然な、馴染んだ動きになってきてくれる … と信じて …

新SPには、昨年以上の意気込みを感じます。
それが気負いにならなければよいけれど … と心配でもありますが。

JOやグランプリシリーズは仕事のため応援に行けませんし、
全日本は、チケットが取れない可能性も大なのですが、
現時点で既に長野駅周辺のホテルの予約が取れない状況。
一度は、競技会での演技も観てみたいのですが …
早くも富山2日目昼公演が、年内の生鑑賞納めになるかと(苦笑)
 

母にもレポートしなければいけませんので、しっかりと見守ってこようと思います(笑)

[ 2014/07/04 08:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2154-ea4d2d89