2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11








Together on Ice ~ 明日へつなぐ 氷上の共演 ~

オンエアを確認しながら …

タイトルコール … 緊張したのか、思いっきり、ジャパニーズイングリッシュ(苦笑)

オープニング映像に挟み込まれたリハーサルを見る羽生選手は、ニクイ演出。
本当に、全国放送がないのがもったいない!

○Opening ♪ Together featuring MONKEY MAJIK
アイスリンク仙台の少女スケーターのみなさん。
こんなにたくさんの観客の前で、アイスショーで、滑る経験などほとんどなかったはず。
全体的に緊張や硬さが見て取れます。いい経験になりましたね。
本田武史さんと田村岳斗さんが最初にコールされるアイスショーなんて、
他にないですよね。いかにTOIが豪華メンバーかという象徴のような一コマ。
続いて、Johnny Weirさん、Javier Fernandez選手、Tomas Vernerさん。
そして羽生結弦選手。ジャンプの着氷では、ひやりとしましたが、
伸び伸びと滑っているなぁという印象。
何にびっくりって … 凱旋公演、羽生選手が主役のアイスショーではありますが、
群舞となっても、ピンスポットが羽生選手に当たっているということ。
(わたしの目の錯覚じゃないんですよね?)
JohnnyもJavierも完全に背景と化してますよね?

羽生結弦選手 ♪ ホワイト・レジェンド
いきなり、放送しちゃいますか!?
この演技は保存版。

そして、Evgeni Plushenko氏からの花束贈呈。
インタビューに英語で対応するPlushenko氏に、ちょっとびっくり。
Twitterでは怪しげなフレーズが多いのに、割とフツーにしゃべってるので … (←失礼)

○Evgeni Plushenko選手 ♪ Storm
リンクが狭いのね …
2011-12シーズンのSPなのに、プログラムの構成や見せ方が前時代っぽく見えるのはなぜ?
特に、見せ方はPhilippe Candeloro氏が頭を過る …
…なんて、思っていたら再びインタビューでわたしの脳内は?だらけ。
現役続行を表明し、ロシアナショナルチームにも招聘されていたかと思いますが、
今年の試合には出ない??
まぁ、ここ数年のPlushenko氏は、短期間に発言を二転三転させますから、
シーズンが始まってみないとわからない、ですね。

Johnny Weirさんの演技はフルですが、他のスケーターはダイジェスト?
(田村岳斗さんのオンエア短すぎっ!)
カメラワークの問題で、ダイジェストのように見えるだけ?

羽生結弦選手 ♪ Change featuring MONKEY MAJIK × 疾風
吉田兄弟はスケジュールが合わなかったのかしら?と余計なことを考える …
ステップでのコケはあったけれど、本当に楽しそう。
大人になったんだなぁと感慨深く見つめた人も多いはず。
(その分、ビールマンスピンは苦しそうになりましたね)

○Finale ♪ 夢に描くキセキ featuring パンダライオン
オープニング同様、羽生選手にピンスポット。

○Grand Finale ♪ ただ、ありがとう featuring MONKEY MAJIK
地元仙台で、大好きな人達に囲まれて、奈々美先生に演出をしてもらっての
自分が主役のアイスショー。楽しくないはずがないですよね。(プレッシャーもあったかもしれないけれど)
残念ながら、他のアイスショーでは、心無い態度や言葉を浴びせられることもあったわけだし。
彼にとって、TOIは一番のご褒美になったはず。

まだまだ、DOI、FaOIとアイスショーの旅が続きます。
新しいシーズンに向けて、体調と練習不足、それが心配です。

(4月、見るたびにスケールアップしていた町田選手の3Aと
 見るたびに疲労がにじみ、精度が落ちていく羽生選手の3Aと4Tに不安を感じているのは
 わたしだけではないかと …)
関連記事
スポンサーサイト
[タグ] 羽生結弦 TOI
[ 2014/06/23 23:59 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2155-710f96e7