2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08








Jr Grand Prix Nagoya Day 3

ジュニアグランプリシリーズ名古屋大会 3日目。男子FSをダイジェストで。
今日のリンクサイドには織田信成さん。
(表彰式後に織田さんと鈴木さんによるエキシビションがあるんですね~)

○山隈太一朗選手 ♪ Lawrence of Arabia
アラビアの~というより、取り組みで着崩れた柔道選手のように見えるのは私だけ?
持越しプログラムの割にピリッとしない …
林コーチも苦笑いするしかない、という感じ?
今大会で一番、見るのがつらいキスクラかも。

94.28点(41.40/52.88)

○Yaroslav PANIOT選手 ♪ Adagio by Tomaso Albinoni/Palladio
怪我してる?
転倒後の演技への戻りが普通じゃないし、後半、ジャンプ跳ばなかったよね?
72.52点(29.38/43.14)

最終グループの6分間練習。
全日本選手権経験済みの宇野選手はともかく、
他の選手たちは、この会場の盛り上がりにちょっと戸惑うかもしれない …

○Kevin SHUM選手 ♪ Thor: The Dark World
最終グループとなると、やっぱり滑りの質がぐんと上がるなぁ …
おぉっ、はじめて、ウルフィがかまってもらう画を見た気がする。
(すぐに脇に置かれてしまったけれど)
108.05点(50.97/57.08)

○Julian Zhi Jie YEE選手 ♪ Peter Gunn/Fever/Oye Negra
ジャンプが大きいから見ごたえある。
Feverは別音源使った方が、プログラムは締まったんじゃないかしら?
113.84点(55.18/58.66)

○Boyang JIN選手 ♪ Dragon Racing
会場には、熱心なファンもいらっしゃるらしい。
完璧ではないけれど、さすが。
彼も3Aは得意ではないですよね?クリーンに決まった印象がほとんどない …

151.04点(86.10/64.94)

○Dmitri ALIEV選手 ♪ Escalier/Derap
前回は操り人形のようにも見えたけれど、今回はしっかりゾンビ度UP。
崩れかけたジャンプは無事に立て直したようだけれど、
最後のスピンはもったいなかったなぁ …

123.23点(59.65/63.58)

梶田健登選手 ♪ Vlatva
出だしはいい感じのように見えたんですが、崩れ始めたジャンプ。
軸を途中で修正することが出来ず。
「初の国際試合で全てはうまくいかいない」というコーチの言葉。
確かにそうなんだけど、慰めにはならないよね … 
この悔しさは、きっと次への力になるよ。

97.43点(40.99/57.44)

○宇野昌磨選手 ♪ Don Juan De Marco
謀ったかのように最終滑走となった宇野選手。
4T(2本目は回転不足だけど)2本おりた!
もちろん、本人大きなガッツポーズ。
真知子先生もあっこちゃんも織田くんも。みんなにっこにこ。
地元開催で、プレッシャーもすごかったはずなのに、よく頑張った!
やっぱりPCSは別格!

150.21点(78.87/71.34)

最終成績
1.Boyang JIN選手 221.92点
2.宇野昌磨選手 219.99点
3.Dmitri ALIEV選手 189.82点
10.梶田健登選手 156.35点
13.山隈太一朗選手 143.46点

鈴木明子さんと織田信成さんの模範演技(エキシビション)は、メ~テレオンエア限定ってこと?!
世界中から反感買うぞ~
関連記事
スポンサーサイト
[タグ] JGP 梶田健登
[ 2014/09/14 18:54 ] figure skating | TB(0) | CM(0) | EDIT |


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2222-875ebd24