2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08








日本代表(男子)成績まとめ

日本代表成績まとめM

まずは、選手の切り口から
○<欄外>佐藤信夫氏
  全日本選手権10連覇。
○本田武史氏
  1.世界選手権2年連続表彰台。これは、髙橋大輔氏も成し得なかった偉業。
  2.全日本選手権 6度の優勝。これも、髙橋大輔氏(5回)を上回っている。
○田村岳斗氏
  全日本選手権表彰台率100%
○髙橋大輔氏
  1.日本男子として世界ジュニア、世界選手権初制覇 
  2.日本男子初のオリンピックメダリスト
  3.日本男子初、出場した五輪3大会、全てで入賞
  4.日本男子初のGPF表彰台
  5.日本男子初のGPF3年連続表彰台
○小塚崇彦選手
  1.日本男子としてジュニアグランプリファイナル初制覇
  2.日本男子として初めてのジュニアグランプリファイナルと世界ジュニアの2冠
羽生結弦選手
  1.日本男子初のオリンピック金メダリスト
  2.日本男子初の3冠(五輪、世界選手権、GPF)
  3.本田武史氏に続いての世界選手権2年連続表彰台。
  4.日本男子として初のGPF連覇
  5.日本男子初の世界タイトル制覇(五輪、世界選手権、世界ジュニア、GPF、JGPF 4CC優勝でグランドスラム?!

続いて、大会の切り口から
○2010年バンクーバーオリンピック
 出場3選手が全員入賞(髙橋氏3位、織田氏7位、小塚選手8位)
○2010年
 世界選手権では髙橋氏、世界ジュニア選手権では羽生選手が優勝。
 因みに、女子も浅田選手、村上選手が優勝で、世界タイトルは日本勢が独占。
○2011年世界選手権
 出場3選手が全員入賞(小塚選手2位、髙橋氏5位、織田氏6位)
○2012年世界選手権
 日本男子初のW表彰台(髙橋氏2位、羽生選手3位)
○2014年世界選手権
 出場3選手が全員入賞(日本男子初の1・2フィニッシュ:羽生選手1位、町田氏2位、小塚選手6位)
○2014年ソチオリンピック
 出場3選手が全員入賞(2大会連続:羽生選手1位、町田氏5位、髙橋氏6位)
○2015年世界ジュニア選手権
 宇野選手と山本選手が日本男子初のW表彰台

こうしてみると、2010年以降、日本男子は本当に黄金期。(女子は言わずもがな)
貴重な時代を共有できることを本当に幸せに思います。
関連記事
スポンサーサイト
[タグ] 羽生結弦
[ 2015/05/04 18:30 ] figure skating | TB(0) | CM(-) | EDIT |

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2352-3b56e279