2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10








数字でみる ステップ・コレオシークエンス

 引き続き、フィギュアスケート要素検索さんを参考にさせていただいております。

まず男子のステップ。
髙橋大輔氏ファンの方、お待たせしました(違)
ステップではやはり、髙橋大輔選手とPatrick CHAN選手が他を圧倒。
後に続くのはDenis TEN選手。
参考記録ではありますが、髙橋氏はGOE3.00を出していらっしゃる。さすが。
BV GOE SoP
2009 全日本 高橋大輔 SP CiSt4 3.90 3.00 6.90
2010 全日本 高橋大輔 FS CiSt4 3.90 3.00 6.90
2010 SA高橋大輔 SP SlSt4 3.90 2.71 6.61
2011 WC Patrick CHAN SP SlSt4 3.90 2.29 6.19
2010 OG Evan LYSACEK SP CiSt4 3.90 2.20 6.10
2015 4CC Denis TEN SP StSq4 3.90 2.10 6.00
2010 OG Stephane LAMBIEL FS SeSt4 3.90 2.00 5.90
2013 GPF羽生結弦 SP StSq4 3.90 1.90 5.80
2014 CoR Javier FERNANDEZ SP StSq4 3.90 1.90 5.80
2014 CS SCACRoss MINER SP StSq4 3.90 1.82 5.72
2015 4CC Joshua FARRIS FS StSq4 3.90 1.80 5.70
2012 JGP Austria Nathan CHEN FS StSq4 3.90 1.70 5.60

続いて男子のコレオシークエンス。
参考記録が多数含まれていてすみません。
公式戦となると点数が抑えられるMisha GE選手(苦笑)
GOE SoP
2012 Denkova-Staviski Cup Misha GE 2.10 4.10
2012 全日本 高橋大輔 2.10 4.10
2013 全日本 高橋大輔 2.10 4.10
2013 WC Denis TEN 2.00 4.00
2013 TEB Jason BROWN 2.00 4.00
2015 MWO Evgeny PLYUSHCHENKO 1.96 3.96
2012 MWO Jeffrey BUTTLE 1.90 3.90
2012 MWO Kurt BROWNING 1.90 3.90
2013 GPF Patrick CHAN 1.90 3.90
2014 CS SCAC Ross MINER 1.82 3.82
2013 NHK髙橋大輔 1.80 3.80
2014 CoR Javier FERNANDEZ 1.80 3.80
2015 4CC Joshua FARRIS 1.80 3.80
2013 WC Misha GE 1.70 3.70
2013 NT織田信成 1.70 3.70
2013 GPF 羽生結弦 1.70 3.70

羽生結弦選手は、やっぱりステップとコレオシークエンスの質向上が課題ですかね …
町田樹選手、コレオシークエンスもTOP10には入らなかったのはちょっとびっくり。

そして女子のステップ。
BV GOE SoP
2011 Gardena Spring Trophy Carolina KOSTNER SP CiSt4 3.90 2.67 6.57
2010 WC Carolina KOSTNER SP CiSt4 3.90 2.20 6.10
2010 4CC鈴木明子 SP SlSt4 3.90 2.00 5.90
2013 4CC 浅田真央 SP StSq4 3.90 2.00 5.90
2011 WC Rachael FLATT SP SlSt4 3.90 1.86 5.76
2014 OG SOTNIKOVA Adelina FS StSq4 3.90 1.70 5.60
2014 CS GS Kiira KORPI FS StSq4 3.90 1.68 5.58
2014 NHK Gracie GOLD FS StSq4 3.90 1.60 5.50
2014 GPF Elizaveta TUKTAMYSHEVA SP StSq4 3.90 1.60 5.50
2013 SA Ashley WAGNER SP StSq4 3.90 1.50 5.40
2012 WC Alena LEONOVA SP SlSt4 3.90 1.40 5.30
参考記録ですが、歴代最高はCarolina Kostner選手のGardena Spring Trophyの6.57
Kostner選手と浅田真央選手がやはり群を抜いていました。

コレオシークエンスとなると、鈴木明子さんとJulia Lipnitskaia選手が強さを示す。
(WTTは公式記録じゃないと言いたい方もおられるかもしれないので4CCのデータも
 入れておきました)
個人的には村上佳菜子選手のランクインもうれしいvv
GOE SoP
2013 WTT 鈴木明子 2.00 4.00
2013 4CC 鈴木明子 1.90 3.96
2014 OG LIPNITSKAYA Yulia 1.80 3.80
2012 GPF 浅田真央 1.70 3.70
2013 SA Samantha CESARIO 1.70 3.70
2014 4CC 村上佳菜子 1.70 3.70
2014 WC Ashley WAGNER 1.70 3.70
2014 CS GS Kiira KORPI 1.68 3.68
2013 EC Adelina SOTNIKOVA 1.60 3.60
2013 WC Yuna KIM 1.60 3.60
2014 CoC Elizaveta TUKTAMYSHEVA 1.60 3.60


Elena Radionova選手や安藤美姫選手の名前が上位に入ってこなかったのは、ちょっと意外。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2370-d23de899