2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








グランプリシリーズ エントリー一覧(PB入り) updated 2015.08.22

GPSM_2015082210071372a.png

GPSL_2015082210071283c.png

Jeremmy ABBOT選手、Kevin REYNOLDS選手、Nan SONG選手らの名前がありませんでしたね。
それぞれ、今後の復調具合によって、自国開催の大会TBD枠でエントリー、ということになるのでしょうか?
Nan SONG選手以外は今季の休養が発表されました updated 2015.08.22
Evgeni PLUSHENKO選手も自国開催大会のTBD枠エントリーなのか、結局、最近のいつものパターンで
シーズン後半からの参戦なのか …

女子ではAdelina SOTNIKOVA選手の名前がありませんでした。こちらもCoRのTBD枠?

では、日本代表に関して。
羽生結弦選手、無良崇人選手、宇野昌磨選手、村上大介選手、小塚崇彦選手が予想通り2戦エントリー。
男子のNHK杯TBD枠は、田中刑事選手、日野龍樹選手による争奪戦?
川原星選手、佐藤洸彬選手も絡んでくるのかなぁ?
女子は宮原知子選手、村上佳菜子選手、本郷理華選手、浅田真央選手、今井遥選手が2戦エントリー。
サプライズは永井優香選手の2戦エントリー。
加藤利緒菜選手が昨年に引き続き出場の一方で、大庭雅選手が出場を逃し、中塩美悠選手がデビュー。
NHK杯TBD枠は、2枠目を狙う中塩美悠選手と大庭雅選手の一騎打ち?
男女ともに、実力のあるスケーターの数と出場枠のバランスがちょうどいい感じ。
黄金期には及ばないけれど、充実期だなぁ、ファンとしては幸せだなぁ …
アイスダンスのNHK杯TBD枠は、Chris REED選手の新カップルで内定?
ペアはNHK杯のTBD枠すらなく … 現状、日本代表のカップルがいないのですから、仕方ないですよね。

第2戦でさっそくPatrick CHAN選手との試合を迎える羽生結弦選手。
この巡りあわせがまた、羽生選手をさらに進化させてくれるのだろうなと
勝手な期待を寄せる一方で、最初から気合が入りすぎて怪我しなければいいけれどと心配にもなります。
今季こそはDenis TEN選手のGPF初出場をみられるか …

Elizabet TURSYNBAEVA選手のシニア移行&2戦エントリーにはちょっとびっくりした。
本人がその希望を持っていたことは知っていたけれど。

アメリカは長洲未来選手が1枠の一方で、Hannah Miller選手が2枠 … これが謎なんだな。
Karen CHEN選手はアメリカはジュニア女子で枠が少ないから押し出された感じ?
Serafima SAKHANOVICH選手とMaria SOTSKOVA選手が、
実力はあるのに、枠が足らなくてシニア残留を余儀なくされたロシアとは対照的。
女子は、例外エントリーがちらほら見られる気がするのですが、わたしの読み込み不足?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2381-9f2976f9