2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06








JGP Bratislava 2015 Day 1


日本からは中塩美悠選手と樋口新葉選手。JGPFを制した宇野昌磨選手は登場しない。
どういうセレクションなのかしら?

さて、はじまりました。ジュニアグランプリシリーズ!
昨季は、何やら怪しげな日本語の広告がフェンスにありましたが、
今季はKOSEさんのようで、なんとなくホッとします。
シーズンインすると、なぜか仕事も忙しくなり … すみません、アイスダンスは割愛。 (涙)
女子SPのみダイジェストで。プロトコルはコチラ

○Vivian LE選手

ジャンプ高っ!
曲調・衣装のトーンのせいもありますが、やや華やかさには欠けるものの
堅実な滑り。
今季はアメリカにも楽しみな選手が登場ですね。
61.45点。

○三原舞依選手

解説の人も得点が出る前からPB更新でしょうと言っている!
ステップ前の音ハメはAOTの方がよかったかな。
それでも、60点に乗ってきた!
60.81点(36.01/24.80)。

○Polina TSURSKAYA選手

さて、注目のPolina TSURSKAYA選手。
14歳なのに168cmという長身!
スタイル抜群なのに、なんで、タイツがその色なの~っ
うわっ、66.08点(39.49/26.59)。
初戦からハイレベルな戦いになったなぁ …
ライバル視していた樋口新葉選手も思わず





と、動揺しているのが伝わってきます。

新田谷凜選手

凜ちゃん、衣装すてきvv
緊張、してるみたい。大丈夫かな …
あーっ、抜けた … しかもシングル、ノーカウント(涙)
タノにしたけど、2Aもシングル~(泣)
苦しい初戦になっちゃったな … キスクラがつらい …
ジャンプの抜けが響いて47.19点。
フリーは上手く気持ちを切り替えられればいいけれど …

JGP1L_201508210645299d0.png
赤字はPB
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/21 00:18 ] figure skating | TB(0) | CM(-) | EDIT |

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2422-4c0434f7