2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








Japan Open 2015

浅田真央選手が帰ってきたジャパンオープン。
なんですが、髙橋大輔さんはもちろん、小塚崇彦選手も村上佳菜子選手もいない。
キスクラには、宇野選手、村上大介選手、宮原知子選手という新しい顔ぶれが並び、
浅田選手にとっては、「帰ってきた」という感じが少し薄らぐ、
ちょっと寂しいジャパンオープンになったのかもしれません。

○Brian JOUBERTさん 
クワドを跳び続けた男。それは事実。
だけど、クワドを跳ばなくなった彼をクワドジャンパーと紹介するのはどうなんだろう …
3Aも大きく乱れて、技術の維持という点において、Stephane Lambiel氏と大きな差が。
ジャンプだけでなく、スピン、ステップにも厳しい評価。
「プロとしての良さがいろいろなところにちりばめられている」とのコメントですが、いまひとつ解説になっていない(苦笑)

○Jeremy ABBOTTさん 
昨季のFSを衣装を変えて。
ジャンプが … 今季休養とはいえ、ちょっと …
加点の付かないジャンプに「きれいにおりました」とコメントするアナウンサー。
黙ったほうがいい。
Ashley Wagner選手を"Almost Girl"と揶揄する人がいるけれど、
Abbott選手も"Almost Man"と言えるかもしれない。

○村上大介選手 
本日、リンクで初めてクワドが決まりました。
3A抜けた―
うーん … 全体的に、音楽のパワーに負けてるかも。
特に、ステップ、スピン、がんばれvv

○Javier FERNANDEZ選手
世界王者となって臨む新しいシーズンも「得意のパターン(コミカル)」で行くのね。
アナウンサー氏へ一言。4S転倒後の3連続ジャンプは予定通りのエレメンツ。
「リカバリー」とは言わないのだよ …
本日2度目ですが、黙った方がいい。

○Patrick CHAN選手 
さて、帰ってきたPatrick CHAN。
冒頭から躓いた! 緊張?動揺? クワド入らず。
3Aは安定の乱れっぷり。
しかし、スピード感はぶっちぎり。

○宇野昌磨選手
衣装、変わった。
こっちのほうがいい! けど、SPもFSもグリーン?
Patrick CHAN選手が実行できなかった構成4T,3Aを決めた。
よかったーvv もちろん、ガッツポーズ。
苦手なのに3Aを2本入れてくる攻めの構成。
しかも、それをちゃんと決めてくるのだから、すごい。(しかも加点付き)
そして、トロントで炎が燃え上がる音が聞こえる気がする(苦笑)

○Ashley WAGNER選手
持越しのFS。
このアナウンサー、黙ったほうがいい(本日3回目)
転倒後のジャンプ成功は「リカバリー」ではない。
予定構成から変更をして高得点を狙える内容にすることをリカバリーというのです。
誰か、教えてあげて―。

○宮原知子選手
このピンク、知子ちゃんに似合ってないよね … (苦笑)
1つ1つの動きはすごく大きくなった。
投げキッスの時の表情がなんでびっくり顔なのか、まだ腑に落ちないのだけれど。

○Adelina SOTNIKOVA選手
やっぱり、ハートモチーフはない方が … (苦笑)
フィニッシュ後、ペロリと舌を出した。
まだ練習が十分でないのかも。

○Gracie GOLD選手
衣装も振付もいいので、
コンビネーションジャンプでミスが出たことが悔やまれます。

浅田真央選手
 … 衣装、変えませんか?
ベルトから下は素敵なので、上の合わせの部分を何とかしませんか?
3Aへの入り、休養前よりよくなっているような気がします。
フィニッシュ後のほっとしたような表情にすべてが集約されてますね。

○Elizaveta TUKTAMYSHEVA選手
3Aは回りきっての転倒。
このプログラムを滑っているリーザは
どことなくEvgeny Plushenko氏のオーラを纏っているような気さえしてくる。
振付けのLambiel氏の気配すら感じさせず、早くもプログラムを自分のものにしていましたね。
関連記事
スポンサーサイト
[タグ] JO GracieGold 浅田真央
[ 2015/10/03 23:59 ] figure skating | TB(0) | CM(-) | EDIT |

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2499-1aff6ae1