2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08








フィギュアスケートTV!(20151108)

ほぼ丸ごとリクエストアワー第3弾。
テーマは「!」と聞いて、「?」と思ったのがつい1か月前のこと。

あれからいろいろ考えて、わたしにとって「!」と感じたプログラムとして、
2010-2011シーズンロシア杯の羽生結弦選手FSを挙げることにしました。
(番組の規定では選べないプログラムですが)
当時は、ただなんとなくフィギュアスケートの試合を眺めていた頃。
まだトップクラスではないけれど、この少年は、これから先、
多くの人を魅了する演技をするようになるのではないかと感じたことを覚えています。

そして2012年のニース世界選手権で完全に虜にされ、今日に至るわけです。
それでも、2012年の夏は、アイスショーのチケットが簡単に取れてた時期。
席種にこだわらなければ、一般発売即完売なんてことはなかった。

そう考えると、やっぱり、ソチオリンピックが転機だったのでしょうね。
ソチ以前は、雑誌の表紙にはまだまだ髙橋大輔選手や浅田真央選手が登場していました。
もちろん、その翌年、二人が引退・休養したせいもありますが、
浅田真央選手が復帰、ジャパンオープンで着実な仕上がりを見せているにも関わらず、
今季もやはり羽生結弦選手の表紙がずらりと並び、
全日本選手権のチケットも女子FSの日って、男子FSほどには高騰していない。
浅田真央選手がフィギュアスケート人気に火をつけ、
髙橋大輔氏が男子フィギュアスケートの地位を向上させ、
羽生結弦選手が、それらに拍車をかけた。

しかし、そうは言っても、今年のXOIのチケットがまだ売れ残っている状況は少し想定外でした。
巷で羽生結弦ファンが急増しようとも、たとえ引退したとしても大ちゃんファンが減るなんて、
考えもしませんでした。
ましてや、引退発表後の露出が非常に少なく、夏の怒涛のアイスショーに出演しなかった髙橋氏の
「待望」と思われたアイスショーのチケット。
さすがに横浜会場は「ハコ」が小さいので完売ですが、
一般発売が開始されてもうすぐ一か月という状況で、大阪会場はまだS席が残っている!
B席に至っては、全日程、まだ購入が可能。
日本含め、各国選手権大会直前で実力派現役スケーターを招聘しにくいという不幸な状況はありますが。

こんな時代が来るなんて、ソチ前には思いもしませんでした。
 … ほんと、あっという間の出来事でした …

と、番組開始前に感慨に浸ってみたりして。

○佐藤洸彬選手 ♪ Bolero
まぁね、確かに驚いたわ(苦笑)
解説なしでよかった(笑)
八木沼さん、「みていて思い出しました」?
見なくても、思い出すでしょ(苦笑)

あ、東日本選手権のレポートもあるんだ。

○佐々木彰生氏 ♪ 日本舞曲第五番 指打鍵盤切捨御免~タイプライター侍~
まぁ、これも、確かにね。
あれ、現役復帰の方向じゃなくて、プロ活動なんだ。

○町田樹氏 ♪ Don't Stop Me Now
アランフェスじゃなかった(笑)
2011年MOIの演技だから、覚醒前なんだけど、
いい演技してるな、表情がいいなvv
スケート愛にあふれてる感じがいい。
彼が輝いていたとき。

○髙橋大輔氏 ♪ Swan Lake HIP HOP Ver.
まぁ、これも挙がってくるでしょうね。
2007年全日本選手権、会場ガラガラの状況に「!」(苦笑)

○村主章枝さん ♪ Pink Panther
さらにさかのぼって2004年の全日本選手権。
会場、新横浜!? ちっさい「!」(笑)

○Stephane Lambiel氏 ♪ Poeta
MOIじゃなくて、DOIなのに、アーティストとの共演があったんだということに「!」
さっきから、演技じゃないところにびっくりが続いてる(笑)

東日本選手権レポート
服部選手、いい声っ(笑)

うわーっ、最後にしれっと、全日本選手権エントリー一覧が出た!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/08 12:53 ] figure skating | TB(0) | CM(-) | EDIT |

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2531-4bf47009