2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09








Grand Prix Final 2015 Day 2

シングルのみダイジェストで。

ジュニアに関しては、健全な成長への配慮も加味して、
SPだけでなくFSもクワド禁止にした方がいいのでは …
挑戦者だけが増えて、転倒・パンクの山が築かれていくっていうのは、ねぇ。
脊椎にボルトが入りまくってるなんてスケーターが増産される未来も見たくないですし。
3Aまでの6種類の3回転ジャンプをまずはきちんと跳ぶ。

○山本草太選手
ジュニアの頂点そして、あわよくば全日本の表彰台を狙おうと
ものすごい気合で用意してきたSPとFSですが、はまっていないとしか言いようがなく。
技術的なことはおいておくとしても、表現の面でも
どちらも曲自体が持つパワーに負けている気がします。
結論はシーズンが終わるまでは持越したいと思いますが、
現時点においては、来季もジュニアの方がいいんじゃないの?と言わざるを得ないですね。
3Aかクワド、どちらかは安定させないと。
どちらも出たとこ勝負みたいな状況では、ねぇ(苦笑)

○Ashley Wagner選手
冒頭フリップでステップアウト、コンビネーションにできず。
最後、3Lo-3Tにしましたが、転倒。
SCでPBを超えて、今季はと期待感が高まったのですが、
なかなか …
会場からは高得点を期待する拍手もありましたが、60.04点。

○Elena Radionova選手
シーズン序盤は、成長にジャンプの調整が追い付かず非常に苦しんでいる印象でしたが、
大崩れすることなくまとめてきましたね。
とはいえ、昨季までの勢いや安定感はやはり失われ、
冒頭のジャンプにはミス。なんとかコンビネーションは入れましたが、苦しい着氷。
フィニッシュ後の表情は、厳しい状況だけど頑張りぬいたという感じかしら。
意外と得点が伸びて69.43点

浅田真央選手
公式練習では不調がささやかれていましたが …
はいったー3A! 今日は、ノッていけるかな?
3F-3Loも着氷。あーっ、ルッツがシングルに抜けた。
しかし、復帰前に比べるとかなりの高難度のプログラムなわけで、
CoCはうまく行き過ぎたんですよね。
だって、3Aにはリスクが伴い、セカンドトリプルは跳んでこなくって
ルッツも回避してきたのに挑戦しているわけですから。
フィニッシュ後の彼女にはもちろん笑顔はなく …
ルッツの抜け以外は完璧だったと思うのですが、69.13点。

○宮原知子選手
新衣装なんて話も漏れ聞こえてきていたような気がしますが、衣装に変更なし。
フィニッシュ後はドヤ顔!
完璧に滑り切って70にのるか、のらないか … 
68.76点。浅田選手にも及ばず暫定3位。 会場からはブーイングの声も。
これは … 回転不足の嵐の予感。

○Evgenia Medvedeva選手
最初の片足を挙げてのツイズル、いつもより回転数が少ないような …
後半に入れたジャンプはすべてクリーン。(タノは控えめ)
ガッツポーズvv
EuroSportsの解説大絶賛。暫定だけどTESカウンターは40超えた!
キスクラでもおちゃめでかわいいvv
74.58点でもちろんトップ。

○Gracie Gold選手
こちらも公式練習での好調が伝えられているGracie Gold選手。
フェンスギリギリで着氷が乱れた3Lz-3T。
ありゃー、2F。2Aはクリーン。
得点伸びず、66.52点

以下、プロトコルみながら。
浅田選手、3F<+3Loの判定で、ルッツのノーカウントがあったのに69.13ってやはり別格。
それ以外の要素はすべて加点の付く素晴らしい仕上がり。
宮原選手、懸念された回転不足の嵐はなかった。フリップのエッジエラーでGOEマイナス。
ジャンプに高さがないので決まったジャンプで加点をもらいにくいのが伸び悩みの原因かしら。
Ashley Wagner選手、ステップがレベル2!? これは痛い …

L_SP_PB_20151212080958c15.png
L_SP_PB_PCS_20151212081000062.png
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/12 08:11 ] figure skating | TB(0) | CM(-) | EDIT |

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2544-25843d7c