2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | EDIT |

European Figure Skating Championship 2016 Day 3

とりあえず、3日目をダイジェストで。

○Aliona Savchenko/Bruno Massot組
Aliona Savchenko選手が、とうとう選手権大会に戻ってきました。
おかえりなさい!
スローツイスト、高い!
プログラム全体としては、完成度が高いとは言えないですし、
ひとつひとつのエレメンツもまだまだ質を高められる余地がありますが、
それでも、75.54点ですから、さすがです。
これからが楽しみすぎます。

○Evgenia TARASOVA/Vladimir MOROZOV組
サイドバイサイドの一体感がもう一つ。
スロージャンプは高さがあったのですが、ありすぎて、着氷が乱れたか。
しかし、大きなミスなくまとめて、ガッツポーズvv
70点台に乗せてきました。

○Tatiana VOLOSOZHAR/Maxim TRANKOV組
うーん。悪くないんですけど … 絶頂期は過ぎてしまったのかな、という印象も否めない。

○Elena RARIONOVA選手
またまた素敵衣装!!
ジャンプがまだ乱れがちですが、転倒なしでまとめました。
フィニッシュ後は、ガッツポーズで大喜び。
出来れば、もう少し。切ない余韻をリンクの上に残しておいてほしかった(苦笑)

○Evgenia MEDVEDEVA選手
ラストジャンプの2Aで転倒、苦笑いも少し見えました。
しかし、それ以外は完璧。
素晴らしい滑りでした。
ただ、少し冷静になって考えてみると、ジャンプの構成がやや弱いような。
来季以降、どうレベルアップさせていくのか、注目です。

○Anna POGORILAYA選手
3Lo-1Lo-3Sがあまり美しく見えない
出てしまいました、アーニャの豪快な転倒。
どのスケーターも転倒はしますし、時にはそれが豪快なコケ方となることもあるのですが、
どうもアーニャはその頻度と程度が他を圧倒しているような気がしてなりません(苦笑)

表彰台に関しては、特にサプライズもなく。
今後、ジェーニャとレーナが、どういう戦略で進化をみせてくれるのか、
レーナがどこまでジャンプの質を取り戻せるのかが気になります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/01/30 20:38 ] figure skating | TB(0) | CM(-) | EDIT |

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2564-4354605e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。