2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10








Fantasy on Ice 2016 in Kobe Day 1

午後休を取って出掛けることになったのは、
単純にチケットを取り間違えたから。
ちょうど、チケットエントリー時期は心身不調で
土曜日のチケットを取ったつもりだったのに、
金曜日公演の当選連絡が来て焦った、焦った(苦笑)
しかも複数公演エントリーしたつもりが、1公演しかしてなかったという(大汗)

幸か不幸か、5月の休日出勤の振替/代休取得ができていなかったので、
えいやっと休暇申請を出した次第。

一応、標準進捗60%程度のところ本日時点で80%超えの実績で、
一昨日は平社員のわたしが、課長の得意先(車で片道3時間)まで行って、
案件をまとめて日帰りという"恩"も上司にはうったので、
堂々とおやすみいただきました!(笑)

去年もアリーナ席で観たけれど、アリーナに降りるの、こんなに面倒だったっけ?

プレミア席とアリーナ席2列目の間に1列分くらいの通路があって、ゆったり快適。
幕張よりは少し会場の気温は低めな気がするけど、
レッグウォーマーはもちろん(久しぶりにスカーとだけど)
ウルトラライトダウンは着用不要。
首回り用に春夏用のストールを一枚持ってくればよかったという程度。

(灰字は18日のBS朝日オンエアを観ての追記)

○Opening ♪ Rising with 吉田兄弟
テーマ曲終盤、目の前では織田さんが踊ってたのですが、
隣のMaxim Trankov選手の踊り心のなさが引き立ってた(苦笑)
かっこいい!
満足感はあるけど、つい、リンクにいない羽生結弦選手は
どんなふうに踊っただろうかと想像してしまう自分もいる。
39歳Kulik氏も若手に負けずがんばってる。
女子シングルのセンターが真凛ちゃんであることにびっくり。
世界選手権メダリストに囲まれる真凜ちゃん!

○青木祐奈選手 ♪ Les Miserable
衣装がーっ(涙) まだ仮なのだと思いたい。
ジャンプの調子は上向きな感じ。

○Ilia Kulikさん ♪ Thankful
初生Kulik氏!
感謝の気持ちが溢れるプログラム。
ジャンプなど多少劣化はしているのだけれど、風格のある滑り。

○Marie-Pierre LERAYさん ♪ Misere Mei
空中首回転はEkaterina CHESNAさんのだけじゃないのね。
へぇっ、シングルスケーターとして五輪出場していたのですね。

○Brian JOUBERTさん ♪ My Treasure with 川畑要
一時代前のスケーターと一時代前のアーティストのコラボは、正直、ビミョー。
歌い出し、音外した?って感じだったし、声量もアレ?って感じで。
サビの後半からやっと声が出てきたかなという。
通路はさんでお隣の方がハグの餌食(違)に。
オンエア回じゃなくてよかった。危うく画面に映りこんでしまうところだった

○Anna CAPPELLINI /Luca LANOTTE組 ♪ やさしさで溢れるように with 川畑要
スカートが神!

鈴木明子さん ♪ Swan Lake Op.20:Act 1 Pas de trois
幕張公演より仕上がり良かった。
賢二先生の振付か …

○Oleksiy POLISHCHUK/Vladimir BESEDIN組 ♪ THE SWAN
パンツ青い … とか、余計なところに目がいってしまった(苦笑)

○Jeffrey BUTTLEさん ♪ Cry me a river
幕張と別プロ! ありがとう!

○Johnny WEIRさん ♪ Moonlight Sonata with 福間洸太朗
しかし … "若き天才ピアニスト"と呼ばれることについて、
福間氏自身はどう思っていらっしゃるのでしょうか …
いや、わたし、同い年なんでね。
もう若くはないと思っているはず … だし、思っていないとしたら痛すぎる …
福間さんのMC、初日と変わった。結局、無駄に長いというわたしの結論は変わらないけれど。
へぇ、コラボはJohnnyからの逆指名だったの … ほ~ぉっ


安藤美姫さん ♪ Ballade No.4 with 福間洸太朗
バラード4番!
生で観られるなんて!
これはDavid振付だからなのか、賢二先生静か(笑)
FaOIが終わったら、靴を変えるんですかね?


○Tatiana VOLOSOZHAR/Maxim TRANKOV組 ♪ Nagada Sang Dhol (Bollywood Selection)
やっぱり、オーラ消失。
アイスショーだからダブルツイストなのかもしれないけれど …

○Stephane Lambielさん ♪ Take Me To Church

○織田信成さん ♪ Storm with 吉田兄弟
少々苦しそうだった(苦笑)
最近のプログラムの方が、わたしはやっぱり好きだなー

○Javier FERNANDEZ選手 ♪ バルセロナ with 吉田兄弟
曲がいい!
世界王者なのに、やっぱり曲の迫力に助けられてる感が(苦笑)
衣装は幕張公演のフィナーレで使ってたヤツじゃない?

バズーカ係はクーリックとジェフ。

○本田真凛選手 ♪ Smile
札幌とは別衣装。ちょっと、昨年の樋口新葉選手SP(後半)の衣装似てる?
コンビネーションなし。これからですね。

○Brian JOUBERTさん ♪ Sarabande Suite
この祈りは世界に配信されるべき!

○Anna CAPPELLINI /Luca LANOTTE組 ♪ La Cumparcita
新プロもかわいいっvv
今年もまた、ラノカペか~っと思ったりして、ごめんなさい。
ナルシストダンスコーチとコーチラブな踊れない生徒という設定だったのね


○Jeffrey BUTTLEさん ♪ 宇宙のファンタジー with 鈴木慶江
スケートは悪くない。歌い手も悪くない。
でも、なんだ、この消化不良感は …
音楽が悪い、としか言いようがない … (苦笑)
今年一番のガッカリかも(涙)

これまで、スケートに対して興味のないアーティストが多かった中で、
1昨年、昨年と公演を観ていたという点は評価したいとは思うけれど、
長いよ、長すぎるよMC …

鈴木明子さん ♪ Ave Maria with 鈴木慶江 and 福間洸太朗
天使と表現するかどうかは別として。
素敵なプログラム。

○織田信成さん ♪ Lay Me Down
幕張公演と別プログラムで、本来であれば、喜ばなければならないはずの展開なのですが。
Top Hatをもう一度、観たかった …
オンエアはここまでノーカットで来ましたが …
放送時間残り約1時間で9曲+フィナーレは収まり切るんでしょうか …


○Oleksiy POLISHCHUK/Vladimir BESEDIN組 ♪
幕張公演ともまた違う新プロ!
オンエアではカット …

○Tatiana VOLOSOZHAR/Maxim TRANKOV組 ♪ who you are
まるで何かの作業員か清掃員のような衣装(苦笑)
ツイストが2回転だからか、
スロージャンプがきまらなかったからなのか、
やっぱり残念な感じが拭えない。
今季前半の休養はすでに発表済ですが … 競技に戻ってくる気はあるのでしょうか …

まさかの、羽生結弦選手のボイスメッセージオンエア …

○川畑要 ♪ You Go Your Way
羽生結弦選手の切ないメッセージの後、コラボ予定だった曲を歌われると
切なさがつのる。
ここでジャンプだったのかな?ここでイナバウアーだったのかな?と
照明だけがおどるリンクを見つめながら想像したのはわたしだけではないはず。
さすがに独唱はカットでしたね(笑)

○Ilia Kulikさん ♪ かまわない
誰か歌詞の意味を説明したんでしょうか?
アップテンポな部分の表現がいまいち歌詞とリンクしてないような…
しかし、ナイスミドルの魅力たっぷりのスケートでした。
意味は分かっていないのでしょうけれど、アクセントになる部分(だから)は口ずさんでますね

○Johnny WEIRさん ♪ Beyonce Medley
黒レースに金の蛇かと思った(苦笑)
あら、今日は赤レースに戻したのですね。

安藤美姫さん ♪ 
こちらも新プロ!
かわいいっ!
あら、オンエアは黒マラゲーニャ …

○Alexander CHESNA/Ekaterina CHESNA 組 ♪ canto della terra
幕張公演よりこなれた感が。
誰かが指摘してくれたのか、衣装も変更が施され、
演技に集中できました。
退場も危なげなく(笑)

○Javier FERNANDEZ選手 ♪ Malaguena
美姫ちゃん、舞台袖まで出てきて拍手してました。
今回もクワドは跳ばず。
あー、ペンダント、美姫ちゃんと色違いですね

○Stephane LAMBIELさん ♪ La Valse
まさか、このプログラムを観られるとは!
あ、Stehpaneがリンクで倒れる瞬間、福間さんも倒れてたんだ(笑)
会場にいるときは、基本、リンクしか見つめていないから、
全然気づかなかった(苦笑)


○finale ♪ 威風堂々~明日への賛歌 with 鈴木慶江 & 川畑要 & 福間洸太朗
真凛ちゃん、コケた。
男性陣はまるで新郎衣装。
かっこいい!と思ってたら1人二次会の酔っ払いが紛れてました。
蝶ネクタイを額にあしらったジョニー。
誰かおかしいと教えてあげて。

今年の一芸披露はほとんど予定調和。みんな決まったものを1回ずつ。

あー織田君が4回転を跳びにいったけど、まさかのフラッグかぶりでカメラに収まらず

最後にはDavid Wilson氏とBrian Orser氏も舞台上に登場。
2人とも中年おじさん体型(苦笑)

アーティストの方々による長いMCは不要です。
昨年くらいから、1公演当たりのコラボアーティストの数も増えてきましたが …
そんなにたくさんいなくてもな … という気もしています。

切ないけれど、幸せな時間でした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/17 23:37 ] figure skating | TB(0) | CM(-) | EDIT |

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2606-bf8eb010