2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | EDIT |

2016 FIVB Volleyball World League Match 009 vs Cuba

実力拮抗のキューバ戦。
土曜日なので、昨日よりは、少し、お客さんの入りもよいでしょうか。
しかし、満員御礼とはなりませんでしたね。
石川祐希選手が不在だからなのか、
リオ五輪を逃してしまったからなのか、
FaOIの裏番組だからなのか(違)



第1セット
スタメンは髙橋、山内、柳田、出耒田、関田、米山、永野(敬称略)の未来シフト。
柳田選手は今日も長袖着用。肘、痛いんですかねぇ?
立ち上がり、あっという間にキューバに3点を取られる展開。
米山選手のサービスエースでブレイク。
柳田選手が呼んでいましたが、関田選手が使ったのは髙橋選手。
無事3点目を取ったと思ったら、米山選手のサーブミスで4点目をキューバに献上。
山内選手ブロックポイントで5点目。
柳田選手のスパイクが決まって6点目。
山内選手のクイックが決まって7点目。ブレイク!
髙橋選手のサーブがぽとんと落ちて8点目。
今日は山内選手、攻守ともに調子良さそう。
柳田選手、サーブを全力で打たなかった。やっぱり腕に痛みがあるんじゃ …
山内選手のサーブミスでなんだか嫌な空気に …
断ち切ってくれたのは米山選手。
2回目のテクニカルタイムアウトもなんとか日本が取りました。
トスを呼び込んだ柳田選手がブロックアウトを取って17点目。
しかし、直後、自身で打ち込んだサーブが入らずブレイクならず。
キューバの監督、めっちゃ怒ってる?
あ、コートサイドに石川選手 …
キューバチームはブロックの落としどころがいいなぁ …
4連続ポイントで1点差に迫られる … 嫌な展開。
ようやくセットポイント。さあ、1回で決めましょう!
うーん、やっぱり決めきれず。そして並ばれる。
だめだ、これは。逆にキューバはきっちりブレイクしてセットポイント。
相手のサーブミスで同点となったところで、清水選手と深津選手がコートイン。
しかし、流れはやっぱりキューバだな …
と思ったらサービスエースを取られて1セット目落としちゃった。

第2セット
清水・深津コンビがコートインでスタート。
1戦目と同じような展開ですね。
1戦目と較べると柳田選手のサーブの精度が落ちているような気がしてならない …
苦しみながらも1回目のテクニカルタイムアウトを米山選手のスパイクで取りました。
大事なのはこの後ブレイクできるかどうか …
あぁ、なんとなく柳田選手の表情が情けない感じに見えてきた(苦笑)
米山選手、サービスエース! 流れを引き寄せたいですが、なかなか畳みかけられず。
うわーっ、危なかったラリー。米山選手のファインレシーブを最後は柳田選手が押し込んだ!
あー、ここでブレイクしたかったのに、出耒田選手がサーブミス。これはいかん。
もういっそのこと、出耒田選手は前専門、サーブは打たせないってことに出来ないですかねぇ…
柳田選手、サーブが決まらず星野選手と交代。
2回目のテクニカルタイムアウトもかろうじて日本が取ったけれど … 流れが悪い …
あ、出耒田選手にサーブを打たせない作戦発動。
ピンチサーバー関田選手。点数にはつながらなかったけれど、今後はこのパターンでいきましょ!
さぁ、ここから一気に仕上げていきたい。
ワールドリーグはチャレンジシステムはないのね(いまさら)
おぉっ、星野選手の強打もインパクト大。
なんとかこぎつけたセットポイント。
今度こそ、さっくり決めたい!やったー、最後は米山選手!

第3セット
珍しく、試合の序盤でリードしてる …
やっぱり柳田選手のスパイクが決まると盛り上がる!
あー、ラリーは取りたかったんだけれど … リベロ渡辺選手が弾かれた …
点差(7点)ほどの余裕が感じられないのはなぜだろう …
そして相変わらずラリーを取り切れない …
あれ、前衛に回っても星野選手のままだ。
柳田選手、やっぱりどこかが痛いのかな …
なんとか2回目のテクニカルタイムアウトも取った日本。
でも、不安要素しかないんだなぁ、ダブルスコア(8点差)なのに。
おや、サーブも星野選手が打ちますか。(しかもジャンプフローターでネットにかけた)
こうなると柳田選手の怪我への心配は膨らむばかり。
出耒田選手シフトで関田選手がピンチサーバーで入りましたが、残念ながらオーバー。
流れが悪いながらもセットポイントまでこぎつけました。
今度こそ、サクッと! 清水選手のスパイクが決まって2セット目を取りました。

第4セット
第4セットスターティングメンバーは柳田選手ではなく星野選手 …
リベロは渡辺選手。リベロ…なんですが、どうもレシーブに難ありな感じが(苦笑)
リベロ永井選手に代わりましたが、やっぱりサーブレシーブが安定しない。
そんなにキューバの玉は癖があるんですかね?
ポジションの確認? 嫌な感じの試合中断。
で、何? え、説明なく再開なの?
よくわからないけれど、なんとか最初のテクニカルタイムアウトは取れました。
集中が足りないんじゃないかしら?
途中で途切れそうになったラリーはやっぱり取り切れなかった。
テクニカルタイムアウトの後、ちゃんと得点できたのって久しぶりじゃ …
米山選手、サーブがノッてきましたねvv
2回目のテクニカルタイムアウトも取りました。
レシーブが乱れてる。嫌な流れ。
アタックラインを踏み越えたとみなされてキューバに16点目を献上。
18点目のスパイクを決めた星野選手が、なんとサービスエースを決めた!
ブロックフォローが出来ないのは相変わらずの課題。
リードしていたはずのセットを同点に並ばれて風向き悪いなぁ。
20点目は米山選手の怒りの1発という感じ。
今度は、山内選手に代わって関田選手がピンチサーバーで入りました。
再び、米山選手のスパイクが決まって21点目。
いいサーブ! ダイレクトで返ってきたボールを出耒田選手選手が押し込んで、控え組も大喜びの22点目。
頑張って拾いましたが清水選手がスパイクを決めきれず20点目をキューバに献上。
清水選手のスパイクが決まってマッチポイント! 集中っ!
いいサーブも入ったけれど、ディグが~っ
それでも、サイドアウトを取れば試合は決まる。
ブロックに引っかかって、並ばれた。
そしてサービスエースが決まって逆にキューバがセットポイント。
相手にサーブミスが出て同点。
ピンチサーバーは柳田選手。
最後、ラリーを取り切れず、再びキューバがセットポイント。
再びサーブミスで同点。
エースをねらった清水選手のサーブが入らず27点目をキューバに献上。
清水選手のバックアタックが決まってまた同点。
星尾選手のサーブ悪くなかったが、米山選手のスパイクがわずかにアウトとなり
キューバ28点目。セットポイント。
ここでまた、サーブミスが出て同点。
前衛の補強で深津選手に代わって髙橋選手がイン。
トスにすべきパスがダイレクトで相手コートにかえって失点。
流れが悪い。キューバがセットポイント。
最後は清水選手がブロックにつかまって、フルセットへ …

第5セット
またディグが乱れて、ダイレクトに返ったボールを打ち込まれて失点。
ダメだ、流れは完全にキューバ。
6点目はよく頑張って取りました。ベンチ組も一緒に大喜び。
逆に8点目は嫌な落としかた。
代わって入った柳田選手ですが、スパイクはアウトでキューバに9点目。
石川選手は、何を思い、試合展開を見つめているのでしょう…
おなじみの光景となりつつあるピンチサーバー関田選手の図。
柳田選手、気合の1発。日本9点目。
絶対に連続得点が欲しい場面で柳田選手のサーブだったのですが、アウト。
そして柳田選手が弾かれてマッチポイントキューバの場面でタイムアウト。
ここから5連続得点しかないという状況。とりあえず相手のサーブミスで1点。
終始、流れをものに出来なかった日本は、この試合を落としてしまいました。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/18 22:00 ] volleyball | TB(0) | CM(-) | EDIT |

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2608-b9cbd204


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。