2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10








2016 FIVB Volleyball World League Match 012 vs Korea

勝っておきたいというか、勝たなければらない韓国戦。
さすがに、ねぇ。
世界ランク23位の韓国とのこの1戦は、
フィギュアスケートに例えるなら、無良崇人選手がチャレンジシリーズの大会に出場するようなもの。
ここで勝たなかったら、この先どうするの? そういう戦い。

なぜか、韓国戦だけGEOブロックかかった

第1セット
本日のスタメンは、清水、栗山、出耒田、関田、米山、傳田、永野(敬称略)
やはり、どこか痛いのか … 柳田選手がスタメンを外れました。
栗山選手と傳田選手が久しぶりの出場。
序盤はサイドアウトの取り合い。是非とも先にブレイクしたい。
結局、ブレイクできぬまま最初のテクニカルタイムアウトは韓国にとられました。
12点目は良い形で取れました。
しかし、なかなかブレイクできない…
栗山選手の気合のスパイクが決まって、2回目のテクニカルタイムアウトは取れました。
そろそろ突き放したいところ。
出耒田選手ブロックポイント! 今日こそは、ここでしっかり流れをつかみたい!
あー、タイムアウト明けは、また失点。一回で断ち切れるか。
米山選手のスパイクがコートいっぱいに刺さったー!
けれど、また出耒田選手のサーブブレーキ(涙)
21対17で韓国が2回目のタイムアウト。
22対18で、傳田選手に代わりピンチサーバーで柳田選手。
しかしネットにかけてしまい、即交代。
このセットは、絶対取りましょうよ~前衛に関田選手が回ってきたところで、
ワンポイントブロッカーで髙橋選手。
しかし、清水選手のサーブが入らず韓国に20点目献上。
あ、カメラクレーンにバボちゃん。とか気を取られていたら出耒田選手がスパイクミスで
日本タイムアウト。23対21。
栗山選手がコートギリギリにスパイクを打ち込んでセットポイント。
ネットインとなったサーブでひやりとしましたが、小さな関田選手のブロックポイント!
1セット目取りました!

第2セット
第2セットもトスを上げるのは引き続き関田選手。
栗さん、今日は好調みたいvv
あー、今のはもったいなかった。韓国に2点目。
このあたりから、引き離しにかかりたいですね。
米山選手、技あり!
あら、流れをつかめぬまま、同点に追いつかれてる …
なんとか、1回目のテクニカルタイムアウトは取ったけれど … 危ないなぁ。
そして柳田選手はパーカー着用。今日は極力、コートに立たないということかしら?
ひいき目に見ようとしても、流れは韓国 …
ミスをした後の取返しが韓国はきっちりしてる。
ラリーの最後は清水選手のスパイク!よかった、この1点は大きい。
ナイスサーブ!ダイレクトで返ってきて、途中、相手のファインレシーブもあったけれど、
最後は傳田選手のブロックポイント!
勢いに乗ってきたところでテクニカルタイムアウトというこの流れはどうなんだろう(苦笑)
17点目もブロックポイント!また傳田選手!いい笑顔vv
清水選手の強打がブロックアウトとなって18点目。
このままの点差で20点に乗せていきたい。
ネット際の攻防、いい感じ!清水選手のスパイクが決まって20点目。
傳田選手、ノッてますね~韓国2回目のタイムアウト。
リードは保っていますが、ファンサービスなのか?
柳田選手がピンチサーバーでイン。悪くないサーブでしたが、得点には結びつかず。
サイドアウトを取ればセットポイントというところなのですが …
また永野選手が弾かれて … 嫌な空気になりそうなところを
清水選手が押し込んで無事セットポイント。
ワンポイントブロッカーで髙橋選手イン。
跳ぶタイミングはズレズレでしたが、相手スパイカーがミスしてくれて
このセットも取ることが出来ました。

第3セット
さぁ、ストレート勝ちを目指して!
栗山選手のナイスブロック!
栗さんスパイクも決まっていい感じvv
ネット際、互いにひやひやする攻防となりましたが、
最後は無事に取り切れてよかった。
そして6点目は傳田選手のブロックポイント!
韓国、たまらずタイムアウト。
心配していたタイムアウト明けですが、米山選手が両手で押し込んで7点目。
韓国にパスミスも出て、傳田選手の速攻が決まり
テクニカルタイムアウトを日本が取りました。
今度こそ、勢いに乗ったまま駆け抜けたい!
あー、出ちゃった必殺出耒田ブレーキ。
おや~? 雲行きが怪しくなってきましたか?
あまり流れは良くないながらも、2回目のテクニカルタイムアウトも取れました。
ここから20点までは、ぜひサクサクとお願いします。
やっぱり、弱いなー、タイムアウト明け。
栗さんのスパイクが決まって、傳田選手の代わりに柳田選手のサーブ。
しかしこれがまたアウト … もちろん、即交代。
遠いな、20点目 … (涙)
栗山選手のスパイクが決まって、やっと20点目。
ワンポイントブロッカー髙橋選手インですが、また活躍の場面なく(苦笑)
出耒田選手に代わって、小野寺選手がサーブ。
ピンチサーバーだけどジャンプサーブじゃないんかいっ
ひたひたと迫ってくる韓国。気づけば2点差で、日本タイムアウト。
そしてやっぱり苦手なタイムアウト明け。
流れは韓国になりつつある …
清水選手のスパイクが決まって、同点に並ばれることはとりあえず回避。
あー、ついに並ばれた。日本、タイムアウト取ったけど …
タイムアウト明けが弱いことを思うと、果たしてこれが良いのか、悪いのか …(苦笑)
おぉっ、取れた、23点目(笑)
しかし、すぐに並ばれてどうなるかと思ったけれど、マッチポイントに先に到達。
でも、簡単には勝たせてもらえず。
すぐに取り返して再びマッチポイント。
最後は韓国のスパイクミスで、ストレート勝ち!
コートの外にいた深津選手もすぐに飛び込んできて喜ぶ(笑)
まぁ、ひとまず、よかった。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/19 14:51 ] volleyball | TB(0) | CM(-) | EDIT |

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yinandyang422.blog135.fc2.com/tb.php/2609-0ee6e134